FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

64 キスの嵐

つくしは、日曜日まで花沢邸で類と共に、ゆっくり過ごした天気が良く、外は35度を超す暑さ夏休みという事もあり、どこも混雑しているそれに、、やはりつくしの体調が気になる為、類の方から『家でのんびり過ごそう』と提案した幼い頃に遊んでいたボードゲームを持ちだし、それに興じる二人何故か毎回類が勝つため、つくしはだんだんとムキになっていくしまいには、つくしが勝つまで!、、となり、途中休憩を挟みながらの熱戦が繰...

63 心地良い目覚め

昼前になり、つくしが先に目覚めたすると、目の前には逞しい胸板が見え、ポッと頬を染めるそれに、自分の素肌の腰に、類の腕が置かれかなり恥ずかしい昨夜、何時寝たのか分からないが、今も真っ裸でシーツのヒンヤリとした感触が直に伝わる目の前の類は、今も気持ち良さそうに眠っている昨日、、全ての事を話したそれでこの恋も終わるだろうと思ったが、実際は違っていた更に愛の言葉を告げ、優しく抱いてくれたそして自身のモノで...

62 一つになる R

61 初めての R

60 感情が溢れ出る

類は、つくしの背中から目が離せない見るに忍びない痕、、同情よりも、この傷痕と共に生きてきたつくしを思うと、類自身の心が泣き叫びそうだつくしも、覚悟を決めたとはいえ、類に見られている事、何一つ言葉を発しない事、、その沈黙が居た堪れないつ「これをつけられた時の記憶は、断片的だけど覚えてる  硬く冷たい机の様な上に俯せに寝かされて、両手両足を押さえられて、、  熱い塊が背中に押し付けられて、、  目を覚...

59 焼印

食後、佳代がワゴンを引き上げる為、部屋に入ってきたその手には、ナイトウエアがある佳「こちらをお使いください。 それでは、ごゆっくりなさって下さいませ」佳代は一礼後、ワゴンを押しながら部屋を出る類「着替えてくる? 今日は、ゆっくりしよ?」つくしは、手にあるナイトウエアと類を交互に見るこれに着替え、ここで一緒に寝るという事は、、それを意味する事が分かるもう何度も、類からの愛の言葉を聞いているブレる事無...

58 瞳に囚われる

類は、ドライヤーでつくしの髪を乾かしている時、佳代が夕食をワゴン乗せ持ってきた佳「こちらに置いておきますので」類「ん、、ありがと。 あっ、明日はゆっくり起きると思うから、起こさないでくれる?」佳「かしこまりました」つくしは、二人のやり取りを聞きながら、まだ挨拶をしていない事を思い出す急いで類の手を止め、佳代を呼び止めるつ「あっ、、佳代さん。 お邪魔しています」その言葉に、佳代も類もキョトンとするそ...

57 ブレない瞳

類は、びしょ濡れのまま車に乗り込むもちろん、その腕の中にはつくしをしっかりと抱えている類「家に」運「かしこまりました」運転手も、尋常ではない二人の様子に、急いで車を発進させるそんな中、つくしは類の胸の中から、小さな声を出すつ「類、、ごめん。 類までびしょ濡れにさせちゃって」類「俺の事は良いから」つ「私、、自分の家に帰るから、、」類「いや、今日は俺ん家に泊まりな! どうしても、あんたを一人にさせたく...

56 怒りが湧きあがる

類がプール内で、つくしに語りかけている頃、、パーティー会場では、司が怒鳴り散らしていた司「おい! 牧野をプールに落とした奴は誰だ! 誰だって聞いてんだよ!!」一気に凍りついた室内に、小さな声が聞こえる「浅井さんです」司「あさい~~? おい、浅井ってどいつだよ!」司に睨まれた女性は、そっとプールサイドの浅井を指差すその方向を見ると、三人の女性が縮こまりながら立ち尽くしているそこへ司は、ツカツカと歩み...

55 高笑い

そして賽は投げられた浅井は、テーブルの上に置いていたオレンジジュースを、指でカタンッと倒すそのジュースは、見事につくしのスカートにかかったつ「あっ、、」浅「まあ、、どういたしましょう」つ「とりあえず、すぐに洗えばシミにならないかも?」浅「それなら、庭に、、」つくしは、急いで庭に向かうその姿を、三人と、いとこの男がにやりとした笑みで見つめ、サッとつくしの後を追うその4人の行動に、何事?と、他の人達も...

54 カチン

つくしは、浅井に連れられ、別室へ案内されたそこには、オフホワイトのドレスがハンガーに吊るされている浅「これよ! はい! 着替えて下さる?」浅井は、ハンガーを手に取り、つくしに渡すが、つくしは躊躇するつ「いっ、、良いよ、、汚したら大変だから」浅「いいえ、、是非着て貰いたいの。   私の言葉足らずで、牧野さんに不愉快な思いをさせてしまったんですもの」そこまで言われたら断りにくい手にしているドレスは、襟...

53 ひまわりの花

金曜日になり、つくしは誕生日会へ向かう用意をしていた普段着と言っても、流石にデニムという訳にはいかず、ワンピースをチョイスした濃い青地だが、スカートの裾部分には、白の花柄がプリントされた清楚で可愛い感じのワンピースもちろん、類から貰ったネックレスも、首元にアクセントを加える役目を果たしている髪は類から貰ったヘアゴムで一つ括りにしたどう言う形のパーティーか知らないが、長い髪が料理や飲み物に触れては大...