FC2ブログ

Welcome to my blog

LET'S AFTER ♫<完>

番外編⑤ (光音編③)

10
光音はまっすぐ駐車場へ向かう
すると腕の中の橋本が小さな声を出す

「助けてくれてありがとう」
「いや、もっと早く助けるべきだった。 ごめん」

「ううん。 それより降ろしてください。 花沢先輩まで悪く言われるかもしれないから」
「言いたい奴には言わせておけばいい。 それよりこれペンキだろ? 頭や体に着いた所も取れるかな?
ちょっとこのまま俺ん家までおいで?」

すると腕の中の橋本は、ビックリする

「とっ、とんでもない! 花沢先輩の家だなんて、とてもとても」
とじたばた暴れはじめる

「ジッとしてて! 落とすだろ!! それよりあんた何年何組?」
「一年A組ですけど?」
「分かった」

この光音の光景は、あっという間に英徳中に広がっていく
麗しの天子様が、女子生徒を抱きかかえて歩いているのだから、広まらない訳がない

駐車場に着くと、光音はゆっくり橋本を降ろす

「乗って」

有無を言わさない迫力に、橋本も素直に従うしかない
運転手も何事?と思うが、光音の難しい表情に何も聞けない

「すぐ家に帰ってくれる?」
「畏まりました」

車が動き出すと光音は携帯を取り出す
それは、未だ録音中のままだ
それを停止させるとすぐ心音に電話をする

『あっ、にいに? 凄い噂が此処まで届いているんだけど?』

心音の興奮した声に、伝達の早さを知り光音もビックリだ
だがその方が話が早いとばかりに続ける

「ココ。 悪いけど高等部一年A組橋本真由美さんの荷物を取りに行って、今すぐ家に戻って!
ハオとし~ちゃんも一緒に! それと今日は総おじさんの稽古は中止して!」

普通なら稽古だけは行く!という心音も直ぐに同意を示す

『分かった』

そのやりとりを聞いていた橋本は、顔面蒼白だ
何かとんでもない事態になっている事が分かるし、可憐な一輪の花(心音の事)が自分の荷物を取りに行く?
それも信じられない

「私の荷物はどうでも良いですから」
「そんな訳にはいなないだろ? あっ、髪がバリバリになって来た。 大丈夫かな? これシャンプーで取れるかな?」

何ともマイペースな光音に、橋本はもうどうにでもなれ!の気分になってくる
現に車は麗しの天子の家に向かっているし、自分はペンキまみれ、、
ん?

ここで橋本は、ハタと気付き、そろ~とシートベルトを持ち上げる
案の定、シートベルトにべっとりとペンキがついている
という事は、座席にもついている可能性が高い

「すみません。 私の所為で、この車ペンキだらけに」
「気にしなくていいよ。 落ちなければ何かの模様って事にすればいいんだから」

光音の言葉に追随するように運転手も告げる

「車の事はお気になさらずに」
「本当にすみません」

橋本が謝った所で、車は花沢邸に着いた

「降りて」
「はい」

降りるとその家の大きさに橋本はアングリと口を開ける
その表情に、光音は思わず吹き出した
そんな光音に運転手はソッと告げる

「素敵なお嬢様ですね。 頑張って下さいませ」
「そんなんじゃないから」
と直ぐに否定するが、運転手はニコニコしたまま頭を下げた

一歩玄関に入ると、佳代がすぐに出てくる

「光音様? まだ終わる時間では、、」
と言いながらも、隣りの橋本を見るとすぐに表情を引き締める

「これペンキなんだけど落ちるかな?」
「どうでしょう? とりあえずお風呂に入って頂きますね」

「お願い。 あっ、この人について行ってくれる? さすがに俺はついて行けないから」
と、橋本に告げる

「本当にすみません」
橋本は再度頭を下げる
そんな橋本に、、

「こういう場合は、『ありがとう』って言う物だよ」
と、光音は優しく告げる

その何とも言えない笑顔と優しい言葉に、橋本の頬は染まるが、今はペンキでその表情が隠れている

「ほらっ、早く行って!」
「はい。 お邪魔します」
と言いながら靴を脱ぎ、佳代について行った

入れ替わる様に、つくしが星音の手を引いてやってきた
そして光音の姿を見て驚く

「光音? どうしたの? それ」
「母さん、ごめん。 授業サボった」

「そんなことどうでも良いから。 それより何があったか説明してね? それとあの女の子の事も」
「分かってる。 とりあえず着替えて来るけど、これペンキだから取れないと思う。
あの子の分と至急揃えてくれる?」

「分かった。 この靴もね」

チラリと見ると、靴にもペンキがついている

「うん。 ごめん」
「バカね。 こんな時は『ありがとう』でしょ?」

光音はクスッと笑う
確かに『ありがとう』だ
それにやっぱり俺は母さんの息子だ

光音に向かって手を伸ばす星音に、、
「着替えてから、ちょっと待っててね」
と告げると、サッと自室へ向かった





にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



10 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-19 09:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-19 09:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-19 09:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-19 12:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2019-07-19 13:57

花沢ファミリーは、皆良い人達ばかりですよね

光音君の言葉に、心音ちゃんも直ぐに動きます
それだけ信頼しているんですよね

そして、橋本さんの格好を見た佳代さんも直ぐに風呂へと誘います
つくしちゃんも詳しい説明を聞く前に、光音君と橋本さんの制服とか靴とかを発注
光音君を信頼しているからでしょうね

そして「すみません」ではなく「ありがとう」という言葉を告げる所は、やっぱり親子なんですよねぇ
そんなちょっとしたところで親子の絆を垣間見る事が出来、光音君も嬉しそうですね

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2019-07-19 14:01

光音君の事を信用している花沢ファミリー
それが随所に現れていますよね
後は、光音君がきちんと説明をするのみ

そして橋本さんに対する皆の態度も優しいですよね
車にペンキがついたら、絶対に落ちないのにね
すぐさま風呂に誘う所も凄いです

昨日の京アニの事件
ビックリです
沢山の方が亡くなられた事で、これからの京アニ作品が心配ですよね
私も胸が痛みます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2019-07-19 14:05

光音から詳しい説明を聞けば、皆怒りまくるでしょうね
それだけ光音は正義感が強く優しく信頼されていますからね

だからこそ、橋本さんに対する行動も優しいんですよね
車を汚された運転手も優しいですし、佳代さんも優しいです
そしてつくしちゃんも、直ぐに制服や靴を新しく、、
それにね、、光音君が録音しているから、それを聞けば何が行われたか一発で分かるでしょう

きっと、橋本さんでなくても、こんな虐めを見た光音君は、同じ行動をしたでしょうね
それぐらい憤りを感じた出来事のようですね

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ル~様

りおりお  

2019-07-19 14:10

どこの世界でも、お金持ちに従い、それらの鬱憤は下の者へと、、
そしてお金持ちはそれが当たり前のように感じている
S嬢が良い例ですよね
皆の羨望の眼差しで見られ、それが当たり前のように感じている
何をやっても何を言っても許されるし、だれも異論を唱えない

それが、、
光音君が覆しました
これで少しはまともになるかなぁ

それにしても光音君は、ほんとに性格も良いですよね
両親がきちんと向き合ってきたからでしょうね
こんな育て方、真似したかったなぁ

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-07-19 16:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきた~様

りおりお  

2019-07-19 17:01

確かに蛙の子は蛙ですね
光音君は、類君とつくしちゃんの良い所を取っていますよね

そして、そんな光音君をまた一歩素敵な男性にさせてくれたのはS嬢でもあります(笑)
怒りと言う感情をこんな事で知るなんてね(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply