FC2ブログ

Welcome to my blog

さくらいろ

9 桜子

夏休みが終わり、大学が始まったそんな英徳大学の構内で、声をかけられた「先輩! こんなとこにいらしたんですか?」「桜子、、」「丁度お昼ですし、一緒にランチしましょう?」「良いけど、あたしお弁当だよ?」桜子はニコリとしながら手提げ袋を掲げる「分かっています。 ですから私も持ってきました。 中庭のベンチへ行きます?」「うん。 良いよ。」二人は中庭に向かうと、日陰になっているベンチへ腰を下ろしたもちろん桜...

8 うちわ

電車を乗り換えると、比較的空いており並んで座る事が出来た「やっと座れたね。」「だな。」すると二人の目の前にちぎれたストラップが落ちているのが目に留まった「誰かが落としたんだろうね。」「紐の部分が切れているみたい。 落としたことにも気づかなかったんだろうな。」「ねぇ、勝負しない? あのストラップをこのうちわで遠くへ動かした方の勝ち!ってどう?」「良いよ。」「じゃあ、時間は30秒ね。」「分かった。 勝...

7 風

「牧野。 大丈夫?」「あっ、類。 来てくれたんだ。」「ん。」牧野が熱中症で倒れた翌日、俺の携帯に牧野から連絡が入った『今日から北海道。 道明寺の別荘で過ごすね。 予定は一週間です。』司の行動の素早さに脱帽だ確かに北海道は東京と違って涼しい療養するには丁度良い環境だそれに牧野の事だ自宅にいると家事一切をやっていただろうそれだと療養の意味がないその点、俺ときたらエアコンしか思い浮かばなかったこれが俺と...

6 類と司

牧野を送って帰宅した類途端、ドッと疲れが襲う慣れない仕事の毎日しかも半日の時差もあるでも、帰りに牧野の家に行って良かったフランスへ行ってからも、牧野の事が心配だった夏休みも期間限定のバイトをすると言っていた何でもテレビ局が夏休み限定でイベントをやっているとかそこのバイトはかなり時給が良いらしいだがそのバイトは屋外イベント会場の飲食店だったそれを聞いた時、大丈夫だろうか?と不安になった日中の暑い中、...

2020.4.22

「育ってるよね?」「ん。少しだけ大きくなったような?」「植えて何年経つ?」「2016年の5月? ガチャガチャで見つけたんだよな?」「そうそう!! 最近はこういった育てるガチャガチャを見なくなったね?」「ん。 模造品って言うの? プラスチックでできた置物みたいなものならあるけどね。」「だよね。 しかも最近のガチャガチャは高いの!! 300円が主流だよ?」「確かに、、」「またこういった育てるガチャガチ...

5 お土産

体力勝負と思っていたのに、あまりの暑さにつくしはバイト中にダウンした水分補給もきちんととり、塩分もとっていたそれでも今年の暑さは異常だったバイト中に気分が悪くなり、更衣室で横になる暫くすると治ると思っていたそれでも地球が回るというか吐き気がするというか良くならないやばいなぁ、、熱中症かも?と思い、スポーツ飲料を飲もうと思うがそれすらも飲めない様子を見に来たスタッフは心配し、すぐに救急車を呼んだ診断...

こんな時期だから

「類。 ちょっと時間ある?」「ん? 何?」つくしは、自宅で仕事をしている類に声をかける世間はコロナウイルスで自粛ムードその上、緊急事態宣言が出て、類も仕事をテレワークへ切り替えた「あのね。 西門さんから美味しそうな和菓子が届いたの。今年は花見も出来なかったでしょ? だから庭の桜で簡易的な花見をしない?だってお花見団子なんだもん」つくしの言葉に類はクスッと小さく笑い声を漏らす結婚しても『花より団子』...

4 夏休み

『なあ、夏休みはこっちに来いよ!』「無理! だってバイトがあるから」『だから、お前に渡しているお金を使えよ!』「いやよ! まだ結婚もしてないのに、なんであんたのお金を使わないといけないのよ!」『婚約してんだから一緒だろうが!』「婚約と結婚は別でしょ?」『一緒だろうが! 何が違うんだよ!』「違うでしょ! だってあたしはまだあんたの母親に認められてない! 婚約と言っても籍も入れてないんだから他人と一緒...

パソコン⑤

異音騒ぎの後、何も問題なくパソコンでブログをアップしていたつくしところがそれから三か月後、、キーボードの異変に気が付いた「えっ? 嘘!!」なぜかキーボードの『S』のキーが取れかかっている(わかりますか? Sキーがグラグラしているんです)「なんで? どこかに引っ掛けた? でも、引っかかるようなことしてないよ?」つくしは、Sキーを指で元の位置に戻すそして填め込むように押してみるが、グラグラしたままだもし...

3 フランス語

「あっ、いた!」つくしは類の姿を見つけると、そっと近づき定位置へ座るそこは高等部の非常階段時間があれば今も通っている大切な場所そっと類を窺い見れば、「す~す~」と言う寝息がかすかに聞こえる長いまつ毛にスッと通った鼻筋薄茶色の髪は天使の輪っかがキラキラと輝いている整った顔立ちは今更だが、肌もきめ細かでそばかす一つない同じ人間だし、一応類は男性なのにずるいよ、、とつくしは溜息を一つ吐くマジマジと見つめ...

パソコン④

それからのつくしは、立ち上げるときにドキドキする日々を送った5回に4回は鳴るそれ以外に、パソコンをスリープ状態(電源は入っているが使っていない状態)の時、ふいに鳴る事もあるでも、また持って行ったときに鳴らなければ修理が出来ないもし電気店で鳴ったとしても、修理に出したメーカーで鳴らなければ同じく修理が出来ないそんな時、閃いた――音が鳴るところを録画して、それをDVDに焼けば良いんじゃない?翌日、、つくしは...

2 類の気持ち

「うん。 受け取ったよ。」「そっか。 良かったな。」ピサの斜塔で無事再会したことは聞いているそれなら受け取らないという選択はないと分かっていたその前にきちんと牧野の答えを聞いている俺が二人の邪魔をしてはいけない少なくとも今回の件で、牧野の心を揺さぶるような行為をしたことは事実だその所為で牧野は入院することになり、婚約指輪を受け取らないという暴挙に出た分かっている牧野はかなり考えるタイプだどう伝えれ...