FC2ブログ

Welcome to my blog

恋の魔法

10 麗の衝撃

6


佳代から電話を受けた麗は、衝撃を受けていた

類君に子供?
とりあえず、その画像を至急送るように伝えた
佳代が間違えるはずはないと思うが、自分の目で確認し判断したい

待つこと10分少々で、麗のパソコンに画像が送られてきた
はやる気持ちでクリックし、食い入るように画像を見る

ストレートの髪の若い女性が画像に映った後に、子供の顔がアップで映る
途端、麗はフリーズした

——似ている

瓜二つだ
髪の色も少々不機嫌な表情も、、
抱っこをねだったのか、女性が抱き上げ背中を摩りあやしているように見える
そしてそのままキャリーケースを引き去って行った

佳代からの報告では、まず類が在宅中かどうか尋ねたという
という事は、子供の認知と養育費を請求するつもりだったのだろう
それならなぜ帰る?

本人が不在でも、家族の者に言えば済むこと!
子供の顔を見れば言い逃れなど出来ないのは明白だ
それに家の大きさから多額の養育費を請求できると分かったはず

それとも何か別の目的があったのだろうか?

普通は妊娠と同時に何かアクションを起こすはず
そうでなくとも、生まれてからすぐに接触を図るはず
それが5年近く経過してから接触するとは、どういう事かしら?

経済面での苦労?
かなり若い女性だったけど、高校には通えたのかしら?

とりあえず真摯に向き合いましょう

麗は佳代に電話を入れる

「あっ、佳代。 今映像で確認したわ。 間違いなく類君の子供だわ。」
『そうでございますよね。』 

「映像には声が入っていなかったんだけど、名前とか住所とか言っていなかったかしら?」
『それなんですが、その方の前の分までは声もきちんと録音できているのですが、丁度のところで故障したようで音が全く録れておりません。 すぐに修理いたします。
名前も名乗っていたそうですが、応対した者があまりにも動転しまして覚えておりません。 申し訳ございません。』

「仕方ないわ。 誰でも類君の子供というフレーズを耳にすると動転するものね。 それより、もし彼女が再び訪れたら、手厚くもてなして頂戴。 私も急いで帰国しますから。」
『という事は、、』

「えぇ。 彼女の望むとおりにするわ。 類にとってはほんの遊びだったかもしれないけど、無かったことにはできない物。」
『かしこまりました。』

佳代との電話を終えると、すぐに類に電話をかける
事実確認をするためだ
ところが一向に出る気配がない

親友達と別荘に遊びに行くと言っていたらしいし、邪魔されたくないのだろう
それなら、道明寺へ問い合わせすれば連絡は付くだろうが、言い逃れやまさかとは思うが逃亡する可能性もある
それなら帰宅を待ち、しっかりと事実確認した方が確かだ

その間に、再び彼女が来るかもしれない
先に彼女の話を聞き、希望に沿う形で支援をしても良い

心が決まった麗は、日本行きのフライト検索を始めた



つくしは、類に布団をかける

あっという間に寝始めたのだが、ゴロンと勢いよく寝返りを打ち、壁に手をぶつけたり、つくしの体を蹴ったり、今は暑くなったのか足で布団を蹴り上げた

『後で困るのは牧野だから!』
と偉そうに言っていたのは、こういう事だったのか、、と納得する

幼い子は寝た後もゴロゴロと良く動くことを忘れていた
それにしても、、

つくしは携帯をチェックする
そこには誰からの連絡もない

ホーム〇ローン状態なら、もうそろそろ連絡があっても良い頃
やはり花沢類という人の隠し子だろうか?

大学4年という事は、類君を作ったときは高校生
間違いがあったとしても不思議じゃない

花沢邸へ行った時の類君の落ち込みぶりは半端なかった
あれは父親に会えないというショックから来たもの

じゃあなんで空港に?
それに類君の本名は何だろう?

つくしはチラリとエコバックを見る
子供が持つには不自然すぎるスマホ
普通、こんな小さな子にはキッズ携帯を持たせないだろうか?
しかも落とすことも考え、首からぶら下げるとかストラップのようなものを付け、ズボンベルトに装着するとかしない?
それに財布も大人が持つような二つ折りだった

勝手にチェックをするのは憚れるが、素性が分かる物が何か入っていないか確かめるだけだから、、
と、つくしは心に言い聞かせる

そして類がぐっすり寝ているのを確かめ、そっとベッドから抜け出すとエコバックを手にした

そっと中を見ると、大人用スマホに二つ折り財布
隙間からチラリとお札が見える

その財布をそっと開くと、1万円札が20枚ほどと数枚のカードが見える
とても子供が持つ金額じゃない
それにクレジットカードなんて持てるはずがない

その一つ、、
クレジットカード以外のカードが目に留まった
そのカードをそっと引き抜き目を凝らす

えっ!!

思わず声が出そうになり、つくしは慌てて口元を押さえた


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-02-21 09:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-02-21 14:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2020-02-21 14:23

花沢家でも大騒動となっています
類君の子どもが!!
ですからねぇ
麗さんも、類君の子どもと認定しました
まあ誰も魔法で小さくなったとは思わないですよ!!

さて、、つくしちゃんが類君の財布から見つけたものは何だったのか?

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2020-02-21 14:27

麗さんも、類君の子どもとしか思いません
そりゃ、誰も魔法で小さくなった事を信じる人はいないでしょう
その上で、つくしちゃんの要求を聞くことにし、麗さんは急いで日本へ帰国です
どうなるんでしょうか?

つくしちゃんも、類君の財布から何かを発見
こちらもどうなるんでしょうね?

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-02-21 17:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2020-02-21 19:40

麗さんも、類君の子どもに間違いない!と思っちゃいました
まあ、類君が小さくなったとは誰も思わないでしょう
そして、再びつくしちゃんと類君が訪れたら手厚くもてなすようにと、、
そりゃあ、自分にとっては孫にあたりますからねぇ
どうなるかな?

コロナで世間は大変ですね
私の町でも、マスクは全然売っていません
そしてショッピングモールでは、人が少ない!!
今日は幼児から小学生までの感染が確認され、親も心配でしょうね
もう全国的に学校閉鎖をすればいいのに、、どうせもうすぐ春休みだし!
と思うのは私だけ?
でも、中高生は部活があるし、家でジッと何てできないですよねぇ
早く収束して欲しいです

EDIT  REPLY    

Leave a reply