Welcome to my blog

もうひとつのfleurs printanières

2 双子の手伝い

11


翌日、、
つくしは出向と言う形を取り、美作家の迎えの車に乗る
すると車は、美作家へ到着した

「いらっしゃい。 つくしちゃん」
「「つくしお姉様、いらっしゃい」」

「お邪魔します。 あのっ、、」
「つくしちゃんが、仕事を探しているとあきら君から聞いたのよ。 それでね、絵夢と芽夢の宿題を見て下さらない? ちょっと変わった宿題なのよ」

変わった宿題?
と思いながら、それを見ると、、、『切り絵』の宿題のようだ
と言っても、普通の切り絵ではなく、自分の名字を切り絵のようにすると言う物

「あきら君の時には無かったのに、、今頃はこんな事もするのねぇ」

その当時もあったのでは?と、つくしは思う
ただ、F4と言う人達は、まともに授業を受けていないだろうし、宿題をすることも無かったはず、、と推測されるが、流石にそれをここで言うのはマズイ

それに切り絵は、カッターを使って画用紙を切り抜く
子供には危険物として認識されるのかもしれないが、彫刻刀と違ってカッターは使い方を間違えなければ比較的安全だ
それにハサミ同様、カッターも社会人になって使う可能性があるだろうし、第一指先が器用になる
だから、英徳でも授業に取り入れているのかもしれない

「分かりました。 一緒に作ってみます」
「あっ、、教えるのは良いんだけど、手伝ったり代わりに作ったりしてはいけないらしいの」

「はいっ、分かりました」

つくしは、双子と共にリビングへ向かう
そして早速画用紙に手を伸ばした

「お姉ちゃま、、絵夢は『美作』と切るんですよね?」
「えぇ、、そうだよ」

「じゃあ、、お姉ちゃまは『牧野』を作って下さいね。 絵夢のお手本となるように」
「うん、、分かった。 じゃあ、まずは丸を作って、文字を描こうか」

「お姉ちゃま、、芽夢を教える時には? 何の文字を見本に作って下さるの?」
「『牧野』じゃダメなの?」

「それは、絵夢のお手本でしょ? 芽夢は別の名字のお手本が良いです」
「そっか、、じゃあ何が良いかなぁ?」

「じゃあ、、『花沢』は? お姉ちゃまは、類お兄ちゃまとお付き合いされているんですよね?」
「えっ?/////」

「違います? あっ、もしかして芽夢のお兄ちゃま? それなら、、」
「あっ、、違う。 類と付き合ってるの//// じゃあ、芽夢ちゃんのお手本は『花沢』にするね。 じゃあまずは、コンパスで丸を書いて、、」

つくしは、コンパスで直系10センチほどの丸を描く
そしてその中にもう一つ、直系9センチほどの丸を描く
それは、宿題に指定されているからだ
その中に、文字を入れるらしい

それを見ながら、双子もコンパスで丸を描く

「それでね、文字は大きく描いて、端をこの丸い部分に重ねて~~。 ほらっ、こんな感じ?」
「はい、、お姉ちゃま」

つくしの言うとおりに、大きく文字を書く絵夢

「文字と文字の部分も、ほらっ、、こうやって繋げる。 『花沢』だとね、この草冠の部分に『化』の文字の上部をくっつける。 こんな感じ。 だから美作のニンベンと乍の部分をくっつける。 分かる?」
「はい、、お姉ちゃま」

芽夢も、言われた通りに文字をくっつける

「それをもっと太く描いてぇ、、」
「ゴシック体ですか? 明朝体ですか?」

「すごい! そんな自体も習ってるの? えっとね、、明朝体にしようか?」
「はいっ、、お姉ちゃま」

つくしの教え方が上手いのか、双子のセンスが良いのか、、下書きが順調に行われていく
描けた双子の画用紙を、つくしがチェックし、切った後にぺろりと剥がれ落ちる部分が無いか確かめた後、カッターを入れていく

「力を入れすぎないようにね。 画用紙がくちゃっとなっちゃうから」
「「はい」」

三人は嬉々として工作を続ける
そして、双子の『美作』とつくしの『牧野』『花沢』が無事出来た

「凄い!! 上手に出来てる」
「お姉ちゃまの『牧野』も素敵です」
「『花沢』も凄く上手です」
「ふふっ、、ありがとう」

双子たちは、それを手に持ち、母親の元へそれを見せに行く

「「お母様~~。 出来ました~~」」
「あらほんと、、さすがつくしちゃんね。 じゃあ、少し休憩しましょう」

という事で、休憩をする事に、、

「突然、牧野さんにこんな事を頼んでごめんなさいね。 あきら君に頼んだんだけど、あの子もやった事が無いと言うし」
「いいえ、、気にしないでください。 昔を思いだし、凄く楽しかったですから」

母親手作りのクッキーを食べながら、まったりした時間を過ごしていると、あきらが帰宅した

「よぉ、、牧野! 悪りぃなぁ」
「ううん。 楽しかったよ」

「「お兄ちゃま~。 見て見て~~」」
双子たちは、早速出来上がった物をあきらに見せる
そこには、つくしが作った『牧野』と『花沢』もある

「良く出来てるなぁ」
「「お姉ちゃまが、丁寧に教えて下さったの」」

「そんな、、絵夢ちゃんと芽夢ちゃんも、凄く器用で、初めてとは思えない出来だよね」

つくしは照れながらも、双子を褒める
それを聞きながらも、あきらは内心おかしくてならない
だが、悟られないよう表情を引き締める

「サンキュー。 それで明日なんだが、、ブライダル部門の手伝いをやってくれないか? ここ最近、結婚式の衣装合わせの客が多くてよ。 人手が足らなくてテンヤワンヤ状態なんだわ」
「分かった」

「ならっ、、このまま泊まって行けよ? 明日はここから出かければ良いし」
「「お姉ちゃま、そうしましょう?」」
「あぁ、そうしろよ。 家には電話を掛ければいいしさ」

つくしは、双子に手を取られおねだりされ、断る事も出来ない

「なら、、そうさせてもらおうかな? じゃ、ちょっと電話させて貰うね」

ゴソゴソと、携帯を探すが、、何故か見あたらない
美作の使いの者が来るまで家で弄っていた為、そのまま家に忘れてきた事が分かる

「やばいっ、、携帯を家に忘れた!」
「ぷっ! お前らしい。 俺のを貸してやるから、家に電話しとけよ」

あきらは、携帯をつくしに渡す
それを借り、つくしは自宅に電話を入れ美作家に泊まる旨を告げた


***

一方の類、、
つくしに電話を掛けるが出てくれない
残業でもしているのか?と思い、ラインを入れる


だが、返事が返ってくる事は無かった









関連記事
スポンサーサイト

11 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-07 09:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-07 09:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2018-04-07 10:38

切り絵の授業、、今もあるのかな?
小学校の頃にありますよね?
端が切れていたら、ポロリと落ちてしまうんですよね
好きだったなぁ、、

さて、真剣に双子たちの宿題に挑むつくしちゃん
無事終了したと思ったら、今度はあきら君の手伝いです

さてどうなるのでしょう?
明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-04-07 10:42

切り絵は楽しいですよね
彫刻刀より好きでした

切り絵の方が、力を入れなくても紙だから切れるんですけど、彫刻刀は板を掘るので力が入ります
それがまた、上手く掘れないんですよね


さて、真剣に双子ちゃんのお手伝いをするつくしちゃん
それが無事終わったと思ったら、今度はあきら君のお手伝い

そして、何時もの如く携帯を忘れています
鞄の中に携帯を入れていると、着信の音が聞こえなかったりしませんか?
それで良く怒られます(笑)

明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-07 10:58

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきた~様

りおりお  

2018-04-07 11:02

急に寒くなったからか?
昨日から鼻水が止まりません
花粉症でない事を祈るばかりですが、鼻をかみ過ぎて、鼻の下が痛いです
なので、柔らかなティッシュを買いに行かなければ、、


さて、つくしちゃんは、類君の為に頑張っています
でも、肝心の携帯電話を忘れている!!
類君からの連絡に気付かないまま、つくしちゃんは美作家に泊まる事に、、
これからどうなるんでしょう?

是非お楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-07 12:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-04-07 13:34

何事も熱心に取り組むつくしちゃん

双子の宿題にも手を抜きません
切り絵、、懐かしいですよね

そして次は、あきら君のブライダルサロンのお手伝い
さてどうなる?

しかも、携帯を忘れている為連絡が取れない
類君、、焦るだろうなぁ

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-07 15:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: り〜様

りおりお  

2018-04-07 15:45

こちらの方にお願いします
誤字脱字のあるお話の下に、何処が間違っているのか記入ください
有難うございます

EDIT  REPLY    
Re: り〜様

りおりお  

2018-04-07 15:48

まだ、公開していないですね(笑)
ここに、何話か記入して、どこが間違っているか教えてください
よろしくお願いします

EDIT  REPLY    

Leave a reply

3 あきらの仕事
1 お金が無い