FC2ブログ

Welcome to my blog

★東京旅行★

三日目の夜

4
20170419003857758.jpg




一日中歩き回ったアラフィフ二人
ホテルに帰る頃には、疲労困憊
手には、沢山のお土産

それでも、、まだ二人には買わなければならない物がある
そう、、「マックスコーヒー」

千葉と言えば「マックスコーヒー」
以前、息子が千葉に遊びに行った時、買って来てくれたのですが甘くて美味しかったんです
なので、今回はお土産に買って帰ろうとひそかに思っておりました

でも、その有名なマックスコーヒーが、ホテル内のコンビニには無かった
と言う事は、駅へ行かなければならない?

一度部屋に荷物を置き、すぐに駅へ向かいました
丁度駅前に、イオンが有ったので、そちらへ入りました

時刻は22時を過ぎている
でもまだイオンは開いている
私の住む地域のイオンは、22時には閉まっていると言うのに、、
さすが都会だ、、と感じた瞬間です

そして、、お目当てのマックスコーヒーを見つけました
しかも、、500mlのペットボトル入り
それを三本買い、、ホテルへ戻りました

そして、急いで荷物の整理
明日には帰らないといけない、、
しかも、明日は『ヤフー類つく大先輩作家様』にお会いする
荷物は邪魔になる

と言う事で、
沢山のお土産を箱に入れ、ホテルから送って貰う事にしました

さすがディズニーのホテルですよねぇ
部屋に段ボール箱まで用意されているんです
それに、詰め込みました

そして、、お風呂に入る、、と言う時、、
下着姿の二人は、、
オフ会での話題に逆戻り

り「私、、いつもブラトップ付きのキャミとかタンクトップを着てる」
空「えっ? ブラは?」

り「着けない!! だって、四十肩で手が此処までしか上がらない」
と、手を後ろにやり、ブラホックにまで手が届かない事を見せました
私の左手は、四十肩の為、腰辺りより上に上がりません

それに驚いた空さん
私の手を引っ張り上げるんです、、

り「痛い、痛い、、、」
空「へぇ、、こんな風になるんだぁ、、じゃあ、前でホックをしてクルクルと後ろへ、、」

り「そこまでしなくても、、どうせ貧乳だし、、」
空「でも、形が崩れるでしょ?」

り「崩れる程の乳が無いから、、それに、、お腹もぶよぶよ~~」
と、下腹の肉を摘まみます

それに対抗するように、空さんも下腹肉を摘まみながら、、
空「どうしようもないよねぇ、、まず、ここに肉が付くしぃ」
り「この肉取れないしねぇ」

ホテルの室内で、、
二人のオバサンが下着姿、、
それだけでも滑稽なのに、、
互いに、自分の肉を摘まみ合っているなんて、、

空「年齢的に無理なんだよ。もう諦めよ?」
り「やだぁ、、諦めたくない~~」

空「体系が良くったって、それを誰に見せる? 旦那くらいでしょ?」
り「まあ、、」

空「だったら、そんな努力しなくてもいいんじゃない?この年なんだし、美味しい物を好きなだけ食べようよぉ
  まあ、、旦那さんが類君の様な人だったら、必死でダイエットに励むけどね」

確かに、、
空さんの言葉に一理ある

旦那が類君だったら、
絶対にお腹の贅肉を落とす努力をする
いや、、もっと自分磨きをするだろう
そして、、「いつでも私を召し上がって?」となるに違いない

でも、、現実は、、

それを考えた時、誰の為にナイスバディになりたいのか判らなくなって来た

り「だね、、もう良いか、、」
空「そうそう、、残りの人生、、美味しい物を好きなだけ食べようよ」

と、室内で下着姿の二人は、お肉をモミモミとしながら話しておりました


そして順番にお風呂に入り、
そろそろ寝ようか、、と言う頃、、


り「あのさぁ、、せっかく空さんと一緒に泊まったのに、、類つくの話の一つも書けなかったね
  コラボとか書けたら、、、と思っていたんだけど」
空「だよねぇ、、ディズニー内でも、次々とアトラクションに乗れたし、一喜一憂して、全然そんな気分になれなかったし」

り「最長でも、、待ち時間30分程じゃ無かった?」
空「そうだった。 だから、ずっと歩きっぱなしだよねぇ。 ホント良く歩いたよ」

り「それにさぁ、、カップルってどうしてあんなにラブラブしてるんだろう?」
空「そりゃ、、カップルだからでしょ」

り「手を繋ぐ事は当たり前だし、腰を抱き寄せて、、って、、ねぇ」
空「二人の世界だよね、、あっ、、類君がつくしちゃんとディズニーへ行ったらどうなると思う?」

り「つくしちゃんに向けられる男性の視線が嫌で、かなりくっ付いて歩くと思う」
空「つくしちゃんとお揃いのカチューシャ着けるんじゃない?」

り「確かに、、、園内では、男性もカチューシャ着けていたよね」
空「類君の、、、ウサミミ、、、考えられない。でも、着けそう」

り「見たい様で、、見たくない。 でも、、つくしちゃん、、、羨ましいね」
空「だね」

ディズニーランド、、
カップルは、二人の世界でした

待っている間も、二人で顔を近づけて話をするし、
身体のどこかに触っていないと並んでいられないのか?と言うぐらい、
彼女の手や腰や肩を触りまくるし、、
彼女の方も、彼氏の腰に手を回し、ベッタリともたれ掛っているし、、
歩く時も、くっついたままで、、

あんなにくっ付いて良く歩けるよなぁ
男もお揃いのカチューシャって、、おいおい、、
そう思ってしまったのは、やはりおばちゃんだから?
自分達の頃には、そんな大それたことが出来なかったから羨ましかったとか?
とにかく、夢の国=ラブラブの国でもありました

そして、、
類君はどこにもいなかった(笑)
(薄茶色の髪で、182cmの高身長のイケメンの事です)


翌朝、、「眠い」と言う言葉で起きました

この日、、、大先輩にお会いしたんです
一生の思い出です



つづく、、

関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2017-05-04 09:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ノエ様

りおりお  

2017-05-04 10:36

こんにちは

最近の子は、ベタベタとくっついていますよね(笑)
確かに、娘にはやってほしくないかも?

マックスコーヒーは、甘くて飲みやすいですよ
コーヒーの苦手な長男も、あれは飲めるらしい(笑)
お子様向きのコーヒーですね
是非、ご賞味あれ!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2017-05-04 15:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
ショコ~様

りおりお  

2017-05-04 16:22

こんにちは

マックスコーヒーは、地域限定の飲み物です
ちなみに、関西地方では売っていません
そして、空色さんの所でも売っていないそうです
コーヒー牛乳よりも、甘い飲み物ですよねぇ
でも癖になりそうな味です

女二人旅
珍道中のような感じでしたが、三泊四日がとても楽しめ、そして短く感じました
花男二次が繋げた絆
沢山の作家様と知り会う事が出来、共通の話題で楽しめました
この歳になると、新たに知り会う方ってほとんどいませんし、学生時代の友人とも疎遠になっています
なので、学生気分で、ワイワイと楽しいひと時でした

そしてそして、、
大先輩とは、ヤフー類つく作家様の『お』様です
多分、、想像されている方だと思います
今年で7年目になるそうです

EDIT  REPLY    

Leave a reply