FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

1-17

 総 「あっ、優子ちゃん、久しぶり、、、元気してた? あっ、まゆちゃんも一緒なんだ」あ 「真理子ちゃん、相変わらず綺麗だね、、ともちゃん、元気?」二人は、顔見知りに笑顔を向けながら、店内奥のカウンターに並んで座った私たちの席の斜め前になる二人の会話が、自然と耳に入る 総 「お前、CDの出来具合、どう思う?」あ 「思っていたよりも、随分良いと思うぜ」二人が、今回のCDの話をしている事を知り、つ...

1-16

 クラブに到着し、入り口で桜子が名前を告げると、ボーイが店内へ案内する席は奥の隅、、、目立たないところを、お願いしていたようだリザーブ席となっていたさすが桜子、、、ここは、彼女の行きつけのクラブなのだろう店内も落ち着いたムードミュージックが流れており、会話を楽しむ場という雰囲気だ早速、ノンアルコールと軽食を頼む 「さて、先輩。 この桜子に隠し事は無しですって、、以前お話しましたよね? まだ...

1-15

 学校では、相変わらず昼休みに桜子がやってくるそして、一緒にカフェに行くのが、日課になってきた今日も、二人でランチ中に、、「先輩、お休みの日は、何をされてるんですか?桜子と買い物に行きませんか?」「う~ん」そう言えば、私がバンド活動してる事、まだ桜子に話してないな、、、と思い、即答できなかった「休みの日は、何かご予定が、おありなんですね? じゃ、放課後は、如何ですか?」「あんまり、遅くならない...

1-14

 駅のショッピングセンター内のそば屋に入った時間は既に2時を過ぎていたが、土曜日という事もあり、かなり混んでいるその中でも、そば屋は客の回転が速い少しの待ち時間で、店内に案内された Marineは、もちろんアメリカ人俺も多少は外国人に、見えるのだろうそれに、二人の会話はずっと英語だ店員の接客もぎこちないメニューも、もちろん日本語で書かれている二人でメニューを見ながら『Marine決めた? って言うか、...

1-13

 無事、CD完成の目処が付き、メンバーは解散する事になったつ 『お先に~』と言って、Marineが一番にスタジオを出て行くふと、机の上にMarineの携帯電話が置きっぱなしになっているのに気づき、Kiraが急いで追いかけただが、既にビルを出ているようで、その姿が見えない電車で通っていると言っていたよな?なら、、、駅方向に向かっているはず、、と思い、そちらへ向かって走り出す すると、角を曲がった所で、Marine...

1-12

 週末、スタジオへ向かうまだ、他のメンバー4人は来ていないどんな仕上がりになっているのか気になり、先に出来上がった曲を聴く聞きながら、自分の体に鳥肌が立っていくのを感じる初めてのレコーディングだったけれど、上出来の仕上がりだと素人ながらに思った後は、この曲に合わせたPV撮りと、CDジャケットだが、私たちは姿一切を公表しないシークレットグループその為PVの方は、俳優、女優を起用して撮るそうだ...

1-11

 ランチ後、桜子と別れ、中庭の木蔭のベンチに腰を下ろす今日は、天気も良いし、吹き抜ける風も心地良いお腹も一杯になり、眠気に襲われるベンチに座ったまま、舟を漕いで、、、そのまま寝てしまった 俺は、コーヒーを飲んだ後、いつもの非常階段へ向かうその途中、ベンチに座り、大きく舟を漕いでいる女の子を見つけるあっ、あの女の子だと思い、そっと近づくが、熟睡しているようで起きそうにないあまり大きく舟を漕い...

1-10

 翌日から、学園内で桜子と話をする機会が増えたまだ友達もいないし、マンションに帰っても一人だちょっとホームシックになっていた為、気の合う友達という存在は非常に嬉しい今日は、桜子と一緒にランチをするカフェの注文口に並び、パスタランチを頼み、トレーを持って席に着いたここのランチは、どれも美味しいプチデザートも付いていて、これまた美味だ 手を合わせ 「いただきます」 と言って、食事を始めた目の前...

1-9

 今日から、また一週間学校か~退屈なんだよね授業の内容は、既にアメリカで教わった所だしな、、、と思いながら登校するすると背後から 「牧野先輩~」 と、声がかかり、きれいな女の子が飛びついて来た「ゲゲッ、桜子? 何でここに?」「それは、こちらのセリフです。 先輩こそ何でこの学園に、いらっしゃるんですか?」「あ~、これには深~い理由があって、、、」「それで、何でそんなダサい格好されてるんですか? ...

1-8

 再びブースに戻り、歌入れの再開をするさっきKIRAが言っていたように、肩の力を抜き深呼吸をする曲が始まり、それに被せるようにして歌っていく先程までの緊張もないこの歌が好きだ…と、楽しみながら、歌っていた最後まで歌いきった所で、念願のOKが出た先程まで何度歌ってもOKが出なかったのに、、と思うと嬉しくなる顔をあげスタッフの方を見ると、隅で聞いていたKIRAが見えた私がニコッと笑顔でお礼をすると、彼も手でG...

1-7

 翌朝、歌入れの為スタジオに入るまず、曲を一通り聞かせてもらう昨日より、随分良い仕上がりになっているこれに、負けない歌を入れなくちゃ!!と、意気込むそして、レコーディングがスタートした思いっきり歌う今の自分の全てを出して、、、それでも、途中でダメだしが出る何度も何度も繰り返し、取り直し作業が行われる何がダメなんだろう?どこがおかしいんだろう?スタッフの指摘が良く判らない、、時間だけが過ぎていき...

1-6

 顔合わせが終わり、まず曲入れから始まったこの作業に、丸一日かかるらしい歌入れは、翌日以降になるとの事で、私は帰る事にするしかし、まさかバンドメンバーが、F4とは思わなかった今日、変装して行った事に、思わず心の中でガッツポーズを作るこれで、F4の本当の性格や考えが、垣間見れるかもしれないもちろんF4側も、私の性格等を知る事になるが、彼らは将来の相手を探している訳では無いそんな彼らが、私に興味を...