FC2ブログ

Welcome to my blog

また、明日ね<完>

2 前日

12
3月13日の夜、つくしの携帯が震えた
相手を見ると、類からだ

「はい」
『あっ、牧野?』

「うん」
『明日はホワイトデーだけど、司から連絡はあった?』

「ううん、、何もない」
『そっか。 じゃ、明日はどこかでご飯でも食べようか?』

あの時の約束を覚えてくれていたことが素直に嬉しい
もちろん、それが親友と言う間柄であったとしてもだ

「うん。 ありがとう」
『あんたん家に、料理とケーキを持って行くよ。 だから、ママさんに夕食の用意はしないように伝えといて』

自分の家の事まで気に掛ける類に、申し訳なく思ってしまうが、この人は昔からこうだ
何が楽しいのか、よく遊びに来ては寛いでいた
それがここ最近は、会社にも顔を出し始め、かなり忙しくしていると聞いていた
現に、我が家に訪れたのはクリスマスが最後だ

「ううん。 まだ何も用意していないって言ってた」
『じゃ、俺が持って行くから、何も用意しなくて良いって伝えといて? たまにはゆっくりして貰おう?』

「そんな、、、悪いよ、、」
『気にしないで? 俺の分の料理を詰めて持って行くだけだからさ。』

ほんと、類の気遣いには感服する
どう言えば、あたしが納得するかまで良く知っているんだから
それだけ、この人と過ごした日々が長いということだろう

「ありがとう。 ママも喜ぶと思う。 じゃ、明日待ってるね」
『ん、、じゃ、おやすみ』

つくしは、静かに携帯を切った後も、その携帯をジッと見つめる

あいつからは、毎年ブランド物の服や鞄が贈られるけど、そんな物全く欲しくない
それでも、これからはそういった物を身に付けなければならないから、今から送ってくるんだろうか?

つくしは、視線を押し入れに向ける
今も押し入れの中には、それらが箱に入ったまま置かれている

あたしは、、そんな物が欲しいわけじゃ無いのに
家族を大切にしてくれて、それで同じ時を一緒に穏やかに過ごせれば、、それだけで満足なのに

もちろん、、今は遠距離だからそれが叶わない事ぐらい良く分かる
なら、電話だけでも十分なのに
それすらもままならないんだろうか?
それならメールのやり取りぐらい出来ないのだろうか?
それとも、もうすぐ4年と言う約束の日が来ることを忘れているとか?

つくしは、携帯を弄り着信履歴を見る
そのほとんどが、『類』に占められている

これじゃあ、どっちが彼氏か分からないじゃない
ほんと、、電話の一つもないってどうよ!!

つくしは、携帯を放り投げ考えるのを止めた
とにかく明日は、類と一緒に過ごすんだから楽しもう
そう思いながら、明日着る服を選び始めた





類は、つくしとの電話を終えた後も、暫く携帯を眺めていた

未だ司からの連絡がないと言っていた
それを聞いた時、何をやってるんだ?と司を責める気持ちと、、、
良かった、、と安堵する気持ちの両方が生れた

だから迷うことなく、牧野を誘えた

ここ最近は、牧野家に伺う事も無くなっていた
クリスマスが最後に訪れた牧野家だ
インターンシップが始まっている事もあるが、親友と言う立場がそれを邪魔した

あまり関わってはいけない
親友と言えども彼氏ではないんだし

でも、牧野の家族は好きだ
俺を一人の男性として扱い、特別視することなく自然に接してくれた
そして温かかった
だから、ずるずると居ついてしまったが、それだと牧野から離れられなくなる
そう考え始め、だんだんと疎遠になっていった

だが、、牧野とホワイトデーを一緒に、、と考えた時、真っ先に牧野の家族の事も思い出された

クリスマスと年末年始は稼ぎ時といつも言っていたママさんは、年明けからも忙しく働いていると聞く
なんでも節分もバレンタインデーも雛祭りも稼ぎ時になるらしい
となると、その時は牧野が食事を担当しているはずだ

その牧野を連れ出す訳だから、それなら俺が料理を持って行って、少しでも体を休めてほしい
そうすれば、俺も気兼ねなく牧野と食事が出来る

これで、、牧野と過ごす最後の食事になるんだろうな
既に、俺達の関係はカウントダウンが始まっている

あいつが、NYへ連れて行くまでの日数は、後僅かだと分かっているから
だからそれまで、、俺も心残りなく過ごさないと
そして、きっぱりとこの気持ちを昇華しないと







3月14日

朝からつくしは、服を何度も着替えていた

「これおかしくない?」
「中身が変わらないんだから、どれでも一緒だよ」

あまりの言い方に、進に聞いたのが間違いだったと思うのだが、他に聞く人がいない
パパもママも既に仕事に行っており、家に居るのは進ただ一人だ

「相手は類さんなんだろ? だったら、どんな服を着ていても何も言わないんじゃない? だって、僕ん家のことを良く分かっているしさ」

確かに、、と、つくしも思う
ぼろぼろの半纏を羽織っている事も知っているし、この家でパパの半纏を着たこともある
あまりにも不釣り合いなその姿に驚いたものだ

「そんなに気になるんなら、道明寺さんから貰った服でも着れば?」
「そんな失礼な事、出来る訳ないでしょ!!」

確かに、あいつから貰った服なら、類の横に立ってもおかしくはないだろうが、それはあまりにも失礼な話だ

「何で失礼な訳? 姉ちゃんは道明寺さんと付き合ってるんだよね? それを類さんも知っているし、類さんは親友なんだろ? 彼氏に貰った服を着て親友と出かける事の、何が失礼な訳?」

進に指摘され、確かに、、と思う
でも、どうしてもあいつから貰った服を着ることが憚れる
それがブランド物で無かったとしてもだ

「でもね、、あいつからの服は、あたしには似合わないし、、」
「そう? でも、いずれはそういった物ばかり身に付けるんだろ? それに貰った物を使わないのは、尚更勿体ないと思うけど?」

最近、進は自分に対し良く口ごたえをするようになった
昔は従順な弟だったのに、、
それは単に、類の事が好きなんだろう
進だけではない
パパもママも、類の事がお気に入りだ
でも、あたしが付き合っているのは道明寺だ
その事が、不思議でならないらしい


すると、、玄関のインターホンが鳴った

「来たんじゃない?」
「だね。 は~い! すぐ行く~」

二人は揃って玄関口へ向かう
つくしは、そのまま出かける為、進は、類からの料理を貰う為だ

そしてつくしが玄関のドアを開けると、そこには信じられない人が立っていた

「どう、、みょうじ?」




にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 09:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 09:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 10:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 10:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-02-22 11:44

こんにちは

類君とつくしちゃんのホワイトデーデート
親友を貫き通す類君ですが、やはりつくしちゃんとのデートは格別ですよね
さり気無く誘い、牧野家の事もきちんと考え、、
完璧すぎます
でも彼氏では無いんですよねぇ
もどかしいですね

つくしちゃんも、自分の心に気付かない
どちらかが、一歩踏み出さないとずっとこのままですよね

さて、折角のデートが、、まさかの司君の登場です
これでどうなるのか?

そして、、プロローグは?
一体何があったのか?
お口チャックで、その時が来るのを待ちますね(笑)

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2018-02-22 11:48

こんにちは

そうなんです
恋人は司君なんだから、来てもおかしくは無い
でも突然って言うのはねぇ、、
今まで、ずっと肩すかしばかりだったのに、このタイミングは無いですよね
でも、そろそろ約束の4年だし、、

さてつくしちゃんはどうする?
そして類君は?

それになぜ、、プロローグのような事に?
明日も是非お楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: てる~様

りおりお  

2018-02-22 11:50

こんにちは

あははっ、、判ります!!
もう少しお待ちくださいね

そして、ここにきてまさかの司登場です
何か話がややこしくなってきている?

でも間違いなく類つくです
プロローグの悪夢が覚めるまでは、まだもう少しかかるかな?
それまでお待ちくださいね

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 11:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: おち~様

りおりお  

2018-02-22 11:55

こんにちは

話しは、だんだんと複雑に?
ここにきて司君の登場です
せめてもう一日遅ければ、、と思わずにいられません
折角類君とデートなのにね、、

空君のお話、、
あれ、つくしちゃんと空君が育った環境が良いですよね
都会では考えられないような近所づきあい、と言うか村ぐるみの付き合いがあります
それはやはり、田舎と過疎の村だからでしょうね

良い所なんですけど、遊ぶところがありません(笑)
だから、都会人はつまらないかも知れませんね
旅行に行くには良いけれど、そこに住むとなると、、です

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-02-22 11:56

こんにちは

そうなんです
つくしちゃんは、自分の心に気付いていません
でも、進は気づいています

類君も、親友を貫こうとしていて、つくしちゃんの心に気付いていない
だから、何時も一歩引いています
そんな中でのデートだったのに、、
まさかまさかの司君登場です

さてどうなるんでしょう?

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-22 12:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: キ〜様

りおりお  

2018-02-22 14:02

こんにちは

「げっ!」と言いたくなるお気持ち、お察しします
類くんとのラブラブデート?に、なるかも知れなかった
もしかしたら…そこでつくしちゃん自身の気持ちが分かったかもしれません
もしかしたら…類くんの方も、ツクシちゃんの気持ちが自分を向いている!と、思えるようなデキゴトがあったかも知れません
でも…司くんの登場です
野生の勘なのか?
単なる偶然なのか?
つくしちゃん…どうする?

げっ!と思いながら、明日もお楽しみ下さいね!

EDIT  REPLY    

Leave a reply