FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

30 借りを返す

二人は、手を繋いで河原に上がるもちろん二人共びしょ濡れだ類 「服、、どうする?」つ 「一応、一式は持ってるけど、、この後、テント張ったりして、また汗かくよな?   天気も良いし、すぐ乾くよな?」(そうだよな。 一式しか、持ってないから、今着替えたら、すぐまた汗をかくしな)(私は、自業自得だけど、花沢類までびしょ濡れにさせて、本当に悪い事をした)類 「そうだろうけど、、、」つ 「それより、、ありがと...

29 川釣り

つ 「うっわ~。 皆、いろんな所で釣ってるな。 俺達は、どこで釣る?」類 「魚がいる所」(その返答! 面白い! 花沢類って、時々不思議ちゃん、、って所があるよね)つ 「ぷっ、、当り前だろ! じゃあ、あまり人がいない所で、川の流れが緩やかな所に行こ?」類 「あい」(魚がいるのは当たり前だけど、、あまり人がいない所と言うあたり、俺の事をよく分ってるよな。 まあ、初めに話したんだけどさ、、それでも、この...

28 ヘビイチゴ

セミナーが始まって、一週間が過ぎようとした頃、、、ス 「皆さんには、今日から一泊二日のキャンプをしてもらいます」その言葉に、久し振りに研修室がざわつくそして、キャンプの予定表が配られたス 「まず、ここから歩いて『青春の小川』まで行ってください   そこで、釣りをして頂きます   アマゴと言う川魚を、各一匹の計二匹釣れたペアから、   その隣のキャンプ場で、テントを張って頂きます   今夜は、そのテ...

27 バスケ

それからも、外で行われる実践と言う名のウォークラリーだったり、絵合わせだったりを行ったただ、皆が団結してそれらを探し、答えを教え合う事で、早めにゲームをクリアしていったそんな中、今日も午前中にクリアし、午後から空き時間が出来たつ 「なぁなぁ、、花沢類! バスケ出来る?」類 「バスケ?」つ 「なぁ、、ちょっとだけ、やってみようぜ?」類 「二人で?」つ 「じゃあ、和也君達や、美作さん達も誘う?」(あい...

26 分かる気がする

シャワー後シーツを替え、夕食を済ませた後、類はさすがに眠いとベッドに直行したつくしも眠いのだが、洗濯をする為に部屋を出たランドリーに洗濯物を入れ、その横に椅子を持って来て、壁に背を預け、うとうとと眠り始めた丁度そこへ、総二郎がタオルを取にやって来た(ぷっ! 牧野の奴、船を漕いでやがる。 そう言えば夕食時も、類と共に眠そうにしてたよな)すると、つくしが大きく船を漕ぎ、今にも椅子から落ちそうになった総...

25 テニス

昼食後、類とつくしは、入り口のスタッフにラケットとボールを借りて、テニスコートへ向かった類 「いくよ」つ 「何時でも良いよ」類は、なるべく打ち返しやすい場所へ、緩いボールを打つつくしは、ほとんど動く事無く打ち返すが、ネットに引っかかるつ 「あれ?」類は、クスッと笑みを漏らし、、類 「もう一回、いくよ!」つ 「分かった」つくしの目の前で、ポーンと落ちるボールを、ワンバウンドで打ち返すするとやはり、同...

24 キラキラした瞳

二人のジャレアイのような追いかけっこの後、つくしが先にへばるつ 「暑っ! 何やってんだろ? 俺達」類 「暑っ。 こんな炎天下の下で、走り回ったのって初めてかも、、   牧野、、ちょっとあそこの木陰で休も?」つ 「OK」二人は、木陰に並んで座り、持参していたスポーツ飲料を飲み始めたそこへ、司、和也、あきら、総二郎が来る司 「お前ら、、、この暑い中、何、追いかけっこしてんだよ」あ 「あ~あ、、、そんなに...

23 協力

次のポイントへ向かう類とつくしの元に、先程のポイント場所に居たペアが近づいてくる男 「花沢さん、、牧野君、、、先程はありがとう」つ 「ううん、、別に良いよ」男 「それで、、8番のポイントは、もう見つけた?」そこは、今まさに二人が向かっている場所だ類 「今から向かう所」男 「良かった、、8番は、Fだから」と、答えを教えてくれるそれには、類とつくしも顔を見合わせ驚く物の、すぐに顔を緩めるつ 「ありがとう...

22 ポスト探し

ス 「え~、、今日は皆さんに、ポスト探しに行って貰います。   ポストは、一斗缶で赤く塗られています。   地図上に、10か所番号を記していますので、そこにあるポストを探し、   そこに書かれてあるアルファベットをメモして下さい。   10個揃いましたら並べ替え、ひとつの単語を作って下さい。 それが答えです。   今回は、ゼッケンと共に、無線機も必ず持って行って下さい。   万が一、不測の事態が発...

21 じゃれ合い

翌朝、つくしは激しい筋肉痛に悩まされながら、ロフトから降りるそして、顔を洗った後、類を起こすつ 「花沢類! 朝だけど、、朝食はどうする?」類 「ん、、、食べる」そう言いながら、類はゆっくりと起き上がり、フラフラとした足取りで、洗面台へ向かった(あっ、、コルセット忘れた。 嫌だな~、、また階段登るの)つくしは、階段に手をつきながら、ゆっくりとロフトへ上がっていく(ん? あいつどうしたんだ? 調子が悪...

20 シメジ

類は、いつもより長めのシャワーを終え、バスルームから出ると、つくしが類のベッドに背を預け、両足を投げ出し眠っている(どうしてこいつは、こうも無防備なんだ? さっきは、咄嗟に気付かないふりをしたけど、普通それを鵜呑みにするか? 上の方だったけど、しっかりと胸に手を置いたんだよ?  もっと警戒心を持って、俺に接しろよな!)は~、、、と、深い溜息を吐き、つくしに近づくそして、屈み込んで間近でつくしの顔を...

19 ハプニング

汗びっしょりだったつくしは、胸の圧迫からも解放され、シャワーの心地良さから、自然と鼻歌を歌いながら、シャワーを浴びていたすると突然、バスルームのドアが開いたのが分かった(えっ?)と同時に、司の声がバスルームに響き渡った司 「牧野! お前、もう体洗ったか? ボディーソープ貸してくんね?」(うそ! 何で? あっ、私ったら、バスルームの鍵、かけ忘れてた? だって、家じゃ鍵なんて掛けないし、そもそも誰かが...