Welcome to my blog

さくらいろ

ARCHIVE PAGE: 2016年07月

No image

9

No image

No image

7

No image

6

No image

5

「ただいま」「おかえりなさい」玄関先で、チュッとキスを交わし、一緒に部屋へ向かうそれは、結婚してからいつも変わらないそして、、「つくしの顔が早く見たくてさ、、急いで帰ってきたんだ」これもいつもの言葉、、類は、、いつも早く私の顔が見たくて、急いで帰ってきたという既に、20時を回っているのに、、本当なんだろうか?仕事が忙しくて、、それでも必死にそれを片付けて、帰ってきているんだろうか?もしかして、、本...

No image

4

今日は、花沢邸にやってきた久しぶりに見る花沢邸は、何も変わらないもちろん、、使用人の態度も、、何もかも私が、インターホンを押すと、恭しく使用人頭が出迎えてくれる「まあ、、静様、、、今、日本に帰られているのですか?」「えぇ、、」 「あいにく、類様は仕事に行かれておりまして」「類の結婚式の時には、どうしても都合がつかなくて、、出席できず申し訳ありません。牧野さんとも、学生時代にお会いした事がありまして...

No image

「類と牧野さんが、御結婚されて、もう半年ほど経つのかしら?」「はい、、」「お子さんは、、まだ?」「今のところ、、、」「まあ、、仲が良い程授かりにくいっていうし、こればっかりはねぇ、、」と、自分の子どもを見ながら、口角を上げるなんでここで、子どもの話題?子どもが授かっていない事に、勝ち誇った顔を見せて、私を追い込みたい?自分は、旦那さんとの間に、可愛い子供が授かったから?相性の問題とでも言いたいの?...

No image

「ところで、、類は、元気かしら?」「はい、、とても元気です」私への挨拶もそこそこに、類の話題を振ってくる彼女は、どうして今日、ここへ来たんだろう?今日は平日類は、会社へ行っていることぐらい、すぐに分かるはずなのに休日ならば、類も邸にいるかもしれないのに、、わざわざ類のいない平日に来るなんて「ふふっ、、ここは、昔と変わっていないわね。 良くこの部屋で、類とお絵かきをしたのよ」「そうなんですか」昔話?...

No image

1

花沢類と結婚して、半年が経った彼とは学生時代からの親友それが、、いつの間にか、大切な存在に変わるのに、時間はかからなかった遠距離恋愛に耐えられず、道明寺と別れて半年後、正式に付き合い始めたそれから、3年後、、晴れて、類と結婚した今は、花沢家の嫁としての、習い事の日々何も知らないまま類と結婚し、今のままでは、類の隣に並んで公の場にでいる事が恥ずかしいし、何より類に恥をかかせることにでもなったら、、類...

No image

はじめに

こんにちはヤフーの本宅の方で、『類君の初体験は?』のアンケートをとらせて頂きましたが、、その頃から、、なんか、、フツフツと、訳も分からないモヤモヤが起こっておりましてそれをただツラツラと書き連ねてみましたそれで、、ヤフーではとてもお見せできないお話なので、こちらでこっそりと、、載せて見ようと思います全く楽しい話ではありませんそして、、類君の初体験の相手であろう、、、あのS嬢が登場します(←何気に言葉...