FC2ブログ

Welcome to my blog

LET'S AFTER ♫<完>

番外編④ (光音編②)

14
静と光音は、大学のカフェテリアでランチをしている

「今日のランチは最低ね。 この肉なんて筋があるもの」

テーブルマナーは完璧だが、どうして文句ばかり言うのか分らない
少なくとも俺の家では、出された物は何でもありがたく頂く事!と言われてきた

「あのパーティーで光音は会場中で一番目立っていたわ」
「そうかな?」
「えぇ。 沢山のフランス男性が私に言い寄ってくる中、私の目はあなたに釘付けだったもの」

だから?

「でも連絡先を交換する前に帰られてショックだったの」

会社のパーティーだろ?
そんな中で、個人の連絡先を交換する?
両親達ならいざ知らず、仕事もしていない俺達が?

「その後、私の留学期間が終わり、渋々日本に帰国したのよ?」

だから何?

「あの時、ご一緒されたお姉さまが、先日ご結婚されたのは驚いたわ。 まだ18歳でしょ?」
「えぇ。 そうです」

「思い切った事をされたわよね。 これから楽しい日々が待っているのに」

結婚したからこそ、楽しい毎日だよ!

「でもお相手がゲイツ家なら納得だわ。 あそこと太いパイプが得られるんですもの」

はあ? 何を言ってる?
仕事抜きで二人は思い合っての結婚だけど?
それに結婚前から、ゲイツ家とのパイプはあるんだけど?

「まあ、ご両親も音楽活動は秀でていても、仕事は親の会社を渋々継いだ形ですから大変だったのかしらね」

父親は仕事の方も完璧に熟しているし、あんたに心配される筋合も無い

「だから18歳の娘を嫁がせる決断をしたのでしょうね。 
パパが言っていた物。 あの結婚で花沢の株はうなぎのぼりだって」

この女、、何様?

ここまで黙って聞いていた光音は、堪らず口を出す

「二人は愛し合っての結婚です。 決して仕事絡みではありません」
「まあ、そう言わざるを得ないわね」

この女、何が言いたい訳?
両親を侮辱する為に俺と食事を?

「藤堂さん。 何が言いたいんですか?」
「あら? 私の事は、静で良いわ」

「じゃ静さん。 両親を侮辱するならもう帰っても良いですか?」
と言いながら光音は立ち上がる

「機嫌を損ねたのなら謝るわ。 ごめんなさいね。 でも本題はここからよ」
「本題?」

光音は、もう一度座り直す

「えぇ。 光音にとっても凄く良い話だと思うの」
「何ですか?」

「単刀直入に言うわ。 私と結婚を前提にお付き合いしない?」
「はあ?」

突然の突拍子もない発言に、光音は呆けた声を出す
それを静は、驚きとと共に喜んでいると勝手に思い込む

「私達、凄くお似合いのカップルでしょ? ほらっ、美男美女だし注目の的だわ。 
それでね、光音には藤堂の籍に入って欲しいの。 
私一人っ子だから会社を継ぐ必要があるのよ。 
光音の家は、まだ下に男の子が二人もいらっしゃるから、光音が抜けても大丈夫でしょ?」

この女、、何を言ってる?
何で俺が、こいつと付き合わないといけない訳?
結婚?
冗談じゃない!!

「でも今時6人も兄弟がいるって凄いわよね。 
それって仕事よりもあっち方面を頑張っていた事でしょ? 
それとも子供を有名どころに嫁がせて、潤う作戦かしら? 流石よね」

何が流石な訳?

「あっ、、私、体にも自信があるの。 
ご両親のように6人もは無理だけど、二人ぐらいなら全然大丈夫よ。 
それ以上となると、体のラインが崩れるから、、ごめんなさいね」

これが本題?
こんなバカげた話をする為に、俺とのランチをセッティングした訳?

「話はそれだけ?」
「あっ、私の連絡先、、」

そんな物、いるか!!
と席を立ちあがろうとした時、入り口が騒がしくなる

何事?とそちらを向くと、頭からペンキを被った女性が逃げ込むように入って来たが、入り口で唖然と立ち止まる
ここがカフェテリアと気付いたからだろう
その女の子を追いかけるように入って来た数人の男女
手には、掃除に使うデッキブラシなどが握られている
制服から高等部と分かる

そしてペンキまみれの女の子は、、
いつも非常階段にくる、、橋本さん?
えっ? どうして?

光音は、この現状に驚き声が出ない

カフェテリアはペンキのシンナー臭が漂う中、、
橋本と光音の視線が合う
すると、橋本はサッと視線を下に向ける

「お前、何て所に入るんだよ!」
と一人の男子がデッキブラシを橋本の足に振り落す

ガシッ
それは、かなり鈍い音

「痛っ、、」
という声と共に、橋本の身体は崩れ落ちる

信じられない光景に、光音の身体は震える

こいつら、、何をやってる?

「バカ! んなところに寝っ転がるなよ!」
「床が汚れるだろ!」
「後でお前が掃除しろよ!」
といろんな罵声を浴びせながら、デッキブラシで橋本を叩きまくる

その時、、光音の耳に信じられない声が聞こえた

「クスッ。 なんて汚らしい子。 カフェテリアが汚れるじゃない。 
それに此処は高等部が来るような場所じゃないわ」

光音は、サッと携帯をポケットにしまうと静を見据える

「俺も高等部だけど?」
「光音は良いのよ。 だって私のフィアンセになる人だもの」

はあ?
バカな女
自己中で自信過剰もここまで来ると見事な物だ
きっと誰もが自分に惹かれると思ってるんだろうな

「おあいにく様! 俺は、あんたと付き合う気も無いし、フィアンセなんて死んでも嫌! 
もちろん藤堂商事なんてクソくらえだ!」

その言葉に、静は初めて動揺を見せる

「光音? 何を言ってるの? 私と会社が手に入るのよ? こんな魅力的な話は無いでしょ?」
「それのどこに魅力が? あんたみたいな心の汚い女は、一生見たくない! 
それにこんな娘に育てる親も大した事無いね。 きっとすぐに会社も潰れるだろうな」

それを告げると、真っ直ぐ橋本の元へ向かう
そしてブラシを振り回す男の手から、ブラシを取り上げると大声で叫ぶ

「お前らいい加減にしろよな! 一人の女の子を虐めて何が楽しいんだよ!」

「あっ、いや、、だってこいつの家は貧乏で、、」
「貧乏人が英徳に来るのは品位が下がるから、、」

光音の迫力にタジタジになる男女
光音は、サッとジャケットを脱ぎ、その中心で丸くなっているペンキだらけの橋本の顔を隠すように覆うと、ゆっくり抱え上げる

「貧乏とか金持ちとか関係ないだろ! こうやって虐める事こそが品位を汚してるって判らない?」

今度は大学生に向かって叫ぶ

「この状況を見て、どうして誰も止めに入らないんだ? 
あんたら何を学んできた? 帝王学や紳士淑女教育より、心の教育をやり直せよ!!」


それを告げた後、クルッと踵を返しカフェテリアを後にする

色々な事があり、沸々とした怒りが湧いてくる
それを止める術が見つからない

なぜなら、、
怒りと言う感情を、今初めて知ったから





にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 09:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2019-07-18 09:44

光音君は、ビシッと告げましたね

S嬢の高飛車な言葉にも反吐が出るくらい辟易していた
虐めを目の当たりにして耐え難い憤りも感じ、初めての怒りと言う物を覚えた光音君

上級生は敬うようにと言う教育もなんのその、大学生に対しても叱責し、もちろん虐めをしている高校生に対しても恫喝し、S嬢にもバシッと告げました

流石ですねぇ
それもこれも、類君とつくしちゃんの育て方が良かったからでしょう

さて、、これからどうなるのか?
お楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 09:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 10:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 11:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 11:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
承認待ちコメント

-  

2019-07-18 12:23

このコメントは管理者の承認待ちです

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: chawa~様

りおりお  

2019-07-18 13:06

光音君は、一番人に聡い
良し悪しを見抜ける人物ですよね
そんな中で、S嬢に対しては悪い印象しか抱かなかった
その為、会話を録音すると言う行動に出た
案の定、S嬢の一方的な口撃に辟易する光音君

そんな中、高等部の虐め、しかも相手は橋本さん!!
大学生は傍観するばかりで誰も止めようとも注意しようともしない
そんな中でS嬢の「くすっ」と言うバカにした笑い
光音君の沸点が切れたようですね

色々あった光音君も、凄くカッコイイ性格の男性に変貌していますね
こりゃモテるわ(笑)

明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2019-07-18 13:10

光音君の初めての怒り
自分の事ならいざ知らず、家族の事をこれだけバカにされS嬢に対しては沸々とした怒りが湧いていた
それに加えて高等部の虐めです
しかも壮絶な虐め
堪忍袋の緒が切れたって感じですね

大学生たちも傍観するだけで誰も止めようとしない
S嬢はやっぱりと言うかバカにした笑いを洩らすし、高等部の生徒たちも単に貧乏だからという理由で虐めている
何もかもに憤った光音君
これだけ憤る事は初めてで、自分でも抑えきれない沸々とした怒りを鎮める方法が分からないようです

でも、、此処でよく言えた!!
カッコいいぞ!!
ほんと、心の痛みが分かる大人になったよねぇ

って事で、明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: シマエナ~様

りおりお  

2019-07-18 13:15

そうなんですよ!!
原作でS嬢がつくしちゃんを見て「くすっ」と笑う描写は、私も沸点を超えるぐらいキ~~と苛立つシーンです
何でこんな人がもてはやされる訳?
何でこんな人を類君は好きな訳?
何でよぉ、、と、叫びたくなりました
それからずっとくすぶっています
もちろん、その辺のお話はスルーです

でもね、それを声に出して言っても、理解してくれるのは類つくファンだけなんですよぉ(>_<)
他のCP作家様は、そこまで苛立たないらしいです、、(悲しい)

って事で、光音君にビシッと言って貰いました
光音君って、誰にでも優しいですよね
でも怒る時は怒るんです!!
と言うか、この事件で初めて怒りと言う感情を知った感じです
これがまた光音君を大きくさせるんでしょうね

明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2019-07-18 13:17

S嬢は、原作からも自信満々と言うか高飛車と言うか、自分が中心でいる事が当たり前という感じですよね
それを光音君がビシッと諭してくれました

原作でも、類君がビシッと言って欲しかった
類君にとってS嬢は姉のような存在と言うけれど、こんな姉は必要ないと思う、、
どうなんだろう?

さて話は戻って、、
虐めを受ける橋本さんを助けた光音君
その心は憤りで一杯です
これ程腹が立つ事は初めてなんでしょうね

この後どうするかな?
明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: 祐~様

りおりお  

2019-07-18 13:22

光音君、ビシッと言いました
大学生に対しても、S嬢に対しても、高校生に対しても!!
それ位、怒りまくっています

もちろん橋本さんへの気持ちもあると思います
それ以外にも、虐めの度合いが酷過ぎる!!

色々な感情が生まれているようですね
もちろん、つくしちゃんラブは変わらないと思いますよ
でもそれは、母親を労わる気持ちに変わっていると思います
ほんとに、良い性格に育っていますよねぇ
それもこれも類君とつくしちゃんの育て方でしょう
素晴らしいです

明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-18 14:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: まりぽ~様

りおりお  

2019-07-18 16:48

光音君、立派になりましたねぇ

幼い頃から愛情たっぷりに育てられ、愛しても実らない恋がある事を知りました
それでもグレる事無く、変わらず母親を労わり妹や弟たちのお世話もしっかりと熟し、人を見る目を養ってきました

そんな光音がS嬢に接した時、直ぐに嫌悪感を抱いた
そこから、高校生によるイジメを目の当たりにした時、光音の何かが切れましたね
これ程の憤りを感じたのは初めてです

どうして自分よりも年上の人達が傍観しているのか?
なんで「くすっ」と笑えるのか?
我慢ならない光音が初めて声を荒げました!!

カッコイイですよね
純粋にそしてまっすぐ育っています
類君の自慢の息子ですね

さて、、この騒動、どうなるのでしょう?
明日も楽しんで下さいね

EDIT  REPLY    

Leave a reply