FC2ブログ

Welcome to my blog

Ti amo<完>

49 嫁に下さい

14
牧野家に、聡と麗が訪れた
そして牧野家を前に、深々と頭を下げる

聡「大変申し訳ありませんが、つくしさんを私の息子の嫁に下さい」
麗「突然で申し訳ありませんが、大切に致しますし、決して辛い思いはさせません」

平伏すように頭を下げる二人に、牧野家も慌てふためく

晴「どうぞ顔をあげてください」
千「えぇ、私達も信じられませんが、本当に生きているんですよね?」

二人は、ゆっくり頭を上げ、美作からの報告書をかいつまみ、田村からの情報は全て話す
もちろん、類の言葉もそのまま伝えた

晴「そうですか。 類さんがつくしを守って下さって」
千「二人とも記憶を失くしながらも、共に支え合い生活を、、」

聡「本来ならば、つくしさんは司君の元に嫁ぐはずでした。
  それを記憶の無いまま息子は結婚式を挙げ、今もリパリ島で夫婦として生活をしています」

麗「本当に申し訳ありません。 
  あの子はたった一人の息子で、その子供の願いを叶えてあげたいと思うのが親でして。
  牧野様にしてみれば、寝耳に水でしょうし、うちと道明寺では規模も全然違います。
  つくしさんの将来を考えれば、道明寺に嫁いだ方が良いのでしょうが、、どうかどうか、つくしさんを類の嫁に下さい」
聡「お願い致します」
と、再び頭を下げる

千「あのっ、、どうぞ頭を上げてください。 
  私達は、類さんに感謝こそすれ、憎む気持ちも怒りも持っていませんから」
晴「そうです。 逆に類さんで良かったと思っているくらいですから」

その言葉に、聡と麗は頭を上げる

千「道明寺さんからは、行方不明になり一ヶ月程経った頃に、西田と言う秘書の方がハンカチ一枚を持って来られました。
  しかも、イタリア行きの旅券を手配したのは道明寺だからという事で、つくしの死亡保険金まで持参して」
晴「あそこは、元々つくしの事が邪魔の様でした。
  だから、早く幕を下ろしたかったのでしょう。 これ幸いと言った感じの応対でした」

千「それに、類さんの事は良く知っています。 ずっとつくしの事を気にかけてくれ、私達にも気さくに話しかけ、
  こんなボロ家に上がり込み、一緒に食事をした事もあります。
  私は、道明寺さんよりも、類さんの方がつくしを幸せにしてくれると思っていたんです」

晴「それより、、つくしを守る為に、類さんまで行方不明になっていたとは、、こちらの方こそ申し訳ありません」
千「本当に、ありがとうございました。 類さんが助けてくれなければ、つくしは今頃、、」
と、今度は牧野家が頭を下げる

麗「それでは、つくしさんを類の嫁に頂いても?」
千「えぇ、、どうぞよろしくお願いします」

牧野家の了承を取り付けると、二人は直ぐに行動に移す
晴男と千恵子のパスポートをその日のうちに作らせ、翌日には聡と麗と共に、機上の人となった
それはもちろん、晴男と千恵子にも、つくしと対面させる為だ

実際に会って安心させたいと言う思いと、両親を見れば記憶が戻るかもしれないと言う、淡い期待を胸に抱いての行動だった



田村は、あれからずっと類の勤務するホテルに泊まっている
既に二人が暮らす家も分かり、類が出勤する前には、その家の付近で待機し、出勤する類の一歩後ろを歩きホテルへ戻る

類「あんた暇? どこか観光にでも行けば?」
田「いいえ。 私はずっと後悔しておりました。 なぜあの時、類様を一人にしたのかと。
  ですから、もう二度と類様の傍を離れたくないのです」

類「じゃ悪いけど、つくしが出勤する前に、あいつを迎えに行ってくれる?
  短い距離だけど、あいつに何かあると困るから。 その間、俺はホテルから一歩も出ないからさ」
田「畏まりました」

そして時間になると、つくしの迎えに行き、つくしと共にホテルに来るのが日課となった
そして二人が仕事を終え、仲良く帰宅するまでの道のりにもついてくる

数日経つと、つくしもおかしいと感じ始め類に問う

つ「ねぇ、類? 田村さんって何者? 
  初めはこんな所に同郷の人がって事で嬉しいのかな?って思ったけど、観光もしていないし」

そろそろ問われるだろうと思っていた類は、正面からつくしに向き合う

類「驚かないで聞いてくれる?」
つ「うん」

類「あいつ、、俺の秘書なんだってさ」
つ「えっ?」

途端、つくしは不安な表情に変わる
そのつくしをギュッと抱きしめる

類「大丈夫。 俺とツクシを夫婦として認めるつもりがないのなら、放っといてって言ったから。
  それがまだここにいるって事は、、多分、、、俺達本当の夫婦になれるのかも?」
つ「本当の夫婦?」

類「そっ! だから何も心配いらない。 
  場所は変わるかもしれないけど、俺達はこれからも共に同じ未来を歩めるから」

その瞳は自信に満ち溢れ、不安など一切見られない

つ「うん。 分かった。 類と一緒なら、どこへでもついて行く」
類「ん、、ありがと」

二人は笑いあい、類が顔を近づける
そして今夜も甘い一夜が始まった




にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



14 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 09:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 09:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ゆきり〜様

りおりお  

2018-09-30 10:44

類君のご両親は、直ぐに日本へ飛び、牧野家に頭を下げました
これには、牧野家もビックリでしょうね
見つけてくれただけでも感謝ですし、記憶がなくても一緒に暮らしていると言う事は、心強ですよね
異国の地ですから、一人寄りは二人!
それに牧野家は、類くんの事をよく知っています
何度も家に足を運んでいましたから
そして、類くん自身の人柄もよく分かっています

そして、こうして両親自ら訪問して、報告してくれた事に、花沢家の人柄を感じました
類君との結婚に反対するはずがない!

しかも、一緒に現地へ向かうという行動!
二人の記憶を取り戻すキッカケと、両親にも安心させたいと言う思いでしょう

類くんのパパとママは、すごく良い人ですね

EDIT  REPLY    
Re: mayumi〜様

りおりお  

2018-09-30 10:52

花沢家の対応は、頭が下がりますね
そんな花沢家だからこそ、牧野家も安心して任せられるのでしょう
それに、類くんは牧野家に馴染んでいるし、牧野夫妻もよく知っている
心配は無用でしょう

とにかく、つくしちゃんが生きている!
それだけで、牧野家は嬉しい知らせですよね

さて、皆で現地へ向かいました
どうなるかな?
お楽しみに〜

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 11:39

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 14:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-09-30 14:04

類君の両親の行動は早かったですね
それはもちろん、早く入籍させ仕事に復帰して貰いたいと言う思いもあるし、妊娠する前に出来れば手続きを完了したいと言う思いでしょう
そして、、つくしちゃんを保護したい気持ちもあるのでは?

類君と司君は親友ですから、類君とつくしちゃんが結婚するとなれば、ずっと隠し通せない
その時の司君の行動が分からない
その為、早急につくしちゃんを保護したい、、

大河原の方は、つくしちゃんが生きていると判っても、既に類君の妻になっているとなれば、これ以上の事はしないはず
いろいろ考えての素早い行動でしょうね

そして牧野夫妻も、花沢の両親は信じられると感じています
こうして自分達に頭を下げ、直ぐにつくしちゃんのいる場所まで連れて行ってくれると言う行動
大企業の経営者ですけど、バックグラウンドで人を見下したりしないと言う事が良く判りましたから

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 14:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきた~様

りおりお  

2018-09-30 14:35

ゆきた~様!!
面白い!!
台風が来ています
まさしく、昨夜からずっとジョーズのテーマ曲が流れている感じです(笑)
朝から昼ごろまで雨すら降っていませんでした
昨日のうちに、今日の分の買い物を済ませていたのに、今朝もコンビニに行きました(笑)
気分は、今回も停電になる!と言う気持ちでのスタンバイ
懐中電灯を机の上に並べています
そして昼食後に順に風呂に入りました
この後洗濯をして室内に干します
前回は、丸一日半も停電になり、洗濯物が溜まっていたので、、
今夜は停電になってもガスで湯を沸かしてのカップめんです
でも、、出来れば停電は避けてほしいなぁ
冷蔵庫の中の物をすべて処分する事になるので、それだけは~って感じです

さて、、
牧野家は、喜んで花沢家につくしちゃんを託しました
類君が守ってくれた命です
そしてこうして自分達に頭を下げてくれる両親です
何の文句も無いですよねぇ

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: キャ~様

りおりお  

2018-09-30 14:43

田村さんは、二度と類君から離れたくない一心でしょうね
また何かあったら、、と思ってしまう

そして類君の両親は、さすがです
つくしちゃんの両親に頭を下げて、とにかくお願いをしました
そりゃ、お付き合いもしていないのに、結婚させて欲しいと言う頼みですからね
しかもつくしちゃんは、司君の婚約者ですからね

でもつくしちゃんの両親は、道明寺より花沢の対応の方が信頼できるし任せられると思っています
そりゃそうだ!!

そして皆で、リパリ島へ
両親を観たら、二人の記憶は戻るかな?
お楽しみに~

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 17:08

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: さとぴ~様

りおりお  

2018-09-30 17:49

花沢夫妻は、人間として信頼できる人ですよね
道明寺とは大違い!と、牧野夫妻も思った事でしょう

つくしちゃんが死んだと言うのなら、秘書では無く本人が伝えに来るべき
例えそれがハンカチ一枚が見つかったと言う判断だとしても!です
でもそれをしなかった

その点、花沢夫妻は直接会いに来てくれ、そして頭を下げます
確かに、つくしちゃんが見つかったばかり
それなのに、嫁にくれ!とは唐突です
しかも記憶が無い
この状況で、直ぐに嫁に出せる訳がない

でも、この人達なら大丈夫
しかも、類君が守ってくれたから、今生きている
類の事も良く判っている
嫌な部分が全然無かった
だからこそ、直ぐに結婚を了承したのでしょう
そして、一緒に面会に行くと言う行動も嬉しかったはず
どちらに嫁がせた方が幸せになるか、一目瞭然ですよね!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-09-30 20:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: まりぽ〜様

りおりお  

2018-09-30 20:58

花沢家の対応は、牧野家としても尊敬できる物
類くんが守ってくれたおかげで、記憶をなくしているとはいえ、生きている!
それだけで嬉しいですし、確かに突然の結婚の申込みですが、類君のこともよく知っている
決して嫌な印象は受けなかった
道明寺に嫁ぐよりも、花沢に嫁いだほうが幸せになるだろうし、少なくとも楓さんよりも麗さんの方が、嫁姑問題も無さそう
牧野家にとって、反対する理由はありません

それを受け、直ぐに二人を伴いリパリ島へ向かう行動も、嬉しいですよね
自分たちの心情を、よく理解してくれている!と思いますし!

さて、類くんの希望が整いました
良かったね

EDIT  REPLY    

Leave a reply