FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

79 試写会

その頃、、、順平は、主演映画の完成披露試写会に出席していたその後、記者会見が行われる事になっているこの映画の為に、台本を何度も読み、監督とも話し合い、役作りをした今自分が出来る、最大限の努力をした自信もあるでもそれが、どういう仕上がりになっているのか不安だったカット割りは、毎回チェックしたが、それがうまくつながっているのかと、ドキドキしながら見始めたすると、、、中盤当たりのグッとくる場面で、挿入歌...

78 類 NY

私達がNYへ来てから一週間後、、、、類がやってきた久し振りに見るパパの姿に、華音は大喜びのようだそう言えば、結婚してから、類と離れ離れになるのは、今回が初めてだった華 「パパ、、、らっしゃい」類 「華音、、良い子にしてた?」と、挨拶後、キスを交わしている類 『アンドリュー、、華音の面倒見てくれてありがと』ア 『当り前、、、でも面倒を見たんじゃなく、恋人同士の時間を過ごしていただけだから。   じゃ、...

77 大人の魅力

私達がNYに来て、三日目にエドが来たつ 『エド、、久し振り』エ 『つくし、、元気そうだね』玄関先で、久しぶりに会う親友に、つい体が反応し、ハグをして再会を喜び合った同じようにアンドリューに抱かれた華音の元に視線を向け、、エ 『華音、、、大きくなったね』と言いながら、手を伸ばすと、、、華音は簡単にエドに向け手を伸ばすスッポリとエドの胸に納まった華音は、覚えたての英語で、、華 「アロー(ハロー)」と言っ...

76 ごあいさつ

パ 「華音ちゃん、光音君、、、行ってくる」マ 「つくし、、夕方には、私だけ先に帰って来るから」つ 「はいはい、、仕事頑張って来て」華 「じ~じ、、ば~ば、、らっしゃい」二人は仕事の為、朝、揃って出勤したママも今日は、大切なお客様が来られるから、、、と、夕方まで仕事になるらしいつまり、、私達は留守番だアンドリューも昨日は、この家に泊まったなんでも、私達がここに居る間は、ずっと華音と一緒に過ごすそうだ...

75 祖父のような存在

ジョン・F・ケネディ国際空港に降り立つ結婚してから、一度も帰っていないな、、と思いつつ、入国審査を終え、到着ロビーに向かった私が光音を、アンドリューが華音を抱いているそして、私達の荷物は、申し訳ないが、SPの方達がカートに乗せて、押してくれている到着ゲートをくぐると、、そこにはママと、執事の田中さんが待っていたマ 「つくし! お帰り」田 「お嬢様、、お帰りなさいませ」つ 「ママ、、、田中さん、、、」...