FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

始まりました\(~o~)/

「あんたさぁ、、イベント始まったって言うのに、、なにやってんのさ」「油揚げを貰ったから、、今日はきつねうどんにしようかなっと思って、、って、、 えっ! 類さん?(゚д゚)」「そう。 イベントの告知を見てさ、、ちょっとどんな物か覗きに来たんだけど、、」「あっ、、それなら入り口はここじゃ無くて、、」...

必ず初めにお読みください

ようこそおいでくださいました!...

潤の部屋 最終回

...

拍手小話 最終話 aoi様Ver. 後編 

「……っ、んんっ……あぁ」つくしの両手を壁に付かせて、腰を持ち上げ奥を穿つ。初めてつくしをここに泊めた夜、俺は込み上げてくる欲望を抑え込む事が出来ずに……ここで、このバスルームで自分で自分を慰めた。あの時の掌の中で滾る熱が弾ける感覚と、壁を伝い落ちる白い液体は忘れられない。それから何度ここで同じ行為を繰り返しただろう。この部屋につくしを連れてきた夜だけに行われる秘めやかな行為。それも、もう終わりだ。これ...

un secret ~秘密~ 最終話R aoi ver 後編

...

拍手小話 最終話 aoi様Ver. 前編 

「なぁ、あきら。お前だったらどれが燃える?」リビングで寛いでいたら突然そう言って総二郎が話しかけてきた。「はぁ?なんだよいきなり」「これだよ。コ・レ!」「この雑誌の記事、読んでみろよ」俺たちの前にバサッと拡げられた雑誌の見開き。【おまえらはどれが好きだ?】なんだ?この見出しは?総二郎がみせた雑誌を四人で覗き込む。そこには彼女にしてもらいたい憧れのシチュが書いてあった。ふ~ん、なになに?へぇ~「俺は...

おまけのおまけ

un secret ~秘密~ 最終話R aoi ver 前編

...

拍手小話 最終話 オダワラアキ様Ver. 後編

※本編とは全く関係ない小話です「暑いねぇ、あ〜アイス食べたい!」何度目かの類とのデート中、つくしのなかでもそろそろ?そろそろなのかな?そう感じることが多々あった。それは類の触れ方だったり、つくしを見つめる類の瞳でそう感じたりと様々ではあったが、気持ちの上で受け入れる準備が出来ていたとしても、自分からどう行動していいのか初心者のつくしには分からなかった。涼しくて快適な車の中よりも、暑い中外で歩くこと...

拍手小話 最終話 オダワラアキ様Ver. 前編

潤 「う~ん、アキさんのRってやっぱすごいわ」PC画面を睨みながら冷やし中華を頬張る潤。潤 「こんなのどうやったら書けるんだろ?」みかん 「潤さ~ん」潤 「あら、みかんさん。こんにちは」みかん 「どもども~」潤 「あ、みかんさんにもお聞きしたいんですが、R話って実体験が多いんですか?」みかん 「あははっ、あんなの妄想だよ妄想!」潤 「だいたいそうなんですかね?皆さん」みかん 「どうかな?みかんはそうだ...

おまけ②