Welcome to my blog

さくらいろ

CATEGORY PAGE: むか~しむかし

桃太郎

※こちらは、ヤフーブログ『類❤だ~い好き』の『たなばた』の続きです  まだお読みでない方は、先にそちらからどうぞ類の5歳になる娘、美空が本を持ってやってきた美「パパ! この本を読んで?」類「良いよ、、」類は、美空を膝の上に乗せ、その本を手に取るそれは桃太郎だ類は、ページを捲り読み始めた類「昔々、、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました  おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に...

浦島太郎

類の元に、娘の美空が本を持って来るどうやら、父親の膝の上に座りたいようだよいしょっと乗ると、類の手を自分のお腹に撒きつけるその行動に、類はクスッと小さく笑いを零す今は、こうして甘えたくて仕方ないのかもしれないつくしは今、妊娠中、、お腹が少し大きくなり、5歳の美空を抱いて座るのも難しいもちろん類は、大喜びで美空を膝の上で抱きしめる美「今日は、この本を読んで?」類「どれどれ?」それは浦島太郎の本だ途端...

金太郎

類は、美空の部屋の本棚を見るそこには、沢山の絵本や童話が置かれているその中から、ふと手に取ったのが金太郎だ先「は~~い! 集まって下さ~~い! 今日は、この本を読みますね」と、園児に良く見えるように、絵本を上に掲げるその絵を見て、、司「それ、、、つまらなぇから俺らは、こっちで遊んどくわ」早速司が反抗をみせるが、先生も負けてはいられない先「道明寺君、、確かにちょっと地味だけど、日本の三大太郎物語の一...

力太郎

類が仕事から帰ってくると、美空が飛びついてきた美「パパ! おかえりなさい!!」類「ただいま、、賢くしてた?」美「うん! 今日もきちんと幼稚舎へ行ってきたよ?」類「えらいえらい。 今日は、何をしたの?」美「えっとね、、先生が本を読んでくれてね、、あっパパ! ちからたろうって知ってる?」類「力太郎?」類は、昔の記憶を辿る太郎と言えば、三大太郎が有名だ桃太郎、浦島太郎、金太郎、、だが、力太郎と言う名前に...

はなさかじいさん

美空は、中庭の木に向かって、、、美「枯れ木に花を咲かせましょう!」と言いながら、その根元に水をあげているそれを見た類は、笑いながら、、類「それ、、花咲かじいさん?」美「そう! でも灰が無いから水をあげてる」類「ん、、美空が水をあげているから、きっと綺麗な花を咲かせるだろうな」美「ほんと? 嬉しい!!」と言いながら、美空は喜んで水をあげているそんな娘の姿を見ながら、、類は昔の事を思い出す先「皆~~!...