FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

4-48 プロポーズ

司との電話を終えた後、再び目の前の書類を見るこれをすぐに記入したい所だが、まだ肝心な事を言っていない類は、改めてつくしに向き合うそして一呼吸置いた後、その言葉を呟いた類「牧野つくしさん。 6年も待たせてゴメン。  バツイチなんだけど、俺の生涯をかけて愛し幸せにします。  もちろん愛樹のパパとして、子育ても頑張ります。 だから、、結婚して下さい」その言葉に、つくしは二度三度としっかり頷くつ「はい。 ...

4-47 パパとダディ

しばらくすると、類とつくし、そして愛樹の三人の後ろから、申し訳なさそうな声がするレ『あの、、そろそろリビングへ移動して頂けませんか?』レアは、つくしと共にキッチンに居ただが、類に出口をふさがれ、そこからラブシーンが始まってしまい、声を殺し時が過ぎるのを待ったそしてやっと口を開いたと言う訳だその声に、つくしは我に返り、パッと類から離れるつ『あっ、、ごめん』そして、紹介を始めたつ『えっと、、こちらが花...

4-46 家族になろう

勢いよく玄関のドアが開き、バタバタと走ってくる足音が聞こえる道明寺が来る事を楽しみにしていただけあって、かなり興奮しているみたい、、と、洗い物をしながら漠然と待っていたところが、、愛樹がキッチンの前まで来た時、思ってもいない言葉を耳にした愛『ママン、、ママン、、パパが来たよ』つ「えっ!」パパ?と思い、顔を上げると、その視界の先には愛しい人の姿一ヶ月前、その姿は見る事が出来なかったただ抱きしめられた...

4-45 高ぶる気持ち

12月24日裁判後の翌日、類はフランスからスイスへ向かった昨日司に電話をした所、今からスイスの別荘へ向かうから、そこで落ち合おうと言われ、直ぐに電話が切られたこれだけ助けられた司には、きちんと会って礼を言う必要もある、、と考えていたし、スイスからドイツは近い礼を述べた後、すぐに牧野の住んでいる場所を聞き出せば、今日中に会えるかもしれない、、と期待に胸を膨らませていた類は、つくしと愛樹に会ったのがド...

4-44 満面の笑み

裁判所から外に出ると、周りをマスコミに囲まれるマ『デュポン氏側が、全面的に罪を認めましたが、何かおっしゃりたい事は?』マ『元妻のキャサリンさんとの夫婦生活で、何かおっしゃりたい事は?』マ『類氏との結婚を画策しての事件ですが、どういう心境ですか?』マ『キャサリンさんの不倫相手に、おっしゃりたい事は?』マ『類氏がずっと愛していらっしゃる方とは誰ですか? お子様の存在は、いつ知ったんですか?』矢継ぎ早に...

4-43 結審

デュポン側の弁護士が、ここでやっと手を上げる弁『この件は、今回の訴訟とは、何の関係もありません』するとすぐさま、花沢の弁護士が手を上げる弁『大有りなんです! 先程キャサリンさんは、花沢の妻となり、どれだけ負債の為に尽くし、  類氏を愛していたかを訴え、訴訟の軽減を訴えました  それが全て、偽りである事を証明しなければ、軽減材料として扱われる恐れがあります』裁『続けて下さい』裁判長の言葉に、デュポン...

4-42 決戦は法廷で

フランスの裁判は、日本とは違っていますそしてあまり詳しく載っていませんでした(私が調べた限り)ですので、ここでは二次風にアレンジして書いていますご了承くださいそれと、日本で行われる刑事裁判は、裁判官と検事と被告での裁判になりますが、ここでは民事裁判風に変えていますつまり、裁判官と、原告と被告になっていますご了承ください12月23日デュポンと花沢の裁判は、デュポン側はデュポン、キャサリン、弁護士そし...

4-41 さらし者

クレマンが、排ガス問題で会見を行ったその報道を見て、一番驚いたのはキャサリンだ思いの外、損害は少なく、多少赤字に転じるも、倒産に至る事はなさそうだ今更ながら、失敗したと思うしかし既に子供を中絶し、あれだけの捨て台詞を吐いた手前、もうどうする事も出来ない彼と再婚していれば、今頃こうしてお金の心配をする事も無く、悠々自適の生活が出来たはずなのにキャサリンは、深い溜息を一つ吐くと、身支度を整え花沢物産へ...

4-40 バタバタ

花沢物産日本本社は、かなりバタバタしていた特に、フランス支部との窓口部署では、フランス支部の社員10人と千葉プロジェクトの3人が、突然解雇になり、合せて告訴という事態デュポン社との契約解除とこちらも告訴、、そして、専務の離婚と一度に色々な事が起こり、対応に追われていたそんな中、類と聡の記者会見の模様を、固唾を飲んでテレビで見ていたそれが終わると、部長が声を上げる部「今回の耐震偽装の件は、かねてから...

4-39 離婚祝い

キャサリンは、クレマンの会社を後にした後、ショッピングをして帰宅したテレビをつけると、類が記者会見を行っているその報道を、一言一句聞き漏らさない様、テレビの前に陣取ったその報道で、花沢と父親の会社の提携が解除され、耐震偽装の件でも疑いをもたれいている事を知るそんな中、父親のデュポンが帰宅したその顔は、かなり青白いデ『キャサリン。 大変な事になった。  花沢から提携を解除されたうえ、耐震偽装の件で告...

4-38 別れと記者会見

類と聡がデュポン社へ行っている丁度その頃、キャサリンは自動車メーカーのクレマンの元を訪れていたキ『クレマン、、大変そうね』ク『あぁ、、まさかこんな事態になるなんて、思いもよらなかったよ。  それで類とは離婚できたようだな』キ『えぇ、、昨日、離婚できたわ』ク『じゃあ、直ぐに再婚手続きに入ろうか?  俺の方が今、ごたついているから、発表とかしなくても良いだろ?  俺のマンションに何時引っ越してくる? ...

4-37 引導

翌日、聡と類は、弁護士を引き連れデュポン社を訪れたデ『これはこれは、花沢社長まで、、お体の調子はいかがですか?』聡『えぇ、、あれ以来、すこぶる元気です』デ『それは何よりです。  それより、昨日、類君とうちの娘の離婚が成立したと聞きましたが、寂しい物ですなぁ  まあ、まだ若い二人ですし、これからは互いに幸せを探し、別々の道を選ぶのも良い事でしょう  それに、二人が離婚しましても、今後も花沢の為に我社...