Welcome to my blog

もうひとつのfleurs printanières

9 オーストラリア

8



オーストラリアのカナナラにあるアーガイル・ダイヤモンド鉱山と言う場所で、つくしは滋と共に、土を弄っている

大きなつばの帽子に、スコップと水分補給のペットボトル片手に、ちまちまと掘り進めている

「これで見つかるの?」

つくしは、ポツリと疑問を述べる
余りにも広大な土地
掘削機を使い、ベルトコンベヤーの様な大がかりな重機の片隅で、スコップ片手に土を掘る二人は、まるで小さな子供が砂遊びをしているような印象だ

「出ると信じよう!」

滋の前向きな言葉が、どこから出てくるのか不思議だ
まるで潮干狩りの様に、少し掘ってみて出て来なければ、数歩先へ場所を移動しそこを掘ってみる
それでもだめならまた次へ、、と、これを繰り返している

「出るとは思えないんだけど、、そもそも、この土って、あの掘削機が掘り返したやつじゃない? だとすると、、出ないと思うよ?」
「チッチッチッ、、つくしは甘いね。 掘削機でも、見落とすって事があるでしょ? それに硬い土だと掘るのも大変じゃない? その点これなら楽だし」

確かに、柔らかい土は掘りやすい
でも、、出てきそうにない

「あのね、、大きい物を狙っている訳じゃないの? ほらっ、ネックレスの一部とかに使えそうな小さな物が良いなぁ、、って思っててね」
「なるほどね。 大きな物は掘削機が見つける訳だ」

手を動かしながらも、二人のおしゃべりは尽きない

「あのさっ、、つくしは、、類君が良いんだよね?」
「ん? 何が?」

「ほらっ、、結婚するならって事よ」
「///// 何を突然/////」

「だって、滋ちゃんが迎えに行ったとき、二人があまりにも自然っていうか、、」

その発言に、滋がまだ司に気持ちがある事を知る

「きっとそれは、、熱い友情?ってやつじゃないかな?」
「熱い友情?」

「そう。 ほらっ、滋さんもそうだけど、このバイトの目的は、類への誕生日プレゼントを買うお金の捻出でしょ?」
「うん」

「それを元カノの為にひと肌脱いでくれるんだから、そこにあるのは熱い友情でしょ?」

つくしは、笑みを称えながら告げる
そこには、嘘偽りが無いと分かる

「そっか。 あれは熱い友情か。 うん、そうだよね」
「そうそう。 それにいろいろあったけど、今もこうして友達として接してくれることに感謝してる」

「ふふっ、、滋ちゃんも、熱い友情だ」
「そうだね。 滋さんとも熱い友情で結ばれてるし、こうしてバイトさせてもらって感謝してる」

ふふっ、と二人は微笑みあう
そして視線を目の前の土に戻し、再び掘りはじめる

「つくしは、何をプレゼントするつもりだったの?」
「えっとね、、名刺入れだったんだけど、予定の金額よりかなりオーバーしたから、もっと他に良い物が無いか考える」
「じゃあさ、、ペア時計とかは?」

「時計?」
「うん。 二人で同じ時を刻むって事で、ペアの時計。 素敵じゃない?」

なるほど、、と、つくしも納得する
ペア時計も十分買えるお金が溜まっている
それに、『同じ時を刻む』と言うフレーズが気に入った

「そうだね。 時計にしようかな?」
「うん、、絶対類君も気に入ってくれると思うから」

二人は再び微笑みあう
そうしながら、、黙々と土を弄る

二人が探しているのはピンクダイヤモンドだ
つくしは、滋の為にと一心不乱に土を掘り返し、それらしき物が出てきたら入れ物に入れていく
後で洗い流し、ダイヤか他の宝石か、ただの石ころかを選別する事にしている

もちろん滋も、一生懸命土を弄る
が、こちらはただ土を掘り返し山にして遊んでいると言う感じだ

「よしっ、、ちょっと休憩しよう? 足が痛くなった」
「うん」

二人は、とりあえずそれらしき物を入れた入れ物を手に、立ち上がる
そして水でそれらの土を流してみるが、やはりどれも石ころだった

「残念だったね」
「あれほど頑張ったのにね」

落胆しながらも、しゃがみこんでの作業は足が痛い
とりあえず、休憩所として設けられているテントへ向かう
するとそこには、沢山の食べ物が置かれている

「さっ、食べよう?」
「えっ?」

「ほらっ、腹が減っては、、ってやつよ。 つくしも腹こしらえしないと、後半ばてるよ?」

確かにお腹も空いている
だが、食べすぎるとお腹がつかえて座り込むことが出来ない

つくしは、空腹を抑える程度と考え、目の前のフルーツに手を伸ばす
そして30分程の休憩を終え、テントを出た後、再び先ほどの場所へ向かおうとしたつくしを、滋が止める

「今度は、あっち方面を掘ってみよう?」

それは、先ほどとは真逆の場所だ
その先には、赤い旗が立っている

「旗が立ってる、、」
「えっと、、あそこら辺が、出そうじゃない?」

「どうして?」
「えっと、、ほらっ、、まだ誰も手をつけていないから、、」

「あぁ、、誰も手が付けていないと言う印の旗なんだ」
「そっ、、そうよ!」

どこか、しどろもどろっぽい滋の口調は気になるが、これだけ広い土地だと、どこを掘っても同じ結果だと思うし、元々滋に呼ばれてここに来た
それなら、滋の意見に従い、やるだけの事をやるのみだ

二人は、その旗の元へ近づく
すると、一メートル四方をロープで囲っている

「これ、、、何?」
「えっと、、たぶん、、この中が怪しいって事じゃない?」

「ご丁寧にこんな目印をつけて? なら、仕事関係の人が先にここを掘れば良いんじゃない?」

つくしは尤もな事を言う
その辺が出そうならば、真っ先に大河原社員が掘り起こしてもよさそうなものだ
それに周りを見ると、このような印はここのみだ

「えっと、、後で掘り起こそうとしていたんじゃないかな? でも今は、掘削の方で忙しいから、こちらに手が回らないんじゃないかな?」
「って、、そんな所を掘っても大丈夫?」

「大丈夫よ! もともとは大河原の物なんだし! 要は、私の物になるか、会社の利益になるかの違いでしょ?」
「確かに、、、」

「じゃ、、掘るよ。 たぶん、、あまり深い場所には無いと思うから、、」

やけに事細かな情報なんだけど?
先程なんて、やたらめったら掘っていたし、30センチ以上掘った場所もあったけど?
と疑問が浮かぶ中、言われた通りに掘って行く

すると、きらりと光る物がある

「あっ」

つくしは声を上げる

「何? あった?」
「これ、、」

それは、あきらかにピンク色した石だ
土などほとんどついておらず、手で払うと簡単に綺麗な輝きを放つ
まるで、そっと埋められたかのように、、、

「やった!! あったね!!」
「うん!!」

「まだ出るかもよ」
「あっ、、ここにも」

おかしい、、先ほどまでは、全く出なかったのに、、
と思う物の、出てくると嬉しい

二人は、お砂場ごっこよろしく、キャッキャッと土を掘り続ける
そして、一メートル四方に囲われた中から、数十個程のピンクダイヤモンドをゲットした



***

その頃、やっとシドニー国際空港に到着した田村
フライト時間や時差やらで、疲労困憊だ

失敗しました
何故私は、シドニー国際空港を選んでしまったのでしょう
オーストラリアといえばシドニーという浅はかな考えでした

調べましたところ、、
大河原カンパニーは今、カラナナと言うところで宝石の採掘事業をされていると言う情報を得ました

そのカラナナと言う場所ならば、ブルーム国際空港の方が近いのです
なのに私は、、シドニーに来ています
正反対なのです

失敗しました

悔やんでも仕方ありません
カラナナに行けば、牧野様にお会いできるのですから

さて、、ブルーム国際空港へ乗り継ぎますか、、
フライト時間は約4時間半
それに待ち時間と言う物もあります

しかも、ブルーム国際空港から更にバスで10時間と言う場所にカラナナはあるんです

はぁ、、
溜息しか出ません

と言うか私、ずっと飛行機に乗っている気がするのですが、、、

おっと、愚痴を言う前に、まずチケットの手配です
頑張ります!!






関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-14 09:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-14 09:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-14 10:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-04-14 11:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-04-14 13:41

滋さんのバイトは、採掘です
私もやってみたいです
金銀財宝、、掘りだしたい(笑)

滋さんも、初めはチマチマと土いじりから始め、食後は旗のある場所へ
なるべく自然い、、を装っているんですけど、あきらかに不自然ですよね
でも、不自然でも、ピンクダイヤが出たら面白い!!
次々と探して見たくなりますよね!!

さて田村さん
NYから飛び乗った飛行機はシドニー行き
オーストラリアも広いですもんね
でも、滋さんの場所らしきところが分かっただけでも儲け物?
とにかく、、頑張って、つくしちゃんに辿り着いて!

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2018-04-14 13:44

滋さんの作戦勝ちかな?
初めは、何でない土をいじり、その後、いかにもって場所の土を弄れば、出る出る、、
何もでないとやる気も失せますが、一つまた一つとピンクダイヤが出たら、嬉しいですよね
それに、、自分が見つけた!と言う快感は、更にやる気をおこしますね

さて、二人で嬉々と掘っていますけど、、なんか怪しくないですか?
なんで、滋さんは発掘と言うバイトをつくしちゃんに?
何が目的なんでしょうね?

そして田村さん
もう、、何をしているのか分らないでしょうね
ここ数日、ずっと飛行機に乗っている感覚になるのでは?
しかも、今は何月何日なのかもわからなくなっていない?
世界中を飛び回るって大変ですね

さて、、つくしちゃんに会えるかな?

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: キ~様

りおりお  

2018-04-14 13:47

皆が絡んできましたよね
しかも、類君のご両親も絡んでいます
これって、、単に類君の誕プレの為のバイトでは無いような?
さて、何かな?

それにしても、、嬉々としてバイトをしているつくしちゃんは、まあ良いとして、、
連絡の取れない類君は、発狂しそうなほどイライラしているし、
その類君を仕事に専念させるために、田村さんが奔走していますが、、田村さんが一番のハズレくじのような気がします

こんな上司を持つ秘書って、、大変ですね

さて、その田村さんの努力は、実るかな?

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-04-14 13:49

滋に頼まれたバイトは、発掘作業
午前中は、何もで無かったのに、、午後からは他のある場所を掘ると、、出るわ出るわ
そんな馬鹿な!ですけど、、出ると面白いですよね
疑う事も忘れ、嬉々として掘っているつくしちゃん
さて、どうなるんでしょう?

それと田村さん
もう、、ご苦労様、、としか言えません
せっかくNYへ来たのに、、直ぐにオーストラリア
しかも、オーストラリア内を再び飛行機で移動
その後、バスですか?
耐えられませんね

それもこれも、、全ては類君の我儘の所為ですから、、報われない、、
でもこの努力が、実って欲しいですね

EDIT  REPLY    

Leave a reply

10 暫しの休養
8 田村の苦労と類の驚き