FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

21 東京タワー

東京タワーまで手を繋ぎ、アレコレと会話をしながら歩いてきた二人、、類(つ)「あっ、、体には慣れた? スカートなんて、穿いた事無いでしょ?」つ(類)「慣れる訳ないし慣れたくもない。     でも、あんたの品格を損なわないようにだけは、気を付けてる」類(つ)「ありがとう。 私も気を付けてるつもりなんだけど、、ごめんね。     何度か、頭をぶつけちゃって、、」と、ペロッと舌を出す類(つ)「身長が高いん...

20 神頼み

二人が退院し、初めての休日になった類(つ)「じゃ行ってきます」佳「お気を付けて。 牧野様によろしくお伝えください」類(つ)「はい」類(つくし)は、いそいそと車に乗り込み、牧野家へと向かったその類の姿を見送りながらも、事故に遭ってからの類の行動の変化に、佳代は目を細める以前なら、昼前まで寝ていたものだが、、今では7時には起き、朝食もきちんと摂るその上、比べ物にならない程、明るくなった佳「それもこれも...

19 断り

翌朝、、つくしの家に、優紀が迎えに来た千「優紀ちゃん。いつもごめんなさいね」優「いいえ。私も一人で行くより、楽しいですから」こうして今日も、つくし(類)と一緒に学校へ向かった優「つくし、、昨日の彼って、カッコいいよね? いつ知り会ったの?」その言葉に、つくし(類)は、内心大きな溜息を吐く(どうして、女って、こうも詮索したがるんだろう?)優「あっ、ごめん。 記憶が無いんだから分からないよね?」つ(類...

舌切り雀

類は、つくしと美空と共に、もうすぐ生まれる赤ちゃんの為のベビー服を買いに来ていたその赤ちゃんコーナーの隣には、オモチャコーナーがある美「ちょっと、オモチャも見てきていい?」つ「じゃあ、パパと見てくる? ママは、ここでベビー服を見ているから」美「うん、わかった。 パパ、行こう?」類「分かった。 つくし、ちょっとここで休んでな!   美空のおもちゃを見たらすぐに帰ってくるから、それから一緒に選ぼう?」...

18 彼氏と彼女

花沢の車に乗り込んだ二人つくし(類)は、スマホにサッと文字を打ち、それをこっそり見せる<花沢邸に向かわせて? そこで今日の報告会をしよう>類(つ)「すみません。 家に戻って下さい」運「畏まりました」こうして二人は、花沢邸へ向かったその間、二人は無言のままラインで遣り取りをするつ(類)<あんたには、常にSPが付いているから、俺と会っている事は、既にSPや佳代にバレている>類(つ)<うん。何も言われてない...

あれから

「あれから何日経った?」「植え替えをしたのが、6月初め?」「って事は、、、三か月半が過ぎたのか、、」「うん」二人は、マジマジとサボテンを見るどう見ても、育った感じがしないたぶん、、『既に死んでいる』と、類は言いたいのだろうだが、つくしは諦めきれない「ほらっ、、夏休みはずっと家に居なかったじゃない?」「まあ、、そうだけど、、、」「その間、、水をあげなかったじゃない?」「まあ、、でもサボテンだし、、」...

17 問題ない

つくし(類)は、なんとか寝る事なく4限を終えた今までまともに授業を受けた事がなく、4限が終わる頃には、お尻がかなり痛いつくし(類)は、椅子から立ち上がり、両手を上にあげ、大きく伸びをした所で、優紀が声をかけた優「つくし、、体は大丈夫?」つ(類)「ん、、」優「じゃ、弁当食べよ? 持って来た?」つ(類)「ん、、」今朝、つくし(類)は、千恵子に起こされ居間に行くと、机の上に料理が並べられていた昨夜もそう...

16 ランチ

類(つくし)は、午前の講義を全て受け、あきらと共にラウンジへ向かったそこには、司と総二郎もいた司「おっ類! もう学校へ来たのか?」総「お前の事だから、暫く休と思ったぜ」類「あっ、、こんにちは」類が、挨拶をした事に二人は驚くそして、その後ろのあきらを見るが、あきらも首をすぼめる程だ司「お前、講義を受けたのか?」類(つ)「うん。 かなり難しくて」総「難しい? お前がか?」類(つ)「何? そんなに意外な...

15 初日

翌日、、類(つくし)は、英徳大学へ向かった車から降りると、一斉に視線が突き刺さる(何? この視線)類(つくし)は、グルリと周りを見るすると今度は、「きゃ~」と言う黄色い声が湧きあがる(すごっ、、だから昨日、無視するように言ったんだ)と納得し、無視を決め込み歩きはじめた(えっと、、どこへ行くんだっけ?)類(つくし)は、昨日佳代から渡された大学案内図をポケットから出し、歩きはじめる佳代は、まさか大学へ...

14 花沢類の生い立ち

いつまでも笑いがおさまらない俺、、そんな俺に、目の前の花沢類(つくし)が、キョトンとした顔で見ている(こいつ、、ほんと顔に出るよな。何も知らない奴等が見たら、不思議がるんじゃない?性格が180度変わっているんだからさ)類(つ)「ちょっ、、ねぇ、、何かおかしい事言った?」つ(類)「いや、、何でも無い。 その事だけど、きっぱり断って欲しい」類(つ)「良いの?」(暫らく俺として過ごして貰う為にも、隠す事...

三年寝太郎

休日の朝、、類は、可愛い声で起こされる美「パパ? もう朝だよ? 起きて?」類「まだ、、もう少しだけ、、」美「今日は天気が良いから、水族館に行くって約束したでしょ?」今日は、家族で水族館へ行くことになっていると言うのも、美空がここ最近、ピアノが上達しない事に苛々している為、気分転換させてみよう、、という事になった類「ん、、後30分だけ、、」美「そんなんだから『三年寝太郎』って言われるんだよ?」類「へ...

13 気持ちの移ろい

類(つくし)は、つくし(類)に簡単な説明を終え、学生鞄から携帯を取り出すそのロックを解除し、つくし(類)に渡す類(つ)「携帯も、交換した方が良いよね?」つ(類)「そうだな」類(つ)「携帯のアドレスを交換してもいい?」つ(類)「そうだな。 その方が連絡が取りやすいな」類(つくし)は、ポケットの中から、花沢類の携帯を取り出す類(つ)「これ、佳代さんが今朝くれたんだけど、以前の物は、事故の時に     ...