FC2ブログ
さくらいろ

40 ウエディングドレス

2020/07/30
僕の姉ちゃん by牧野進 6


やっと母さんが帰ってきた
そして類さんのお母さんを見て頭を下げる

「すみません。 お待たせしたようで。」

多分、一階の高級車を見たからピンときたのかもしれない

「いいえ。 突然お邪魔して申し訳ありません。 
実は、つくしちゃんのウエディングドレスの件でご相談に来たんですけど、、」
「まあ、わざわざすみません。」

「本来なら、もう少しゆっくりとした日程にすべきところを、うちの都合に合わせ早々に式を挙げることにしまして申し訳ありません。」
「いいえ、全然大丈夫です。」

僕もこれは意外だった
こんなに早く結婚させるとは思わなかったから
姉ちゃんの事は認めてくれているのは分かったけど、仕来りとかマナーとか花沢家の妻としての勉強とでも言うのだろうか?
そういうものを叩きこんでから結婚だと思っていたから

「それでですね。 
つくしちゃんのドレスなんですけど、私としてはやっぱり一生に一度ですからきちんと吟味したいんです。」

一生に一度、、、
類さんの母親の言葉には重みがある
そして、、僕としては嬉しい

「類に確認した所、式さえできれば後はどうでも良いって言うんですよ? 信じられます? 
そりゃ男にとって服などどうでも良いのかもしれませんが、女性にとってウエディングドレスというものは憧れでもあるし、希望もありますよね?」
「まあ、、そうですよね?」

まあ結婚式は女性メインかな?

「類では埒が明かないので、つくしちゃんに確認するから連絡先を教えなさい!といったんですけど、断固としてつくしちゃんの連絡先を教えてくれないんですよ? 
信じられます? 
そこで内緒でつくしちゃんの履歴書から電話番号を確認し、直接つくしちゃんに連絡したんですけど、『どれでも良い』と言うんです。 
もしかして私達に遠慮しているんでしょうか?」

いや?
姉ちゃんはそういうものに無頓着なだけだと思う
というか、類さんと結婚出来ればそれで満足なんじゃないかな?

「遠慮と言うか、私たちごく少数の出席ですから、そう答えたのかと、、」

母さんも返事に困ってる
今回の式は、ホントにごく少数だけが出席する事になっている
披露宴も行わないらしい
類さん曰く、姉ちゃんのウエディングドレス姿を誰にも見せたくない事と、披露宴なんて見世物以外の何物でもない!と言っていたけど、きっと僕たちの事を考えてだと思う
それを類さんのご両親も汲んでくれた
大企業の御曹司なら、盛大なお披露目パーティーを普通はするはずだけどね

「遠慮なんていらないんですよ? 
一度しか着ないからと、つくしちゃんは言うんですけど、一度だから素敵な式にしたいと思いません?」
「まあ、、、」

類さんのお母さんの言葉って、なんか嬉しい
『一度しか』という姉ちゃんの勿体ない、遠慮する気持ちより『一度だから』希望に沿ったものを着せたいという類さんのお母さんの気持ち
どちらも相手を思いやる気持ちだから

「だったら、私たちで決めましょう!!」

ん?
私たち?
と言う事は、類さんのお母さんと僕の母さんで、二人のドレスやタキシードを決める訳?

「牧野さんも、娘さんが結婚するときはこんなドレスを着せたいわぁ、、というのがありますよね?」
「まあ、、、」

「私もあるんです。 類のお嫁さんには、、類には、、という物が! 実は、こちらを見てもらえます?」

類さんのお母さんは鞄の中からipadを取り出すと、ドレスの写真を次々と見せ始めた
初めは圧倒されていた母さんも、類さんのお母さんと一緒に「これが素敵」「こっちのドレープが綺麗」と、いつの間にか話が盛り上がっていた

う~~ん
結婚式をするのは類さんと姉ちゃんだよな?

これじゃ、どっちが結婚するのか分からない、、

でも、、類さんのお母さんのこの行動は好きだ
だって自分で選んだものを着せたい!ではなく、僕の母さんの意見も取り入れようとしているから

最後には母さんと連絡先を交換し、密に連絡を取り合い早々にドレス制作に着手するとか、、
既に三か月を切っているのに出来るのか?


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/07/30 (Thu) 09:27

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/07/30 (Thu) 09:33

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/07/30 (Thu) 15:59
りおりお

りおりお

Re: ビオ~様

麗さん、つくしちゃんもそうですけど牧野家を大切にしていますね
つくしちゃんも類君もドレスにこだわりがないのなら、、、と、母親達で盛り上がっています
普通なら麗さんの好みで勝手にドレスを作っても良いと思うんですけどね
進君も嬉しいでしょうね
そして改めて、つくしちゃんが花沢家に嫁ぐことになって良かったと思っています
まあ道明寺よりは良いですよねぇ

2020/07/30 (Thu) 16:31
りおりお

りおりお

Re: り~様

つくしちゃんが何でもいいと言ったから、これ幸いにと母親達で盛り上がっています
一生に一度ですものね
本人にこだわりがないのなら、ここは母親達こだわりの物を、、となっても不思議ではない(笑)

それを見ている進君
麗さんの性格にホッとしていますね
そしてこんな母親なら安心だと思っていますね

2020/07/30 (Thu) 16:34
りおりお

りおりお

Re: シマエナ~様

本人たちより盛り上がる母親達
まあ、、私もそうなるかなぁ(笑)
見ているだけで幸せな気分になりますよねぇ
そして何気に自分だったら、、と、自分の趣味を取り入れる(笑)

頭も花にするかティアラにするか
ベールはどうする?長さは?
ドレスの形は?
ほらっ、何となくウキウキしますよねぇ(笑)

2020/07/30 (Thu) 16:39
りおりお
Admin: りおりお
こちらは二次小説『類つく』のお部屋となっております
そういった類の物が嫌いな方は、回れ右をしてご退場ください
ヤフーブログ『類❤だ~い好き』から引っ越して参りました
引き続き類君とつくしちゃんの幸せな姿をお届けできればと思っております
尚、ブロ友は現在受け付けておりません
僕の姉ちゃん by牧野進