Welcome to my blog

さくらいろ

ARCHIVE PAGE: 2017年06月

任意保険

車の購入手続きをしたら、今度は保険の話が始まった絶対に入らないといけない保険の他に、任意で入る保険があるらしい事故に遭った時、補償してくれるのがこの任意保険「新車で、今の保険を継続させて、免許の色は、ブルーですね。年齢無制限で、保証も無制限、、車両保険にも入って、、」店員さんが、カタカタとパソコンをいじりながら、それらを入力していくそして、出てきた数字を見てビックリした「何? この金額!!」「何っ...

ナンバープレート2

車屋に来ているもちろん、類の車を買う為類は先程から、店員さんとあれやこれやと話をしている私は、何を聞いてもさっぱりわからないここに来ると、もれなく飲み物とお菓子が出されるこの飲み物が、案外おいしいふふっ、、お代わりできないかなぁ「それでは、ナンバーはどうしますか?」「『294』でお願いします」ん?294?なんで?普通、ラッキーセブンの『777』とか、末広がりの『8888』後は、『1』『3』『7』も...

車選び

「ねぇ、、牧野。 どっちが良い?」類は、つくしの前にパンフレットを見せる「どっちって言われても、、」それは、車のパンフレットだ元々つくしは助手席に乗るだけだ運転などもしない為、どっちが良いと聞かれても分からない「じゃあ、、色は?」「う~~ん、、何でも良いよ。青でも赤でも黄色でも」「それって、、信号機の色だよな、、もっと真剣に考えてくれる?」「じゃあ、、白」「白って、こっちのピュアホワイト? それと...

食事

今日も、牧野とドライブカーナビをセットし、いざスタートだもちろん行先は、牧野の大好きな道の駅新鮮野菜と採れたて卵が売っているらしい「今日は、類の大好きなオムレツを作ってあげるから」と、可愛い笑顔で告げられた言っておくが、俺はオムレツが好きな訳じゃない牧野が作ってくれるオムレツが好きってだけだから、、そして一般道優先で向かったんだが、、思いの外遠い?「どこかで昼ご飯食べる?」「だね。 先にご飯食べよ...

6それから三日後、、二人は、イタリアの教会で式を挙げたもちろん、既に入籍は済ませてあるつくしを伴い、牧野家を訪れた類は、その場で結婚の申し込みをしたもちろん、千恵子は二つ返事で了承したあいにく晴夫は仕事へ行っており、進は学校だだが、千恵子の方から連絡をするという事で、つくしはその場で婚姻届にサインをしたその婚姻届を、花沢の者に渡し、すぐに区役所へ提出する運びとなった無事受理されたと聞いたのは、イタ...

5翌日、、、、「牧野、、昨日は遅くまでサンキューな」「いいえ」「あぁ、、んで、、どこまで進んだ?」「えっと、、後、、表を入れて、、あっ、グラフの方が良いですか?」「そうだな、、円グラフの方が分かりやすいか?」「ですよね、、じゃ、それも作りますから」「おうっ! 頼むな、、んじゃ俺は、こっちの反省点の方を纏めとくからさ」「はい、、」「あっ、、コーヒー飲む? 買ってこようか?」「いいえ、、先にこっちを終...

4「牧野さん、、これ、纏めといてくれる?」そう言いながら、分厚い書類を渡される「何時までですか?」「明日中でいいからさ」明日中?この分厚い書類を?とてもじゃないけど、、残業になるよね、、と思いながらも、先輩の頼みを断れない「分かりました」「まっ、、残業になると思うけど、それが終わったら、明日にでも飲みに連れて行ってやるからさ」「結構です」「そう言わずにさ、、ほらっ、、俺達ってこの部署でも公認の仲っ...

3俺は、卒業と同時に、イタリアへ飛んだもちろん、配属先がイタリアだったからまあ、それを選んだのは俺牧野が、どういう決断を選んだのかを知りたくなかったし、、それを目にするのが嫌だったからNYへ行ったとしても、、それはそれで、「おめでとう」と言わなければならない大学に残ったとしても、、それはそれで、一年後には「おめでとう」と言わなければならないどちらにしても、、その「おめでとう」と言う言葉を口にしたく...

2今日、、花沢類が卒業するこれが、私と彼との別れとなる花沢類との出会いは、私が高2の時あの時は、私の片思いだったそれから月日が流れ、私は道明寺と恋に落ちたいろいろあったけどそれでも4年の月日は流れていき道明寺が迎えに来ると連絡があったのは、ほんの三日前『パスポートを用意しとけよ荷物は、向こうで揃えてやっから、何も持って行かなくていいぞ』あいつらしい言葉そして、4年間の約束を守り、頑張ってきたんだな...

1

1今日、俺は大学を卒業するずっと、、ずっと、、この日が来なければいいと思っていたそれは、俺と牧野が別々の道を歩みだす日だと分かっていたから俺が高3の時に出会ったから、既に丸四年になるのか長いようで短い時間だったよな出会いは衝撃だったそれから、、なぜか気になってでもそれに気付かずにいつの間にか、司と付き合い始めて色々な障害を二人で乗り越える姿にすげえなぁ、、と思う気持ちが半分俺なら、、俺なら、こんな...