FC2ブログ
Love Crystal<完>

1

4
heart-1958402_960_720.jpg



類の出張が決まったのは、今から三カ月も前の事

「つくし!! 神戸に出張が入ってさ。 一緒に行くだろ?」
「神戸? 行きたい!! 異人館に行ってみたかったの」

「くすっ、、だろうと思った。 じゃ、気分転換も兼ねて行こうな?
前日入りするからさ、早めの新幹線で神戸入りして、半日は異人館めぐりしようか?
その翌日は仕事だから、つくし一人で過ごすことになるけど、、」

「うん、、大丈夫。 一日ぐらいだったら、その辺をブラブラしておくから。
それより、半日でも類と一緒に異人館を見られる方が、すごく楽しみだもん」


入籍して早三年
その間、愛する夫との幸せな日々、、、
だけではなかった

実際は、周りからのプレッシャーがかなり大きい

やはりジュニアとの結婚は、子供を産むことが暗黙の了解のようで、ここ一年は『子供はまだ?』と言うニュアンスを耳にするようになった
もちろん、類はそういう事を一切言わない

『気にするな、、授かりものなんだから』
と、安心させる言葉を告げる

もちろん、私もそうだと思っている
でもやはりプレッシャーは大きくのしかかる

どうして授からないんだろう?
きちんと、そういう行為もしているのに、、

そして、、
今回のように、泊まりがけの出張にも、いつの間にか、毎回同行するようになった

『俺さ、、あんたと一緒でないと寝られないから』

そう言われたら、『気を付けて行ってらっしゃい』とも言えなくて、、
嬉々としてついて行っている


それもこれも、、
結婚と同時に仕事を辞め家庭に入った為、自由な時間があるからだ

もし、妊娠という事になれば、
大切な花沢の跡取りだし、万が一の事があってはならない

そうして満を持して家庭に入った物の、なぜか授からない
家庭と言っても使用人のいる大きなお屋敷
私のする事は何もない

せいぜい、、
類の夜のお相手ぐらいだろうか、、

でも、、
授からない


そりゃ、
皆さんがコソコソと言いたくなる気持ちも分かる


「はぁ、、」
と、溜息が出始めた頃、類が出張と言う名の旅行に同行させるようになった

家にいると気分が滅入る為、嬉々としてついて行く


今回は、神戸
その前は広島
その前は金沢、福岡、名古屋、仙台、札幌、、
こうして考えただけでも、どれくらい同行している事だろう?

そして、、増えていくのはガイドブック


今回のように、類の仕事について行く事になるのだから、
当然類が仕事中は、私は一人で観光という事になる

もちろん、私が傍にいても良いのかもしれない
でも、仕事に関して何も知らないし、私がいても邪魔になるだけ

だからこそ、ガイドブックで一日の予定を立てて楽しむ事にしている

それでも今回は、半日一緒に居られる
これはとても珍しい事

いつもなら、前日の夜にホテルにチェックインがほとんど
その翌日は仕事で、その日の最終便で東京に帰るのが何時ものパターン

だからこそ、その半日を楽しみにしていた


異人館も見学するには入館料が必要だし、全部を見て回るには、それなりに時間がかかる
翌日の仕事の為に、打ち合わせもあるだろうし、半日と言ってもせいぜい自由になれる時間は3時間ほどだろうか?

なら、数館だけをピックアップして見て回らないと、、
と、ガイドブックと睨めっこして過ごしていた

それぐらい、、

すごく、、
すごく、、

楽しみだった
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2017-01-30 09:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2017-01-30 12:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
ノエ様

りおりお  

2017-01-30 13:02

こんにちは

前作とは、全く違ったお話です
6話ぐらいかな?
短い物です

つくしちゃんと類君は結婚してラブラブです
でもどうしても、跡取りと言うプレッシャーからは逃れられません
これ、結婚したら必ず付随する悩みだと思います

さて、類君はその事を判っているのでしょうか?
楽しんで下さいね

EDIT  REPLY    
てる~様

りおりお  

2017-01-30 13:03

こんにちは

ふふっ、、どうでしょう?
その辺は、明日分りますよ

是非、楽しんで下さいね

喉まで出かかっていますが、ジッと我慢しております(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply