FC2ブログ

Welcome to my blog

Rain<完>

16
マンションへ戻ったつくしは、ベッドに崩れ落ちた

自分から別れを告げ、類の幸せな未来を願った
だが、まだ別れて四日目
こんなに早くあたしの事を忘れ、他の人へ目を向けるとは思わなかった
あたしと同じように、暫く傷心で涙にくれ、その傷が癒えるまで時間を要すると思っていた

その上、新たな恋の相手として静さんを選ぶとは思いもしなかった
確かに半年ほど前に離婚したと類から聞いた
今度は幸せになれると言いな、、と、しみじみと語っていた
そこには淡い恋心は既に無く、本当に姉を慕う弟のような感じだった

でも幼い頃から気心の知れた相手
姉を慕う弟のような思いも、再び恋心に変わっても不思議では無い
なぜなら、、あたしには判らない絆が二人にはあるから

あるのは分かっているけど、、
分かっているけど、、
あたしがとやかく言う筋合いはないけれど、、

せめて一年
ううん、半年ぐらいは、そう言う報道は無いと高を括っていた

そんな自分のおごりが恥ずかしい
こんなに自分が傷付く事が恥ずかしい

すでに別れているのに、、
もう類は、ここに来る事は無いのに、、

未だベッドに類の匂いが染みついている
あたしに触れる感触も、触れる手も、囁く声も、ハッキリと思い出せる
それ位この部屋で、このベッドで何度も抱かれた

つくしの視線は部屋をさまよう

キッチンで並んで洗い物をした
寝ている類を叩き起こし、ベッドシーツを引っぺがした事もある
並んでテレビを見て、お揃いのマグカップでコーヒーを飲んで、、
それで、、
それで、、

つくしは自然に類の痕跡を辿ってしまう

思ってはいけないのに、訪ねて欲しいと思ってしまう
思ってはいけないのに、触れて欲しいと思ってしまう
思ってはいけないのに、キスして欲しい、、
キスして、、
キス、、

ポロリ、、
一粒の涙が頬を伝う

類の唇は、もうあたしの唇に触れる事は無いのに、、
類の手は、もうあたしに触れる事は無いのに、、
――あたしは今もそれを夢見ている




今日は雑誌の発売日
あの記事を見て、牧野は何を思うだろうか?

ホッと安堵し、心置きなく司の手を取りNYへ行くだろうか?
相手が静と分かり、少しばかりの苛立ちを覚えるだろうか?

類は仕事の手を止め窓辺へ向かう
その窓には雨粒が打ち付けている

そういえば、牧野と別れたあの日から、ずっと雨ばかりで青空を見ていない
重く閉ざすこの薄暗い雲は、まるで俺の心のようだ

この心の雲は、何時か晴れるだろうか?
無理だろうな
牧野と言う青空を見てきた俺には、もう青空を見る事は無い




つくしは、ゆっくり体を起こすとシーツを剥がす
小さなフォトフレームもペアカップもクッションも、類との思い出や類が触れた物をごみとして捨て始めた
だがその手も途中で止まる

「もう、、何なのよ! これじゃ、この部屋の物が全て無くなるじゃない」

つくしは拳を床に叩きつける
やるせない気持ち、苛立ち、嫉妬、、色々な感情が湧きあがる

そんな時、インターホンが鳴った
ドキッとつくしの胸は高鳴る
そして期待と不安が湧きあがる

もしかして、、
もしかして、、
もしかして、、

いや、まさか、、
でも、もしかして、、

交錯する気持ちの中、つくしは玄関のドアを開けた
すると目の前にはタマが立っていた

「つくし。 元気かい?」
「えっ? タマ先輩、、なんで?」

「坊ちゃんから頼まれて、あんたの様子を見に来たんだが、、ちょっと上がらせて貰うよ」
「えっ! ちょっ、、ちょっと待って、、」

今、部屋はかなり散らかっている
とても人を上げられる状態では無いのだが、タマは勝手に上がり込み奥へと進んだ
そしてその現状を目の当たりにすると、クルッと振り返る

「つくし。 暫くホテルへ行こうじゃないか。 こんな部屋じゃ寛げないだろ?」
「いや、これは模様替え中で、いつもはこんなんじゃ無くて、、」

つくしは焦りながら弁解する
その姿をジッと見つめるタマ

「良いから行くよ。 二、三日分の着替えを用意しな! ほらっ、サッサと動く!」

タマには逆らえないつくし
それに気分転換の為には丁度良いとも考え、大人しく荷造りを始めた

「眼鏡も忘れるんじゃないよ!」

タマの言葉に、何もかも知った上で此処に来た事が分かった
そして初めからホテルへ連れていくつもりだった事も

あいつに迷惑を掛けるつもりは毛頭なかった
だが結果的にかなり迷惑をかけているし、NYから一時帰国しているのも自分の為だと判っている
それでもあいつの手を取るしかなかった

――これから一人で生きていく為には





にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

16 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 09:26

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 09:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 09:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 10:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: おち〜様

りおりお  

2019-04-22 10:49

類くんとの別れを決めたのは、つくしちゃん自身
そこには、類君への幸せを願っての事

でも…
もう少し、自分と同じように塞ぎ込んでほしかった
そういう思いが、つくしちゃんにはあります

まだまだ、つくしちゃんの心は平静ではいられないようですね
今の姿を見れば、類君だってすぐに気づくのに!

現れたのはタマさん
何もかも知っている様子
さて…つくしちゃんには、何が起こっているのでしょうね

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り〜様

りおりお  

2019-04-22 10:52

類くんも、つくしちゃんに当てつけるようにS嬢とのキスシーンが含まれた雑誌を黙認した
でもその心は晴れません
S嬢との久しぶりに会ったにも関わらず…です
そんな気持ちなら、今すぐにでもつくしちゃんに会いに行けばよいのに…
司くんの元へ行ったと思っている類君は、その一歩が踏み出せません
今のつくしちゃんの姿を見れば、何かあった事が分かるのにね

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ〜様

りおりお  

2019-04-22 10:57

類くんも心が晴れない
だったら、もう一度ぶつかれば良いのに!
でも、それが出来ない
相手は司くんだと思っているから

原作でもそうですけど、相手が司くんだと一歩引きますよね
唯一、立ち向かったのはNYの一件だけ
その後も、つくしちゃんの気持ちを振り向かせるんではなく、そっと寄り添い続け、司くんとの仲を取り持った
あの時、なぜ強引に出来なかったのか?
そうすれば、原作も変わっていたかもしれないのにね

と言うことで、今回もダメダメ類くんです
今、つくしちゃんに会いに行けば、状況が少しは分かったかもしれないのにね

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり〜様

りおりお  

2019-04-22 11:00

おぉ…
目には目を!作戦ですね
司くんとつくしちゃんのスクープで、類くんに嫉妬をさせる作戦!

でも…司くんはそんなことしません
出来ないんです
なぜなら…

そこは、明日わかるかな?
でも…つくしちゃんの今後を心配しているのは事実
そして、手を差し伸べているのも事実

さて…何があったのでしょう?

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 11:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: シマエナ~様

りおりお  

2019-04-22 12:34

つくしちゃん、辛いですね(>_<)
まだまだ、類君との別れに時間がかかりそうなのに、類君は既にS嬢との道を歩み始めている
辛いですねぇ

類君との思い出の品を捨てようと思ったら、部屋の物が全て無くなるような勢い
それだけ一緒に居た時間が長いと言う事
辛いですよねぇ

そしてそして、、総ちゃんと心音ちゃんの神の領域は、まあ思いついたら?って事で
確かにその部分をガッツリは無理ですけど、その前後なら何とかなるかもしれませんね
前向きに検討させて頂きますね

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 12:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: シマエナ~様

りおりお  

2019-04-22 13:48

は~い
気長にお待ちくださいねぇ

とりあえず今は、こちらのお話を何とかしたいです
類君がだらしない!!

今、つくしちゃんに会わないでどうする!!
会えばすぐに判る事なのに、、

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 18:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-04-22 19:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: みわ~様

りおりお  

2019-04-22 21:07

つくしちゃんの気持ちを思うと辛いですね
別れたくて別れた訳じゃ無さそうです
でも類君は、司君の元へ戻ると思い込んでいる

どうしてつくしちゃんは、類君に本当のことを言わなかったのか?
そこですよねぇ

そんな時、タマさんの登場
こちらは司君から言われてきている様子
そして何もかも知っている様子

一体つくしちゃんは、何を抱えているんでしょう
つい口が滑って話してしまいそうになりますが、明日までお待ちくださいねぇ

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: オレンジ~様

りおりお  

2019-04-22 21:13

はじめまして

類君贔屓の総二郎もそこそこ好きなりおりおです(笑)

さて、今回のお話、、
つくしちゃんに眼鏡、、という時点で、怪しいと思いますよね
うふっ、、と笑って誤魔化しておきます

それに、類君と別れたくて別れた訳では無い事は判ります
今もかなり引き摺っています
おかしいぐらい、今も類君の事が好きなんです
でも別れなければならなかった、、
一体何があったんでしょう?

しかもS嬢が類君に接近しているのも気になりますね

是非楽しんで下さいませ
毎日更新できるよう頑張りますね

コメント有難うございました

EDIT  REPLY    

Leave a reply