FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

50 二人目は?

 その日は、突然やって来た布団に入って、寝始めてから1時間程 つ 「類、、、お腹が、、、痛いかも?」つくしの小さな呟きが耳に入る 何時もなら、二回ほど、つくしの身体を堪能して眠りにつき、爆睡しているが、ここ三日程、やっていないだからか寝つきが悪く、つくしの声に飛び起きた 類 「つくし、、、すぐ病院に行くよ?」つ 「うん」と言いながらも、眉間に皺を寄せている 間違いない、、、陣痛...

49 田村の苦難

 4月末になる頃、、、つくしのお腹は、張り裂けんばかりの大きさになり、少し下がってきたそれは、毎日つくしのお腹を見て来た類が、一番に気付く そして翌朝、、、類 「つくし、、、もう少しで、生まれると思う   今度は二人目だから、我慢してたら病院まで間に合わなくなるよ?」つ 「うん、、、そうかも」 類 「だから、少しでもおかしいと思ったら、使用人に声を掛けるんだよ?」つ 「うん、、、」 類 「夜なら、俺を...

48 うわき

 翌日、3月31日の午後から、つくしは華音を連れて、道明寺邸へ向かったすると、玄関先に、使用人の方達に混ざり、司も出迎えてくれる 司 「よっ、、、来たな」つ 「うん、、、お邪魔します」 司 「華音、、、」司が、当たリ前の様に、つくしの腕から華音を抱き上げたそして、もう片方の手で、つくしの腰に手を添える 司 「そこ、階段だから。 三段あっから、踏み外すなよ」つ 「くすっ、、、分ってる」 司 「お前は分っ...

47 司の帰国

 3月30日必然的に、皆が花沢邸に集まっている つ 「華音、、パパにおめでとう、、して?」華 「パパ、、、おめ~とう」類の頬に、チュッとキスをする華音に、お返しとばかりにキスを贈り、ニッコリと笑う類 つ 「類、、、おめでとう。 ごめんね、プレゼントは、用意出来なかったんだけど、   華音と一緒に、ケーキを作ったの。 ね、、華音」華 「ね~」と、顔を見合わせてニッコリと笑う、つくしと華音...

46 ライブ②

 ステージ上で、物おじする事無く、いつも通りに振る舞う華音それに対し、ステージ横で、つくしはオロオロとしていた つ 「どうしよう。 華音ったら、ステージぶち壊しにしちゃった」類 「どうしよう、、って言われても、出て行っちゃったし、   嬉しそうに、ミニョクに抱かれてるし」 つ 「もう、堂々としているって言うか、全然悪びれていないし」類 「まあ、韓国でもずっと見ていたし、曲も聴いていたし...

45 ライブ①

 CNBLU○のライブ当日類は、少し早目に仕事を切り上げ、つくしと華音と共に、ライブ会場へ向かった 裏口の関係者入り口、、、と書かれてあるドアから、こっそり中へ入り、そのままメンバーの楽屋へ向かう スタッフには、予め類とつくしがお忍びで来る事を、伝えてあったもののやはり生で見る、KIRAとMarineの姿に、スタッフもなぜか興奮を隠しきれない様子で、ソワソワしているのが見て取れた つ 「お邪魔します」と...

44 メープルスウィートルーム

 FLOWER5の事務所での、サプライズライブの週末CNBLU○のメンバーが、ライブの為、日本に来た 東京からライブを行い、名古屋、大阪、福岡と巡る 今回は、類からメープルに宿を取っているから、、、と連絡を貰っているヨンファは、もしかして、、、あの部屋?と、期待を胸に、メープルに行くと受付で渡されたのは、やはり以前と同じ鍵そのカギを手に、メンバーと共に最上階へ メンバーも日本に来て、このような高級ホテ...

14 おまけ

 私、、、レオンと申します 月曜日、、、突然、移動を命じられました これまで奥様付きのSPを命じられて、早25年私は、お役御免と言う事でしょうかと、思っていた所 麗 『日本から、類君の大切な子が来たんだけど、、、何分、海外生活も初めてで   フランス語も、まだ拙いらしいの、、、レオンなら、日本語が少し話せるし   それに、年齢的にも問題ないわ、、、   悪いけど、、、しっかり護衛し...

13

 それから三か月後、、、執務室で、書類に目を通しながら、片手で牧野お手製の、おにぎりを頬張っていた 昨夜、、何時もより張りきり過ぎた俺クタクタに疲れた牧野を、寝かせ始めたのが4時過ぎで案の定、寝坊した牧野 つ 「本当にゴメン、、、朝食も、パンとコーヒーしか出せなくて」と必死に謝ってくるあんたが、起きれなくなった原因を作ったのは、俺だし 類 「ん? これで充分だけど?」つ 「それと、...

12

 私、、、花沢物産にて、類様の秘書をしております、、、田村と申します類様に、お供する形で、ここフランスまでやって来ましてもう10日が、過ぎようとしております 類様が、大学を卒業され社会人になりまして、、、やっと会社にも慣れ始めた頃ここヨーロッパの経済悪化の波に、花沢ものまれてしまい社長がイタリアに、、、類様が、フランスにて、直接指示を出す態勢となりました 突然決まったフランス勤務に、類様...

11 

 牧野が、フランスへ旅立ってから三日後あきら、総二郎、桜子は、とあるレストランの個室で、慰労会と称して落ち合っていた 総 「あきら、、、牧野の退社手続き、、、どうなった?」あ 「とりあえず、、、有給扱いにしてある、、、万が一、、、って事もあるしな」 総 「桜子、、、お前、牧野のアパートは?」桜 「ゼリーは、美味しくいただきました、、、ピンクとブルーの綺麗な色で、、   あきらかに、花火...

10

 その夜、、、、帰宅した類は、真っ先につくしを抱きしめた 類 「ただいま、、、」つ 「おっ、、お帰りなさい///」 類 「あんた、、、俺を、母さんに預けて、帰ろうとしたんだって?」つ 「だって、、、お母さんって、知らなかったし   どう見たって、類より少し上のお姉さんにしか見えなかったし」 類 「あんな、おばさんが? 綺麗?、、、って」つ 「綺麗な方じゃない、、、うちのママとは、月と...