FC2ブログ

Welcome to my blog

コイワズライ<完>

36 やる気スイッチ

8
ピンポ~ン

類は直ぐに玄関のドアを開けると、つくしが飛びこむように入って来た

「ごめん。 かなり待たせた」
「ううん。 それよりもうこんな時間だよ? 明日も仕事あるよね? 風呂には入った?」

(確かにもう0時45分だ。 これからやるにしては時間が少ないよな?
でもこうして急かすって事は、気分はエロモード?)

(早く寝ないと本格的な風邪になりそう。 ドライヤーで髪も乾かしたいんだけど、類は風呂に入ったかな?)

「いや、、まだ」
「じゃ、早く入って!」

(やっぱり綺麗な体じゃないと嫌って事? そりゃアレを口に入れたりするしな)
(早く入って! 明日も仕事なのに~~)

「分かった。 じゃ、サッサとシャワーを浴びてくる」
「うん」

(急いで体を洗ってサッサと出ないと、、刻一刻と時間は過ぎていくし)
(やばっ、、ゾクゾクする。 本格的な風邪になりそう)

類は、サッとバスルームの中に入る
それを見て、つくしはドライヤーを手に取り髪を乾かし始めたのだが、温風でさえゾクゾクと悪寒が走る

(ダメだ! もう寝よう)

つくしは、寝巻に着替えると、風邪薬と栄養ドリンクを飲む
そしてスポーツ飲料を枕元に置くと布団を深く被り丸まるように寝始めた



シャワーを浴びた類は、腰にタオルを巻き頭をごしごしと拭きながら出てきた
するとテーブルの上には、空になった栄養ドリンクの瓶が置かれている

(凄っ、やる気満々? まあ一緒に暮らし始め早二ヶ月
半年と言う期限付きの同棲だけど、若い男女だし割り切った関係も自然だよな
うん、、自然だ)


類は、冷蔵庫を開け同じような栄養ドリンクを取り出しゴクゴクと飲み干す

(何事も初めが肝心
牧野の過去の男達より劣る事があれば、これから先の生活がやりにくくなる
頑張ろ!!)


寝室に行くと、つくしは何時もの定位置に横になっている
しかも頭まですっぽりと布団を被っている

(恥ずかしい? 俺もそうだから良く判る)

ベッドサイドのスポーツ飲料も、直ぐに目に留まる

(これ、、1ラウンドで終れないよな? 明日も仕事だけど期待に応えないと)

類は、つくしの横に屈みこみ、そっと声をかける

「牧野。 お待たせ、、」

そしてゆっくり布団を捲った
すると、つくしの潤んだ瞳が目に飛び込む
途端、類の心臓がドキッと大きな音を立て、やる気スイッチが点灯した

(やばいぐらいソソラレル。 いつもの明るい牧野も良いけど、こういう妖艶な牧野も好きだ)

類はキスをしようとゆっくり顔を近づける
その時、つくしの頬にそっと手を置いた

(熱っ)

類のやる気スイッチは直ぐに消灯し、つくしの額、頬とぺたぺた触れる

(かなり熱い。 風呂上りの俺がそう感じるぐらいなんだから、かなりの熱があるんじゃ?)

「牧野? 熱があるけど、大丈夫?」
「うん。 薬飲んだから」

「医者に来て貰おう?」
「そこまでは、、今夜様子を見てからにする」

「今、体は熱く感じる? 寒く感じる?」
「今は、、寒く感じる、、」

それを聞き、クローゼットの奥から毛布を取り出し、つくしにかける

「もっと中央においで? 端だと隙間から空気が入って寒さが増すから」
「うん、、」

返事をする物の身体が重く、そのまま丸くなるつくし
類はそのつくしの身体を抱え上げ、ベッドの中央へ移動させる
その隣に類も潜り込み、毛布の上からゆるく抱きしめた

(牧野が風邪を引いたのは、間違いなく俺の責任だ
風呂上りの牧野を長時間外へ放りだしたんだからさ
しかも俺一人勝手に舞い上がって、思考はそっち方面ばかりでさ
どれだけ溜まってんだよ!って自分に言ってやりたいよ)



この日、、
類は献身的な看病をする

汗をかきはじめると、その額の汗を拭い濡れタオルを置く
こまめにスポーツ飲料を飲ませる
そして、、それらの合間には、つくしのすぐ隣で僅かばかりの仮眠をとった

そして翌日、、
つくしは額に冷たいタオルが置かれた事で目を覚ます

「あっ、起きた? どう? 体調は」
「えっ? 類?」

つくしもすぐ隣で心配そうに覗き込んでいる類の姿に、頬がポッと染まる

「熱はだいぶ下がったけど、今日は仕事を休んでゆっくりした方が良いと思う」
「うん。 そうする」

「それと、、昨夜はゴメン。 あんたが風邪を引いたのは俺の責任だよな?」
「あっ、、ううん。 ここの所ずっと残業続きで、元々体調が悪ったから。 だから気にしないで?」

つくしは咄嗟に嘘を吐く
それくらい目の前の類は、かなり心配そうにしていた
そして罪悪感が見て取れたから





にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



8 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-06-22 09:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-06-22 09:58

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2019-06-22 10:19

類君、やる気スイッチが入っていたのにね(笑)
もうそれしか頭になかった類君
しっかり反省しましたね
そして、献身的につくしちゃんを看病
これで少し距離が近づいたかな?
だって、類君に緩く抱きしめられて寝ていたんですから
これは進歩ですよねぇ?

それより、類君は自分の気持ちに気付いたかな?
そこが問題ですよねぇ

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2019-06-22 10:21

類君の所為でつくしちゃんは熱を出したんですよねぇ
でもつくしちゃんは、咄嗟に仕事で疲れていたからと嘘を吐きました
それだけ類君が反省し、献身的な看病をしてくれた事に申し訳なく感じていたんでしょう

類君もやる気スイッチが入るぐらいやる気満々でした
それも凄い(笑)
何時もは、どうなっていたんだろう?
そこが知りたいですね(笑)

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-06-22 12:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: シマエナ~様

りおりお  

2019-06-22 12:37

やる気スイッチONの類君
身体もしっかり磨き上げ、栄養ドリンクで不眠不休の身体を手に入れて、、
さあこれからってところまで気分を高めたのに、、
残念でした

すぐにそのスイッチを消灯出来た所は認めてあげよう(笑)
つくしちゃんのしんどそうな姿を見たら、出来ませんよねぇ
そしてしっかり反省
そこから献身的な看護

つくしちゃんを緩く抱きしめて仮眠を取る類君
そろそろ自分の気持ちに気付いたかな?

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-06-22 18:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: おち~様

りおりお  

2019-06-22 19:30

類君のやる気スイッチON
これって、サイボーグ類君への切り替えスイッチでしょうか?(笑)

でもつくしちゃんの異変に、直ぐにOFFに!!
これが出来ただけ、今回は良かったと思いましょう

それに、自分の所為でとキチンと反省
その上でしっかりと看病です

良く考えてみると、これ程心配になるのも、これ程反省するのも、これ程看病するのも、、
そしてやる気スイッチが入ったのも、『好き』だからでしょ?
早く気付いてぇ

身体から始まる恋よりも、やはりこの二人には両想いになってからの関係の方が似合いますよね

EDIT  REPLY    

Leave a reply