FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

2-82

 「ザッバ~ン」4人は、一斉に飛び込み水飛沫が上がる皆、きれいなストロークで泳ぎ、あっという間に25mまで行き、ターンして戻ってくる僅差だ!タッチ、、、と同時に、顔を上げる面々 司 「俺が勝っただろ、、、」類 「いや、、俺だね」総 「どっちだ、、牧野」あ 「正直に言えよ」つ 「うん、、、本当に僅差だったんだけど、、、一位は類、、二位が司だった」司 「くっそ~」類 「やったね、、、」つ 「本当に、タッ...

2-81

 つ 「じゃあ、ここからスタートして、向こうのバラの花壇をグルっと回って、ここに戻って来てね   タイムトライアルだから、、、順番決めて?」司 「ジャンケンしよう~ぜ」皆 「「「「 ジャンケン、、、 」」」」 結果、、①あきら ②司 ③総二郎 ④類 となった つ 「じゃ、始めるよ、、、よ~い、スタート」と、同時に、あきらが飛び出すあっという間に、向こうに行き、バラの花壇を回り、、、、、こち...

2-80

 ブランチ後、F4は体が痛いと、部屋でゴロゴロしていたその間に、つくしは庭を散歩する赤いバラが多いが、白、ピンクなど種類も豊富だ、、、広い庭を回って、バラを飽きる事無く見ていると、庭の隅にある小屋に、スケートボードを見つけたかなり古そうだが、まだ壊れていないそれに乗ってみる スケボーなんて、やった事が無い、、、が、テレビとかで見た事は有る右足をスケボーに乗せ、左足で地面を蹴って進む少しスピードが出る...

2-79

 シャワーを浴び、夕食後、恒例のトランプ大会、、、まずはババ抜き、、、やはり、司は弱い、、、皆、昼間の泳ぎ疲れで、眠気が襲う、、、 あ 「なあ、、そろそろ寝ないか?」類 「、、俺、、眠い」つ 「うん、、、私も」総 「じゃ、次、勝った奴から布団に行こうぜ。 布団を動かしたりは、なしだぞ」司 「それじゃ、、ポーカーしようぜ」と、司がトランプを切り、皆に配る、、、 結果、、①司 フルハウス ②...

2-78

 10月になり、予定通り、体育の日を含む三連休は、皆、司の家に集まってきた庭のバラが、綺麗に咲き誇っており、そこら辺の公園より見ごたえがある畳の部屋に案内され、そこで皆、思い思いに寛いでいた 司 「おっ、牧野、類、、、やっと来たな」総 「おっせ~んだよ」あ 「じゃあ、、、早速行きますか」つ 「どこに?」司 「プールに、決まってんだろ」つ 「えっ、今から?」総 「もちろん」あ 「牧野、水着、忘れず持っ...

2-77

 総 「牧野、、お前、可愛いカップだな?」つ 「でしょう。 一目見て気に入っちゃって」司 「それで、何で類と、お揃いなんだ?」つ 「ああ、、この柄がね、ほらっ、バイオリンでしょ? 何か、類に合うかな?と思って」F3 ((( 全然、似合ってね~から )))類 「牧野、このコーヒー美味しいね」つ 「そうでしょ?    さっき佳代さんがね、新しいコーヒー豆を持って来たって言うから、早速使ってみたの」F3...

2-76

 片付けが終わり、ベッドルームヘ戻ると、穏やかな顔で類が寝ていた額に手を当てると、だいぶ熱も下がっている様だタオルを取り換え、類の頭を撫でる昨日、あまり眠れていないせいか、私の瞼も閉じでくるそのまま、ベッドに頭を乗せ、いつの間にか眠ってしまっていた * ん? 今、何時だ?ベッドの隅に、牧野が頭を乗せて眠っている俺の看病で、疲れているんだろう牧野をそっと俺のベッドに寝かせ、部屋の電気も消し牧...

2-75

 俺が、目覚めた時、そこに牧野はいなかった使用人の佳代が佳 「類様、御目覚めですか? お体の調子は、いかがですか?」と問う 類 「牧野は?」佳 「牧野様でしたら、学校へ行かれました。   帰宅しましたら、すぐに来られるそうですので、それまでに少しでも治して下さいませ」学校か、、、また、今日も来てくれるんだ、それまでに、少しでも良くなりたい食事をとり、薬を飲み、ずっとベッドで寝ていた* ...

2-74

 類のサラサラの髪が、今は汗でべたついている薬が効いてきたのか、穏やかな顔で寝ている良かった、、このまま熱が下がってくれると良いんだけど熱を測ると、まだ熱い時間は既に深夜を回り、類の頭を撫でながら、いつのまにかベッドに頭を乗せ寝てしまってた*   今、何時だろ?喉が乾いたそういえば、、良い夢、、見られたな頭も、凄く軽くなった感じがする寝巻もべたついて、気持ち悪いし、着替えようかな?と、顔を...

2-73

 額のタオルを取り、顔、首筋の汗を拭く つ 「類、、起きられる? 汗掻いてるから、服、着替えないと」類 「、、、ん、、」と、声はするものの、熱のせいなのか、薬が効いているからなのか、意識が、ハッキリとしないようだ 仕方ない、、、布団を捲り、ボタンを外していく前を開け、急いでタオルで拭き、片腕ずつ袖を引っ張り、腕を外していくそして、横を向け、背中を拭き、新しい寝巻を広げて、下に敷く今度は...

2-72

 キッチンで、お鍋を拝借しおかゆを作る花沢邸に電話を入れ、医師の手配をする類の元へ、体温計、氷枕、洗面器に氷水を入れ、タオルを浸して持って行く 熱は、38度7分もある出来たてのおかゆを持って、類の傍へ行くつ 「類、、食べれる?」ウトウトしていた類が目を開け類 「うん、、食べる」 と言ってくれるおかゆを、ベッドサイドに置き、類の上半身を起こし、腰にクッションを当てる熱が高いせいか、ボーとしているおかゆを...

2-71

 翌週の火曜日、お茶のお稽古の後、総にも聞いてみる つ 「総は、なんで国際交流学部なの?」総 「俺の場合、他の奴等の様に、会社経営をする訳じゃ無い。   日々、自分を磨いて、少しでも多くの人に、お茶の世界を知って貰いたいんだ。   日本ではもちろん、世界に向けて茶道を発進したいし、広く知って貰いたい。   その為には、他の国の文化、言葉を知っておく必要があるからな」つ 「国際交流って、外国...