FC2ブログ

Welcome to my blog

もうひとつのfleurs printanières

5 最善策

8



美作商事のエントランスを潜り、受付で自らの名刺を差し出す

「申し訳ありませんが、美作専務はおられますか?」
「ただいま出かけておりまして、13時頃戻ってくる予定ですが、、」

なんと、、出かけているとは
あっ、それでは牧野様に直接お会いすれば良いのでは?
別に、美作専務を通す必要はないのですから

「それでは、出向で来られている牧野様を呼んでいただけますか?」
「出向の牧野?」

受付嬢は怪訝な表情をした後、パソコンを弄ること数分

「あのっ、、わが社に出向で来られている社員はおりませんが?」
「えっ? 美作の子会社の『土井商事』に勤めている牧野つくしですが、出向で来ていませんか?」

「はい。 確かに土井商事はわが社の子会社ですが、そちらから出向で来ている者はいませんが?」

どういう事でしょうか?
類様が言うように、、本当に牧野様は、美作様によって監禁されている?
とにかく、美作様のお帰りを待つことに致しましょう

「それでは、13時頃また伺いますので」

田村は受付嬢に一礼した後、美作商事を後にする
だが、類からの伝言を、直接つくしに伝えるまでは帰社できない
そう言う約束を、類としてしまったのだから

13時までは、まだ時間がある
ここで田村は閃いた

――それなら直接牧野様に連絡を取ってみましょう

もしかしたら、類様からの着信に気付いていないのかもしれません
有りえない事ですが、、類様の着信を拒否しているとも考えられます
なぜなら、、鬱陶しい?

いや、類様の事を悪く言うつもりはありません
あの若さで仕事の才能はかなり有りますし、花沢物産も安泰と自負しております
ですが、、ちょっと、、えぇ、ほんの少し神経質?
それに、偏食? 我儘? 融通が利かない? 人見知り? すぐに無視する? 時々訳の分からないことを言う? そして何より嫉妬深い!!

おっと、何か類様の悪口っぽい事ばかり出てきましたが、これは単なる偶然でございます
決して私が常日頃思っている事ではございません

お優しい牧野様の堪忍袋の緒が切れて、少し懲らしめるために類様からの着信を拒否しているのでしたら、私からの連絡は取って頂けるでしょう
もちろんこの田村、牧野様の携帯番号をこっそり伺っております

これが類様にばれたら、きっと私は左遷でしょうか?
私に対しても、確実に嫉妬をなさるでしょうから
まあそれだけ、牧野様にゾッコンなのでしょう

ようございました
類様の恋が実られて
苦節数年?
やれば出来る男だと思っておりました

それから着実に恋を温められ、そろそろでしょうか?
その時をこの田村、今か今かと待っております

おっと、妄想にふけってしまいましたが、牧野様に連絡をしてみましょう

♪~♪~~♪♪~~♪~~

おかしいですね
全然繋がりません

類様のおっしゃるとおり、美作様の監禁説が濃厚なのでしょうか?
それとも、、私まで着信拒否されているとか?
どちらも考えたくない事です

とにかく、、美作様にお会いしてみましょう
待ちますよ!!
えぇ、、待ちます!!

類様からの伝言をお伝えするまでは、決して帰れないのですから
でないと、無能な秘書として、未来永劫蔑まれる日々になるのですから、私も必死です


近くの茶店で時間を潰し、13時頃再び美作商事へ
言っておきますが、決してサボっていたわけではありません
会社へ帰る事も出来ない為、苦渋の決断でした

そうして、向かった美作商事
何とか美作専務の元へ辿り付けたものの、、

「類の秘書の田村さんじゃないですか? どうしたんです?」

どうしたも何も、、あなたが牧野さんを出向と言う形で、連れ出したからでしょ!!
とは言えず、、

「実は、牧野様と連絡が取れないと、類様が心配されておりまして、今牧野様はどちらにおられるのでしょうか?」
「あぁ、、牧野でしたら、、」

あきらは言い淀む
今は司の所だ
かと言って、それを素直に伝えて良い物かどうか、、

「牧野は今、海外出張へ行っています。 急な出張でしたので、携帯を自宅に忘れたまま行ってしまいました」
「海外?でございますか? 携帯を忘れて?」

なるほど
類様や私からの連絡を無視された訳ではないのですね
それが分かっただけでも、ホッと致しました
ですが、出向してすぐに海外へ?
どういう事でしょう?

「あのっ、、海外とは、、その、、どちらへ?」
「えっと、NYです」

NY?
何をしに?

するとあきらは、言いにくそうに告げる

「実は、わが社の仕事を手伝った後、昨日の事になるんですが、司と共にNYへ向かいまして、、、そちらで仕事をしています。 ですが類に知られると、かなり荒れるんで」

そりゃそうでしょ!
いくら仕事と言えど、道明寺様と一緒となると、類様が荒れ狂う姿が目に見えます
これは本当の事など言えません
しかし、どういう仕事なのでしょう?
美作と道明寺が共同運営している仕事などありませんよね?
聞いたところで企業秘密と言われるのが落ちでしょうが、、

「それで、、何時お帰りに?」
「さあ? まあ、終わり次第ということなんで、、」

はぁ? 終わり次第? それは未定という事ではないでしょうか?
その間、牧野様と連絡が取れない?
となると、、

類様は、仕事が手に着かない
私を始め、他の者に当たり散らす
最悪、、全ての仕事を投げ出して道明寺様の元へ?
万が一ですが、道明寺様と殴り合いの喧嘩をなされたら?

有り得ます
沈着冷静と思われがちですが、牧野様に関する事だけは、かなり熱くなられます
その熱意を、もう少し仕事の方に向けられたら、、と何度思ったことか
それでも、牧野様とお付き合いされるようになり、仕事も完璧に熟されるのですから文句は言えないのですが、、

ですが、、大変な事態になりました
花沢物産始まって以来の危機の予感がします

「分かりました。 それでは失礼いたします」
「あのっ、田村さん?」

「はい、何でしょう?」
「そのっ、、類には内緒でお願いします」

俺や司が関わっていると知ると、牧野が内緒で誕プレを用意しようとしている事がばれる可能性があるからな

「もちろんです」

あたりまえです!
口が裂けても言えません
ですが、この現状をどうお伝えすれば?
とりあえず、会社へ戻ることに致しましょう


こうして田村は、どう説明しようかと考えながら帰社した
そこには、田村の帰りを待つ類の姿

「遅い!!」
「申し訳ございません」

「それで、会えたんだよな? にしては、未だ牧野からの連絡が無いんだけど?」
「大変申し訳ございません。 結論から申しますと、牧野様にはお会いできませんでした。 海外へ出張されているそうで、終わり次第戻られるそうです。 そして急な出張の為、携帯電話を自宅に置き忘れているそうで、、」

ですから、類様がお考えの様な監禁と言う物騒な出来事ではございません
ご安心を

「なら、俺が牧野に会いに行く! 海外なんて心配で仕方ない! それに携帯も持っていないんだろ? 万が一何かあったらどうする訳?」

こうなりますよね
分かっていたんですよ
そしてこの状況を打開するためには、、

「私が参ります。 類様はスケジュールが詰まっておりまして、とても海外など行けません。 私が類様に代わって牧野様にお会いし、携帯電話をお渡しした後、必ず類様に連絡をするように伝えて参りますので、類様はしっかりとお仕事をされて下さい」
「お前が? ここを出るときに、『牧野様に直接お会いし<類様に必ず連絡をするように>とお伝えいたします』と言ったくせに、その約束を守ることなく帰ってきただろ? 信用できない!」

ぶすっとした表情の類

初めてお聞きする私のモノマネ
やけに似ていると思うのですが、、何処かで練習を?
と、今はそれどころではありません

確かに、その約束は守れませんでしたが、類様がご想像されていた監禁と言う最悪な事態では無かったのですから、帰社してもおかしくないと思うのですが?
少なくとも、半日分の仕事を残して、、の急な外出だったのですよ?
と、こういう常識的な事が通用する類様ではありません

「分かりました。 今度は牧野様に直接お会いし、『類様に必ず連絡するよう』お伝えします。 もちろん、牧野様の携帯電話をきちんとお渡しいたしますので。 ですから類様は、こちらでしっかりとお仕事をされて下さい」

相変わらずぶすっとした類を横目に、田村は第二秘書に後を託し、出張の手続きを進める

これが最善策
牧野様の行先は分かっております

類様の代わりに私が行けば、全て丸く収まるのですから






関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-10 09:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-10 11:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-04-10 11:33

類君の扱いに慣れている田村さん
それでも、ここまで苦労しています

類君に、本当の事は言えない為、渋々NYへ出かける事に
しかもその要件が、、類君の伝言ですからね(笑)
もう、、ご愁傷様としか言えません

それでも、類君にきちんと仕事をして貰う為には、これが最善策と考えています

さて、どうなるのでしょう?
田村さんは、無事伝言を伝える事が出来るのでしょうか?
是非お楽しみに~~

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2018-04-10 11:37

新学期が始まり、慌ただしいですよね
初めは、記入する書類が多いですから
それに、役員決め、、これも大変ですね

さてお話、、
つくしちゃんの行方が分かっているの田村さん
でも、その行先を、類君の告げる事は出来ません
知られると、仕事を放りだして直ぐにNYへ行きそうですよね?
それを阻止すべく、田村さんがNYへ
しかも、つくしちゃんに伝言を伝える為だけですよ?
これって、秘書の仕事?
いいえ、、絶対に違うと思います

でも、類君がきちんと仕事を熟す為の苦渋の選択であり、最善策なんですよ
頑張れ! 田村!!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-10 14:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-04-10 16:03

お話の移動も、頑張っています
今はLET’S~の3シーズンです
「こんな事、あったなぁ、、」と懐かしく思いながら、修正しています

花沢類と言う男は、心の声に色を付けているでしょ?
修正する時に、それと同じ色があるかな?と、今から戦々恐々としています
頑張ります~~

さてお話、、
田村さん、NYに行けばつくしちゃんに会えると思っていますが、、どうなんでしょうね?
それにしても、伝言を伝える為にNYって、、有り得ない!!
それでも、類君をNYへ向かわせる訳にはいきませんからね

田村さん、、頑張って!!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-10 16:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきた~様

りおりお  

2018-04-10 18:05

田村さん、、必至です
今類君が仕事を投げ出すと、後々、自らの首を絞める事になり兼ねませんからね
それが分かっているだけに、、自らがNYへ

NY、、しかも司君の所へ行ったと知られれば、それこそ最悪の事態が想像できますからね
頑張る秘書! それは田村です!!

さて、どうなるのでしょうか?
お楽しみに

EDIT  REPLY    

Leave a reply