FC2ブログ

Welcome to my blog

勝負

38 会議

10


二日後、、
重役室は秘書たちがソワソワしていた
その理由はつくしにも分かる
類が来るからだ

つくしは会議室の準備を終えると、さっさと社長秘書室に帰ろうと思っていた
すると、重役の一人がつくしを呼び止める

「牧野さん。 君は会議には出席しないんだったな?」
「はい。 高橋が出席します。」

「じゃあ悪いんだが、ちょっと買い物に行ってくれないか?」
「良いですけど、何を買ってくるんですか?」

「あぁ。 バレンタインチョコなんだが、実際に商品を目にしてもらった方が早いと思うんだ。 
知っていると思うが、チョコレートはヨーロッパから輸入しているが、パッケージなど最終工程は日本で行っている。
バレンタインだと特にパッケージにも力を入れているからな。 
販売促進部に見本があると思っていたんだが、問い合わせたところパッケージしか置いてないというんだ。 
やはり中身があった方が良いだろう。」
「分かりました。 すぐに買ってきます。」

確かに商品を見てもらった方が早い
特に類は、細部にこだわりを持つはずだ
何より、グダグダしている間に類が到着するかもしれない
そうなると、会議中に入室することになる

つくしは焦りながら、高橋に事情を伝え会社を後にした
そして近くの百貨店で、一番安い物から、最高級品まで5種類ほど買うと、ダッシュで戻り重役エレベーターに飛び乗った

「はあ、、はあ、、」

息が荒くなる中、セキュリティカードを取り出す
その時、カードの紐部分に取り付けていたミサンガが解け足元に落ちた
だがつくしは手に紙袋を抱え、それに気づかない

会議室に着くと、まだ始まっていないことを確認し、すぐに指示を出した重役に商品を渡す
会議室内は、類の到着を待つばかりの重役たちが勢ぞろいしていた
もちろん、ソワソワしている女性秘書達も、

「安い物から高級なものまで購入してきました。」
「ありがとう。 助かった。」

「それでは私はこれで、、」

それを横目に会議室を出ると、「はぁ、、」と深呼吸をする
そして足早にエレベーターに乗り込むと、一つ上の階を押した

そのエレベーターの中にミサンガが落ちていることに気づかない
つくしは気もそぞろで、「早く、早く」と、ずっと上を向き自分の階に到着するのを待っていたから
そして扉が開くと同時に、社長秘書室へと入った




それから数分後、、
類が花沢物産に到着した

一歩エントランスへ入ると、受付嬢やその場に居た女性たちが一斉に類を見る
もちろん受付嬢は、サッと立ち上がると類に向かってお辞儀した

それに応えることなく、類はまっすぐ重役エレベーターへと向かう

「どこで会議?」
「重役会議室と窺っております。」

「そう。」

田村が重役エレベーターを押し、しばらくしてその扉が開くとサッと中に入った
その後類が入ると、田村が入り口にあるボタンを押し、ゆっくりドアが閉まり上昇を始めた

類は奥の壁に背中を預け、時差ボケを解消すべく、軽く頭を振る
日本に到着後、まっすぐ会社へ向かった
仕事で来ているわけだし、先に家に帰ってゆっくりしたいとは言えない

とりあえず仕事を終えたら牧野に連絡し、都合がつく日を確認しようと考えている
今回はあくまでも出張で、時間は限られている
もし互いの都合が悪くても、一目でも良いから牧野に会ってから帰りたいという気持ちを強くする

その前に、牧野から何かSNSは入っていないか、、
と携帯を取ろうと視線を下にずらせたとき、あるものが目に留まった
それは、床の色と同化したような色の組ひも

ミサンガ?
えっ?
牧野にプレゼントした物とかなり似ているんだけど、、

類はそのミサンガを手に取りジッと見つめる
そこには、類が悩みぬいて選んだ柄と全く同じだ

なんでここにこれが?
牧野が花沢に来た?
でもここは重役専用エレベーター、、
どういう事?

偶然同じものを誰かが買っていたとしてもおかしくはない
だが、その確率はあまりにも少ない

類は、サッとそのミサンガをポケットに入れると、何気なく田村に問う

「田村、ここの掃除は何時ごろ?」
「私が勤めていました頃は、出社前ですけど何か?」

出社前?
と言う事は7時頃?
それ以降にここに落ちた?

「いや。 かなり綺麗に掃除されているから。」
「そうでございますね。 イタリアに比べてかなり丁寧に仕事されておりますね。」

「もし、、ゴミが落ちたらどうする?」
「総務課に言えば掃除をしてくれるはずですが、秘書とかも目立つようなゴミなら掃除するはずです。」

と言う事は、確実に牧野は今日ここに来たことになる
それもほんの数分前から数時間以内だ
じゃあ何しにここに来た?
と考えている間に、エレベーターは重役フロアに到着した

「こちらになります。」

田村は類を先導するように前を歩く
その後ろを歩きながら、、

とりあえず今は仕事に集中しよう
早く終わらせれば、ある程度の時間が取れる
そうなれば、まず牧野に連絡をして返事をまとう

類は表情を引き締めると、田村が明けたドアの中に入る

中にいた重役や秘書たちが一斉に立ち上がり、類に視線が向けられる
それをぐるりと見た後、まっすぐ中央の席へと向かう

「初めまして。 Web会議では挨拶をしましたが、私が花沢類です。 
皆様方に面と向かってのご挨拶が遅れたことをご了承ください。 
それでは会議を始めさせてもらっても良いでしょうか?」

卒ない言葉回しに、重役たちは何も言えない
各々も自己紹介すると思っていたのだが、それも不要と言われたらそれまでだ
確かにWeb会議では既に自己紹介は済んでいる

「構いません。 それでは資料をご覧ください。」
と会議が始まった

会議では、類は淀みない質問をぶつける
その答えに、つくしが買ってきたチョコが役に立った

大きさやデザイン、そして中のチョコの割合と価格の比較など、実際の物を見せながら説明することが出来た
その後、展示方法などはパソコンを使って写真で説明をしていく

それを類は、頷きながら聞いていた




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



10 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-06-26 09:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: 麦~様

りおりお  

2020-06-26 10:01

ふふふっ、、
焦れ焦れが類つくの醍醐味じゃないですかぁ
決して何らかのプレーじゃないですよぉ(笑)

でも類君とつくしちゃんが急接近ですよね
しかもミサンガが良い働きをしてくれています
類君はこのミサンガで何かを悟るかな?

お楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-06-26 10:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2020-06-26 10:27

つくしちゃんも類君に合わないために必死でしたからね
ミサンガを落としたことに気づいていない

一方の類君は、ミサンガが落ちている事にアレ?と、、
どうしてここに?
そりゃあ、ここにつくしちゃんが居るからだよぉ(笑)

さて、、類君は気づくでしょうか?
お楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-06-26 12:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-06-26 12:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2020-06-26 13:36

つくしちゃん、類君に会わないために焦っていましたからね
落ちていた事にも気づいていない
そしてそのすぐ後に類君が来社
重役エレベーターの中でミサンガを発見
タイミングよいというかそれぐらいの時間差しかなかったところが凄いですね

さて、、
類君がこのミサンガに疑問を持ち始めた
すぐそこにつくしちゃんはいますよぉ

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ビオ~様

りおりお  

2020-06-26 13:37

確かにガラスの靴ならぬミサンガ!!
まさしくその通りです

このミサンガでつくしちゃんがここに居たと分かった類君
そして膨らむ謎?
なぜここに?
何時ここに来た?

さて、、類君はつくしちゃんが花沢物産に勤めている事実を知ることが出来るのか!!
お楽しみに~~

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2020-06-26 23:03

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: シマエナ~様

りおりお  

2020-06-27 08:55

つくしちゃんが乗ったエレベーター
そのエレベーターにタッチの差で乗った類君
だからこそミサンガに気が付いた
これ他の人がその間に乗っていたら、、、処分されていたかもね

そして類君
いろいろ考え始めましたねぇ
何でここにミサンガが?
それはココに勤めているからよ!!

EDIT  REPLY    

Leave a reply