FC2ブログ

Welcome to my blog

きらきらひかる<完>

71 入学式

4

英徳学園、、、大学部入学式

司 「おい、、牧野の奴、、本当に入学できたのか?」
あ 「さあな? セミナー以来、一度も会ってねぇし、、
   メール入れても、勉強で忙しい、、の一点張りだしな」

総 「普通合格したら、入学式までの間、遊べるだろ?
   それが、忙しいと言って、一度も会おうとしなかったしな、、こりゃ案外、、」
三人は黙り込む
ただ類一人は、そんな中でも涼しい顔をしていた

そして三人が、最悪の状況を想定している中、
入学式が終わるのを、体育館横の桜の木の下で待っていた


すると、、
入学式が終わったのだろう
学生が、ゾロゾロと出てきた

ただでさえ目立つ4人、、
その4人が、桜の木の下に立っていると言う状況、、
自然に4人の周りは、一定の距離を開け、人だかりになってきた

そんな中、、、4人に向かって、甲高い声が聞こえた
和 「道明寺君~、、久し振り~。 あっ、美作君、西門君、、そして花沢君も久しぶりだね」
その声と共に、人垣を掻き分け、和也が姿を表した

容姿は、半年前と変わる事無く幼いままだが、
今日は入学式という事で、スーツを着込んでいる、、、が、、、

司 「プッ、、何だお前、その格好」
総 「何かそれって、、、なぁ?」
あ 「あぁ、、それに千歳飴を持たせたら、、七五三だな」
と笑い合う

和 「失礼だな。 これでもセミナーから2cmは、伸びたんだからね。
   それより、つくし君見なかった?」

その言葉に、三人は更に不安を覚える
司 「いや、、まだ見てねぇ」
あ 「お前、、経済学部だろ? 近くに居なかったか?」

和 「うん、、僕も必死で探したんだけど、、見つける事が出来なくてさ、、
   でももしかして、他の学部にしたのかも知れないし」

その言葉に、三人も一抹の望みを掛ける気持ちになる
司 「そうだな、、これだけの人数だし、、
   取り敢えず最後の一人まで、出てくるのを待ってみようぜ」
総 「ああ、、あいつも小せぇし、、誰かの後ろに紛れているのかも知れねぇしな」
あ 「まあ、、俺達の方は、これだけ目立ってるし、あいつも気付くだろうよ」

和 「うん、、四人は凄く目立ってたよ。 
   入学式の間中、周りの女の子達が、騒いでいたぐらいだしさ」
と話していると、類がポツリと呟く
類 「あっ、、牧野、、」

司 「えっ? どこだ?」
総 「どこだよ、、あの辺、女だらけだぜ?」
あ 「女の後ろか?」
と、三人は目を凝らす様に体育館を見つめる
和也は、人垣に遮られて見えないせいか、その場でピョンピョンとジャンプしている

類 「牧野! 牧野! ここ、、ここだよ!」
類は、叫びながら手を振る
それは、女性だらけの輪に向かって、、、

するとその中から、一人の女性が、こちらに向かって走り出した、、、
類 「牧野! バカッ! 走るな!」

類はそう叫び、その女性に向かって走り始めた

その類の背を見ながら、、、
司 「なあ? 牧野って、、性転換でもしたのか? スカート穿いているように見えんだけど?」
(マジ可愛い、、あの中で、一番じゃね? 俺のドストライクの女だぜ)

総 「さあ? でもセミナーの時も、どちらかと言うと、可愛い系だったし、、」
(可愛いなぁ、、これじゃ、本当の女と区別がつかねぇぜ。 今度二人っきりでデートしよっかな)

あ 「あぁ、、それに今は、ニューハーフも普通に受け入れられる時代だし?」
(可愛い、、あいつ、もしかしてそっち系?だったとか? 
 でも、、牧野のいる店なら、通って見てぇ)
と言いながら、三人は和也を見る

司 「有りか?」
総 「こいつは難しいんじゃね?」
あ 「でも化粧すれば、、、それなりになるんじゃね?」
と、ポツリと呟く

司 「まあ、、俺らも行ってみようぜ」
と三人も駆け出す

和 「えっ、、ちょっと待ってよ~」
と、和也も三人の後を追うように、駆け出した


一方、、
つくしの方は、類に向かって慣れないパンプスで走り始めた

今日の服も、合格発表の後、合格祝いという事で、類が見立てた物だ
パンプスに至っては、3cmヒールと5cmヒールで悩んでいた所、
足が綺麗に見えると言う店員の一言で、5cmヒールに決めたのだが、
それを類は、最後まで渋っていた

つ 「類~、、終わったよ~」
手を大きく振り、満面の笑みで、類に向かって駆け寄るつくしだが、、
案の定、バランスを崩し、前のめりで転びそうになった

つ 「わっ!!」
類 「危ない!!」
咄嗟に類が胸に抱きとめ、間一髪、、何とか転ばずに済んだものの、
周りからは、一斉に悲鳴が上がった

その声に、二人は全く気付かないのか、抱き合ったままで腕を解こうとしない
類 「あんた、、今日はパンプスだから、気を付けて歩け、、って言っただろ?」
つ 「そうでした、、ごめんごめん」

類 「じゃ、食事に行ってから、会長の所へ挨拶に行こ?」
つ 「うん、、」
と、満面の笑みで答える

そこに、3人がやって来た

司 「おい牧野、、、お前、こんなとこで、こけんなよ」
(くっそ~、、もう少し俺が早く駆け出していたら、ぜってぇ俺の胸に抱きとめてやったのに)

総 「それに、、すっげぇ、目立ってんぜ?」
(間近でみても、すんげぇ可愛いなぁ。 それに、薄らと化粧して、俺好みなんだけど)

あ 「ところでお前ら、、、そう言う関係? セミナーの時から、怪しいとは思ってたけどよぉ」
(嘘だよな? ただ単に、セミナーの名残りで助けただけだろ?)
と、未だに抱き合って言える二人を、ジロジロ見る

司 「牧野、、お前、類の為に、性転換したのか? 、まあ、、その、、似合ってるけどよぉ、、
   思い切ったな~」
(性転換、、有りだな。 これくらい可愛いと、誰も元は男だったと思わねぇし、、
 まあ将来は、いろいろと障害があるかも知れねぇけど、それも俺様の力で何とかするし)

その司の言葉を聞き、類とつくしは見詰め合った後、、プッと吹き出し、大笑いを始めた
そこへ、やっと和也が追いついた

和 「あれ? つくし君? 女装? アッ分かった、僕達をびっくりさせる為だろ?
   そんな手の込んだ事までしてさ、、久しぶりの再会が、恥ずかしかったとか?
   まあ、、凄く似合ってて、、可愛いし、、」

つ 「ありがと、、和也君」
と、つくしはニッコリ笑ってお礼を言う
その表情に、和也はポッと頬を染め、モジモジする

司 「そうなのか? 俺達を驚かす為か?」
(なんだ、、驚かす為か? でも、、すんげぇ似合ってるし、牧野が望むなら、
 ほんとに性転換しても、、その、、俺が面倒見るし)

総 「そんな手の込んだ事をやらなくてもよぉ、、」
(まあ恥ずかしい気持ちはわかるけどよぉ。 久しぶりに俺に会うしな。 
 でも出来る事なら、このまま性転換しても良いと思うぜ?)

あ 「まあ、、全然違和感ねぇし、逆にすんげぇ似合ってて、
   そこら辺の女共より、良い女に見えるぜ」
(まじ、、可愛い。 これぐらい可愛いと、俺も断然燃えるって言うか、、
 愛に性別は関係ねぇと思っちまう)

つ 「ありがとう、、これでも、めい一杯オシャレしたんだよね、、」
と、3人に向かって、ニッコリと笑う
その笑顔に、3人の心臓が、ドキンと音を立てる
(これって、、、恋か? 恋だよな?)
(やばっ、、完全にやられた)
(何なんだよ、、、この笑顔!)

司 「あっ、、あのさ、、」
と、司が何か言おうとした所、類が先手を打つ、、

類 「あっ、、皆に改めて紹介する。 俺の彼女の、牧野つくし、、
   ちなみに性別は、生まれた時から女性だから、、」

皆 「「「「 へっ? 」」」」
突然の告白に、3人は虚を衝かれた顔をする

つ 「牧野つくし、、、女です。 花沢類の彼女になりました。  今後共、宜しくお願いします」
ペコリと頭を下げるつくしを、頭のてっぺんから、足のつま先まで、唖然として見ていく4人

類 「じゃ俺達、食事に行くから、、またね」
つ 「またね、、」

二人は、もうここに用は無いとばかり、4人に背を向け歩き始める
自然に手を繋ぎ、何か楽しそうに会話をしながら、、、

その様子を暫らく呆然として見ていたが、、、ハッと我に返った四人は、、

司 「ちょっ、、、待ちやがれ!」
総 「どうなってんだよ!」
あ 「詳しく説明しろよ!」
和 「つくし君~、、じゃないや、、つくしちゃ~ん、、待って~」
と、追いかけはじめた

春のうららかな日差しが6人を照らし、キラキラと輝きを放つ中、、
6人の楽しそうな笑い声が、英徳学園にこだました

  < 完 >






関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-05-02 12:39

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-05-02 13:12

類君は、きちんと告白したんですけど、一言足りなかったですよね
だからつくしちゃんもモヤモヤとしたままで、、
でも、誤解が解けてからは二人はラブラブと言うより、暫くは師弟のような感じで必死に勉強をしていたんでしょうね
なんとか英徳に合格し、やっと晴れてラブラブ出来ますね

この続きは、、何時ものラブラブ街道まっしぐらなので、予定はないですね(笑)
どうしても、ラブラブさせようとすると、類君が暴走しちゃうので(笑)
ほらっ、サイボーグ類君の降臨ですよ!!

楽しんで頂きありがとうございました
さっ、次の作品を移転させなくっちゃ

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-05-02 15:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ゆきり〜様

りおりお  

2018-05-02 15:31

昨日の花晴れ見ましたか?
類君が出たんですよ❤
旬君が演じる類君は、やはりあのままで…
凄いなぁと、感心しながらときめいていました(笑)

こちらは、すでに雨です
気をつけて下さいね…と、旦那様にお伝えください!

この作品でのつくしちゃんは、天然でどしっ子なんですが、何事にも一生懸命で、素直で、気遣いができて、誰にでも同じように接して…そして、つぶやく言葉にグッとくる!
だから、他人に興味がない類君も、気になり始めてのめり込んでいった
楽しいお話しでしたね

EDIT  REPLY    

Leave a reply