FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

次のあらし

「懐中電灯、良し!」つくしは、懐中電灯のスイッチを入れ、電気が点く事を確かめた後、机の上に置く「雨戸、良し!」雨戸がしっかり閉まっている事も確認する「じゃ、買い物へ行ってきます」「はいはい。 気を付けてね」「は~い」今日は、台風24号が来る予定になっている前回の教訓を生かし、つくしは早々に準備に取り掛かったするとそこへ類がやって来た「あっ、牧野! どこ行くの?」「あっ、類! 台風が来るから、今のう...

俺の可愛い彼女

「よぉ、類!」「凄かったなぁ。 台風」大学のラウンジのソファーで類が寝転がっていると、二人が入ってきたようだチロリと見た後、類は再び目を閉じる「俺ん家の木の枝がボキボキ折れてさぁ」「俺んとこもだ。 庭に置いていたオブジェも数体飛ばされてたぜ」俺の庭の木も、根こそぎ倒れていた物もあったらしいそれが他の木にぶつかり、他の木の枝も数本折れたとか、、庭師が泣いていたっけ「それに停電には参ったな」「あぁ。 ...

証拠隠滅

部屋の片づけが終わったのは、それから一時間後その間、口にしたのは夕食用にと買っていたパンのみだこちらのパンも、温めようとついトースターへ運ぶつくしそしてボタンを押して、、「あっ、、停電中だった」と我に返る「ごめんね。 温める事も出来なくて」「仕方ないよ」「なんかね、水道とガスは使えるじゃない?」「ん」「だからか、電化製品も全部使える感覚になるのよね。 ただ部屋の電気が点かないだけって感じ?」「確か...

あたしの彼氏様

つくしは、パチッと目を開けるだが部屋は真っ暗だただ、小窓から明るい陽射しが差し込んでいるそして、シーンと静まり返っている朝?そして、ハッとする真っ裸だしかも、、畳の上に寝ていた事が判るそして、隣りには同じように真っ裸の類が見える小窓の明かりで、うすぼんやりと見えるのが非常に色っぽいポッと頬を染めながら、類を起こす「類? 朝だよ?」「ん? 朝?」パチッと目を開けた類は、再びゆっくりと目を閉じる「類?...

恐くなくなる方法

恐怖と不安

「あっ! アイス!!!」つくしの心細さを察し、類が声をかけようとした所に、つくしの大きな声が部屋に響いた途端、その場の雰囲気が変わる「ぷっ! くっくっくっ、、」「何? 何で笑うのよ」「だって、、あんた。 この状況で、アイスって、、」「だって、溶けちゃうじゃない! 勿体ないじゃない!!」つくしは、小窓の明かりを頼りに冷蔵庫へ行くそしてその扉を開けるが、もちろん真っ暗だその中を、ゴソゴソとアイスを探す...

停電

買い物袋を両手に抱えて、二人は牧野家のアパートへ戻ってきた玄関のドアを開けると、そこは真っ暗だつくしは急いで電気を点け、類を招き入れる「類は、寛いでいてね」「あい」つくしは、買ってきた物を冷蔵庫へ入れるそして早速昼食づくりを始めた類は、パチリとテレビをつけるすると、台風情報をやっている「すっげぇ。 関西」「えっ?」類の声に、つくしもテレビを見るすると、凄い風雨で屋根や駐輪場、そして走っている車もコ...

準備

「雨戸よし!」つくしは、台風接近により、雨戸をしっかりと閉めるまだ朝の9時だと言うのに部屋は真っ暗だその為、電気を点けるそして、ひっきりなしに放送している台風情報を見る「へぇ。 今ここなんだ。」既に関西を通り過ぎ、予定通り関東へ向かっている「こんな時に、うちの両親は北海道旅行なんて、ほんとついてない。まあ、無事出発出来たみたいだし、今日ぐらいは向こうも晴れているかな?それに進も可哀想。 修学旅行で...