FC2ブログ

Welcome to my blog

キミの笑顔を守りたくて<完>

43 習い事

0 0
 
火曜日~西門邸~   西門 総二郎
 
総 「牧野、お茶はゆっくりと嗜んで、頂くものだぞ。 
   グイグイ飲まない。  飲んだ後も、苦そうな顔をするな」
つ 「だって、苦いんだもん」

総 「失礼な奴だな。 ホラ背筋を伸ばせ。 もう一度、初めからやり直すぞ」
つ 「は~い」

総 「はい、と、言え」
つ 「はい。 お師匠様」

総 「よし」
だいたいの作法は、覚えているものの、、、、まったく落ち着きの無い奴だ
久しぶりに、鍛えがいがあるぜ


木曜日~美作邸~  美作 あきら
 
あ 「椅子には、こぶし一握り分、前に座る 
   背もたれに、背中をつけない! 背筋を伸ばす」
つ 「美作さん、、、逆に疲れてくるんだけど」

あ 「いいんだよ。 そのうち慣れてくるから。 足は揃えて、前にそっと置く」
つ 「うっ、足も?、、、もうダメだ」

あ 「我慢する。 後で、お茶にするから」
つ 「えっ、ありがと。 もう少し、頑張る」

夢 「つくしちゃ~ん。 ケーキ食べましょ」
つ 「は~い。 呼ばれちゃった、、、行こ、美作さん。 
   妹さん達も待たせちゃ悪いし、、、ね」

あ 「しょーがねーな。 まっ、今からケーキの食べ方、紅茶の飲み方に変更すっか、、、」
つ 「え~、お茶する時も?」
 
 

~類~
 
牧野は、習い事が、楽しいみたいだな
総二郎もあきらも、鍛えがいがあるって、はりきってるし

休んでいた分の勉強も、こうして頑張っているし
何より、生き生きと過ごしている姿が、一番似合っている
いつまでも、こうして笑顔でいて欲しい

つ 「類、ここがわかんない、、、」
類 「どれどれ、、、、」

つ 「この、公式がね、、、」
類 「あぁ、、これは、こっちを移行して、、、」
 
 
こうして、ゆっくりと時が過ぎていく
 
 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply