FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

あとがき

 なんとか、無事リレーが出来た事にホッとしております類つくバレンタインなのに、本編にあまりラブラブ要素が無かったですねすみませんでした(>_<)それでは、それぞれの作家様からのあとがきをどうぞ【参加メンバー】サイトマスターアルファベット順『ビー玉の瞳』凪子初のリレー小説に参加させて頂き♪全てが楽しく貴重な経験でした❤…ハハッ、結局凪子はラブラブのみ担当で❤(^^;お陰様で、とても自由に書かせて頂きま...

『This is love』

春の暖かな空気が流れ始めたある日、、渚、公英、つくしはショッピングの後、カフェへ立ち寄った渚「良かった~~。何とか席が空いてたね」公「うん。もう足が棒のようになってて、、」つ「とにかく、、座ろう。荷物も重くって」三人は、何とか確保できた席に荷物を置き、飲み物を頼みに行くそこのメニューを見ながら、、渚「あっ、、ケーキも食べる?」公「それなら、、ドーナツでも良いんじゃない?」と、甘いものに目が無い二人...

『le mien, la mienne』 第七話

迎えに来た車に乗り込むも、類の表情は冴えない本当なら今頃、牧野と一緒に英徳のイルミネーションを見ているはずだったのに、なんでこうなったんだろう?あんな女は初めてだったほとんど化粧っ気が無く服装も地味なスーツ姿それだけでも驚くほどなのに、俺達を無視し、大きな口を開け豪快に料理を食べていたしかも、一口食べては感嘆の声を上げ、また一口食べては至福の表情をし、時には頬をつねりと、あきらかに俺達より料理に心...

『le mien, la mienne』 第一話

こちらの作品は、ヤフーブログ時代に同じヤフーブログの類つく作家様とのリレー作品となります  既に、ブログを閉じられた作家様もいらっしゃいます。 上手く繋がるかどうか微妙です それは、もうすぐ12月という頃だったいつものようにラウンジのソファーで、惰眠を貪っていた俺外は寒いが、室内は心地よい空調で満たされているブランケットで下半身を覆い、クッションを枕にすれば、すぐに心地よい眠りが襲ってくるそういえ...