FC2ブログ

Welcome to my blog

Jealousy<完>

5 比較

6


居酒屋風レストランへ入ると、数点の料理とアルコール、ジュースを頼み、早速話し始めた

「実は婚活パーティで知り合ったの」
「婚活? だってまだ24歳だよ?」

「今年で25歳。 四捨五入すると30歳でしょ? 
それに、一度や二度の婚活で良い人と巡り合うとも限らないじゃない?」

優紀の話には、説得力がある
確かに、一度や二度で相手が見つかるとも思えない

「確かに」
「でも二回目の婚活で、東谷さんに出会ったの。 彼は12歳上の36歳でね。」

ここで優紀は言葉を区切る
そして東谷の方を見て微笑む
その二人の幸せオーラに、つくしは嬉しくも寂しくも焦りも感じる

すると今度は、東谷が話し始めた
「私が優紀さんに一目惚れしまして、押しまくりました。 それで年齢的にも、、その、、」

確かに36歳と言う年齢
しかも婚活パーティでの出会いなら、結婚を急ぎたくなる気持ちも分かる

「ねぇ。 その婚活パーティは、いつ行われたの?」
「約半年前ぐらいかな?」

それはつくしが類と出会ったころと同じだ
だが婚活と言う場で出会っているのに対し、自分達は偶然の出会い
そもそも比べるのはおかしいと思うのだが、片や婚約、片や軽いキス止まりでは大きな開きがある

「まあ、そこから半年と言う時間をかけて婚約って事になったんだね。 おめでとう。 それで式は何時頃?」
「えっと、、実は一か月後なの。 急なんだけど来れるかな?」

優紀は申し訳なさそうに告げる

「はっ? 一か月後?」
「うん。 実は妊娠しちゃって、、」

つくしは手にしている箸をポロリと落とす

妊娠?
妊娠って言った?
半年前に知り合って、妊娠しているという事は、何時関係を持ったんだろうか?

あたしなんてまだキス止まり!
しかも軽い触れるだけのキスだよ?
と比べる物ではないと言いながら、自分たちの関係と無意識に比べるつくし

「今、何か月?」
「三か月、、」

三か月という事は、知り合って三か月後に男女の関係になっているという事?
でも私と類は、知り合って一か月後に偶然再会して、そこでやっとお付き合う事になったんだし、仕事の休みがなかなか合わなくて、もっぱらSNSでのやり取りだったし、、とやはり比べてしまう

ここで東谷がトイレのため席を外す
そこでつくしが小声で訊く

「ねぇ。 今三か月って事は、彼とは何時頃男女の関係に?」
「二回目のデートかな?」

二回目!!
衝撃の事実に、つくしは声にならない

自分達は一度目のデートの時は映画を観て食事をして並んで歩いただけ
二度目のデートでやっと手を繋いだ
それなのに、優紀はその二回目でしっかりと身体の関係を築いている
こちらは手しか触れていないのに、優紀は全部に触れている!!

「婚活パーティーで互いのアドレスを交換して、一回目のデートで映画を観て食事をした時に、いろいろ話をしたの。 
仕事の事とか家族の事とかね。」

あたし達も話した
仕事の事とか家族構成とか

「それで二回目のデートの時、急に雨が降り始めて、、あたしの家が近かったからそこに招いたら、、」
「という事は、優紀の家で?」
「そう////」

ちょっと待って!!
それを言うならあたしだって週に一度や二度の頻度で類を招いている
だけどキス止まり!!
すぐ隣には、小さいながらもベッドが置かれているのにキス止まり!!

なんでだろう?
何が悪いんだろう?

「私もさすがに二回目で体の関係は早いかな?と思ったんだけど、熱く見つめられて『好きです』って告げてくれるし」

熱く見つめられるかな?
類と視線が合うと、恥ずかしくてつい視線をそらすからなぁ

だって、あんなにかっこいいんだもん、3秒と見ていられないじゃない?
それに『好き』とは言われてない
料理を『おいしい』と言って食べてくれるし『この味噌汁好き』とかって料理を褒めてはくれるけど、あたしに対して『好き』と言われたことが無い

「でも最大の決め手は、彼が花沢物産勤務って事かな」
「えっ!! 花沢物産勤務?」

同じだよ、、
類も花沢物産勤務だよ、、

「そう。 大手企業だし安定しているでしょ?」

ここで東谷が戻ってきた

「東谷さん。 花沢物産にお勤めなんですか?」
「はい」

東谷は謙遜して小声で告げる
それに対し、つくしはここぞとばかり今までの疑問を問う
だが、あくまでも優紀との今後に置き換えながら、、

「そんな大手だと、有給とか取りにくいんじゃないですか? 新婚旅行とか大丈夫ですか?」
「あぁ。 大手の方が取りやすいと思います。 年間最低でも〇日は取れと命令されるから。」

嘘でしょ?
だって類は、忙しくて有給も取れないって、、

一方の東谷も、突然の結婚で優紀の事が心配になり、いろいろ聞いていると思っている
その為、親切丁寧に答えていく

「残業とかは?」
「多少あるけど、それも毎日じゃないですから。」

類は毎日残業って言ってたよ?
しかも、日付が変わる時間ぐらいまでって、、
だけど、私の休みの日は、なんとかやりくりしてるって、、

「東谷さん、モテるんじゃないですか?」
「ごらんの通り、モテる容姿じゃないからね。 
会社でもモテるのは花形の海外営業部じゃないかな? 
出張で海外に行くこともあるし、フランス語かイタリア語が話せるし。」

類の配属先までは聞いていないけど、海外出張に行っていたしフランス語の発音も完璧だった
という事は、類は花形の海外営業部?

「あそこは若い男性なら暇さえ合えれば合コンとかやってるし、遊んでいる人も多いと聞くけど、俺はこの先もずっと優紀ちゃん一筋だから安心してほしい。 
もちろん歳の差はあるけど、必ず幸せにする。 だから突然で申し訳ないけど、是非結婚式に来てほしい。」
「つくし。 急で悪いんだけど来てくれるかな?」

つくしは二人の言葉が耳に入っていなかった
花沢の海外営業部は、合コンをやっているし遊んでいる人も多いと言う言葉に、ドキドキしていたから



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-11-21 09:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-11-21 09:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2019-11-21 09:58

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2019-11-21 13:41

優紀ちゃんの告白に、つくしちゃんは我が耳を疑いました(笑)
比べる物では無いと言いながらも、しっかりと比べています
そりゃあねぇ、不安ですもんね
類君みたいにカッコイイ人が彼氏ですよ?
それなのに、軽いキス止まりなんですからねぇ

そして、優紀ちゃんの婚約者も花沢物産勤務と知り、会社の事を色々と聞いてしまいました
類君と言っていた事と違う?
さあ、、この不安はどうなる?

するどい!!ゆきり~様なら分かるでしょうか?(笑)

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2019-11-21 13:43

つくしちゃん、不安になってますね

比べる物ではないと思いながらも、しっかりと比べている(笑)
だってね、相手も同じ花沢物産勤務です
そりゃあ、比べますよねぇ

仕事の事も、好きならその後の行動も全て、、

さて、、つくしちゃんの不安はこれからどうなるんでしょうか?

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2019-11-21 13:45

そうなんですよねぇ
つくしちゃんは、類君が花沢物産の御曹司だと知らない
だから、同じ花沢物産勤務の婚約者と比べてしまうんですよね
そして同じ時期に付き合い始めた二人と自分達を比べて、、

う~~ん
つくしちゃんの不安は増幅していくばかりですね

これはもう、、類君に確認するしかない!!
でも、類君も決して嘘をつている訳じゃないんですよねぇ
難しい所ですね

EDIT  REPLY    

Leave a reply