FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

3―93

 それから、先輩とヨンファさんが、再びPV撮影の時、私がメンバーの方を連れて外出しましたさすが、、というくらい、、服を買うならこの店、、、美味しい食べ物ならこの店、街並みを見るならこの場所、と、穴場を教えて貰いましたそして、音楽番組の収録にも、先輩と共に同行させて貰い、客席から、皆と同じように声援を送りました私は、ダンスグループが好きなので、生で見れて興奮しまくりでしたこうして、あっという間の、...

3―92

 翌日、、、、、桜 「えっ、、先輩、、、明日、無理なんですか?」つ 「うん、、ごめんね桜子。 ほら、、私、今、マネージャーみたいな雑用やってるから、、   明日、ヨンファの付添で、出かけるのよ。 あっ、他の三人に、頼んでみたら?」と、リビングで、わざとらしく桜子と演技をする ミ 「何? 桜子、、どこか行きたいの?」桜 「前に、先輩と皆さんが行った、チムジルバンです。 凄く気持ち良かったって...

3―91

 桜 「先輩~、、お久しぶりです」空港で、いきなり飛びつかれ、私は数歩、後ずさる ヨ 「つくし、、危ないよ。 また骨折する所だ」桜 「いけない、いけない、、私ったら、嬉しくってつい」ミ 「いらっしゃい、、、久しぶりだね、、、桜子」桜 「世話になります。 皆さん、日本語、上手になられましたね」ヨ 「ああ、、つくしに日々、教えて貰ってるからね」つ 「じゃ、行こうか」ミ 「桜子、、荷物持つよ」4...

3―90

 それからは、皆に隠れて、ボイストレーニングがてら歌の練習時には、ヨンファの事務所のブースで、練習もさせて貰った私の渡した詞に、力強い曲を付けてくれそれとは別に、、、コメディタッチの曲も、作ってくれた つ 「この曲って、、、」ヨ 「そう、、この前、皆で行った、チムジルバンでの会話を曲にしてみた」そう、、、あの時の、何気ない会話が、曲になっていたヨ 「これで、韓国旅行に来てくれる人が、増える...

3-89

 『 Marineから、連絡有り』との一報が、俺達の携帯に入る平日にも拘わらず、各々スタジオに入り、プロデューサーから詞を受け取るそれを見て、皆Marineの、今、現在の状況を思い遣る 司 「少なくとも、前向きのようだな」あ 「もうギブスも取れてる頃だし、手の状態が、良いのかもな」総 「この詞だけ見ると、楽しそうな歌詞だな」類 「取り敢えず、Marineが、書いてくれた詞に、曲をつけていこ...

3-88

 その日から、リハビリを頑張っている皆も手伝ってくれミ 「つくしは、音楽が好きなんだから、ドラムを叩いたら、良いんじゃない?     これ、、結構、握力が必要だからさ」と言ってくれ、皆の練習の合間に、邪魔にならない様ドラムのスティックを握り、叩かせて貰った初めは、スティックも握れず、ミニョクに左手を支えて貰いながら叩いていたそれが、一人でもなんとかスティックを、握れるようになる案外、手首のスナップ...

3-87

 年末年始も、ずっとCNBLU○の付添として、一緒に居たこんなにアーティストって、大変なんだ、、、と、つくづく思った私は、今までCDしか出したことが無いそれが、テレビ出演となると、リハーサルも含めて半日は拘束されるそして、合宿所では、音楽ルームで、皆、新曲の練習をしている日本語バージョンでは、発音がおかしくないか、私も一緒に確認したかなり、ハードな一日なんだ、、、と、思った そんな中、左手のギブスを...

3-86

~ 類 side ~韓国の歌番組をテレビで見ていても、、やはり、バンドグループが出ると、真剣に見入ってしまうそして、自分と同じ、ベースを弾いている人を見詰め、テクニックや音を確かめるさっきまでのダンスグループは、横目でチラっと見る程度だったのに対し、バンドになると、ついついライバル心が出てしまうすると、一瞬客席が映り、そこに俺が会いたい、、、と思っている人物を見つけるまさか、、、まさかな、、、俺が...

3-85

 ~ 類 side ~牧野が居なくなったマンションの部屋とりあえず、そのままにしてある久しぶりに、合鍵を使って中に入る部屋の中は、あの時のままだ食器もそのまま、、キッチンに有る道具類もただ、、リビングのデッキの横にディスプレイされていたPROMISEのCDは、全て無くなっている 以前と、あまり変わらない部屋まるで、今にも「類、、来てたんだ」と、牧野の声が、聞こえてきそうだ ダイニングの食器棚を見る俺...

3-84

 つ 「ジャジャ~ン」帰宅して、皆に右手を見せるヨ 「あっ、包帯取れたんだ」つ 「そうなんだ。 もう、夜だけ湿布すれば良いって。    まだ、痛みは有るんだけど、だんだん良くなるって」イ 「じゃ、今日から、自分で食事するの?」つ 「うん、、、、もちろん」ミ 「え~、、まだ痛いんなら、無理しないでさ、、、俺達が、食べさせてあげるから」つ 「少しずつ、リハビリも兼ねて、自分で食べます。 今までありがと...

3-83

 三条から、衝撃的な話を聞いた後の週末久しぶりに、皆は、スタジオに集まったMarineが、何か連絡をしてきていないかを確認する為に プロデューサーと俺達4人が別室へ入るあ 「Marineが、今どこに居るか、教えて頂けませんか?」司 「何とかして、Marineと連絡を、取りたいと思っています」4人は、プロデューサーに、必死に訴えかける プロデューサーは、沈痛な面持ちで、プ 「君達は、今の...

3-82

 あれから毎日、ハウスキーパーさんに、朝、服を着替えさせて貰い、夕方、お風呂に入れて貰い、帰られる前に、寝巻に着替えさせて貰っているそして、寝る前に、ヨンファに薬を飲ませて貰い、布団を掛けて貰い、電気を消して貰っているホント、至り尽くせりの状態だ つ 『すみません、、、毎回毎回、、、手伝って貰って』と、キーパーさんに、お礼を言う キ 『もう、つくしったら、、いつも謝ってばかりだね。 良いよ、、これく...