Welcome to my blog

また、明日ね

6 何故

8
「少し考えさせてほしい。 やはりNYとなると、母親の存在がキツイ」
「ババァなんか、関係ねぇだろ? お前は、俺と一緒に過ごしてぇと思わねぇのか?」

どうなんだろう?
そういう事は、漠然としか考えていなかった
いつかは、一緒に過ごせるのかな? 
いつかは、毎日会話できるようになるのかな?

いつかは、、
いつかは、、

でも、その時が来たら、何故か二の足を踏んでしまう
まだ日本なら気楽に考えられたかもしれないのに

「NYで、誰も知り合いがいなくて、あんたしかいなくて、、でもそのあんたが仕事でいない日もあって、、
そんな時、母親と二人っきりで針のむしろで、、って考えると、どうしても躊躇ってしまう」

つくしは、素直な気持ちを吐露する
だが、司としては面白くない

「ババァなんか放っておけば良いだろ? 確かに、俺は仕事で留守になる事もある。 
その間に、ババァと二人っきりになるのが嫌なら、部屋から出なければ良いだけだろ?
食事も部屋に運ばせれば良いし、日中は買い物にでも出かけ、気分転換すれば良いじゃねぇか?」

それで済むはずがない
でも、この人と一緒になるということは、この壁を乗り越えなければならない
その時、、あたしは母親に1人で立ち向かう事になる
それが今のあたしには考えられない
まだまだ力不足だ

「ごめん。 今のあたしには無理。 もっと力をつけて、それこそ母親に立ち向かえるほどの何かを身に付けたい」
「その何かって、何なんだよ。 マナーにしたって、教養にしたって、あいつらに教え込まれてんだろう?」

確かにそうだ
美作さんからは、マナーとダンスなどを、西門さんからは茶道と共に立ち居振る舞いを教わっている
そして類からは、、語学と、それらでの疲弊した心を癒してもらっている

これ以上の何を学べば、あの母親に立ち向かえるのだろう?

「つまりは、大学卒業っつう箔か? このままだと、中途半端だからなぁ」

そうかもしれない
このままだと中途半端で、母親の格好の餌食だろう
だが、英徳大学卒業となると、それが無くなる?

でも本当にそれだけだろうか?

「大学卒業すれば、きちんと働く事も出来るし、少しは厄介者扱いされなくなるかもしれない。 
今のままだと、確実にあんたの庇護の下での生活になるし、あんたの母親も面白くないはずだから、、
とにかく、もう少し待ってほしい」

何故ここまでペラペラと尤もらしい事が言えるんだろう?
それだけこいつの母親が恐いと言うのもあるけど、、
行きたくないと言う気持ちがどうしても先立つ

「仕方ねぇなぁ。 でも、、今夜は、俺ん家に泊まれよ!」
「えっ?」

そこには、少し照れたような顔の司が、熱い眼差しで見つめている
そして、つくしの手を取る

「なあ、、俺達、、しっかり関係を持とうぜ? これだけ待ったんだし、今更清い関係っつう年齢でもねぇだろ?」

途端、つくしの心臓がバクバクし始める

関係を持つ?
それって、、、

つくしは、どう答えて良いか分からない
ただ、、握られた手がかなり熱く、その手に違和感を持つのが精一杯だった

繋がれた手が熱い
元々、熱い男だった
そして、その手を掴んだのはあたしだ

でも、、今はこの熱さが恐い
熱いまなざしが、ギラギラしているように見え、、更に恐怖を増す

どう答えて良いか言い淀むつくしに、司はサラッと告げる

「お前が自信をつけ、ババァと向き合うまで、後一年待って欲しいと言うなら、そうしてやっても良い。
四年も待ったんだ、それが後一年延びるだけだしよ。
だがな、、お前との関係は、前進させてぇ。 お前の温もりを胸に抱いて、後一年の遠距離を乗り越えてぇんだ。 
それに、明日の早朝には、またNYに帰らねぇとならねぇ。 だから、今しかねぇんだ。 良いよな?」

熱い視線に、熱い言葉、、
理解はできるが、どうしても体が拒否を示す

なんで?
恋人だよ?
あたしももう20歳を超えてるんだよ?

そりゃ、初めてだから不安なのも判るけど、、
でも、好きな人とそういう事をするのは普通だし、あたし自身結婚するまでとは思っていない

でも、、



そんな静まり返った二人の耳に、つくしの携帯音が聞こえてくる

♪~~♪♪~~

「あっ、、ごめん」
「携帯なんか、放っとけよ」

「でも、、他のお客さんの迷惑になるし、、」
「チッ、、」

司は、握っていたつくしの手を離す
それを見て、つくしはガサゴソとカバンを開け、携帯を取り出した

「あれ? 美作さんだ、、」
「あきら?」

「ちょっと出るね、、、、、はいっ」

つくしは、司の了解を聞かずに、電話に出た
でないと、再び身体の関係を、、と言う話に戻ってしまう
何の連絡か分からないが、今はあきらからの電話が凄くありがたかった

『牧野か? 良いか、、良く聞けよ! 類が、事故にあった』
「えっ?」

つくしは、これでもか!と言う程、目を見開き驚く
そして手を滑らせ、携帯を落とした
それを司がサッと拾い、電話に出た

「おい! あきら!! お前なぁ、、今日はホワイトデーだぞ!! 何、邪魔してんだよ!!」
『えっ? 司? お前、なんで日本に?』

「なんでって、、そりゃ、、恋人と甘いひと時をだな、、、じゃ切るぞ」
『ちょっ、ちょっと待て! 丁度良かった。 実はな、類が事故に遭ったんだ』
「はっ?」

その言葉に、司も驚き言葉が止まる

『俺達は今から、類の家に行ってくるから、、お前は、、』
「ちょっ、、ちょっと待て! って事は、類の奴、今家に居るんだな?」

家に居るということは、大した怪我ではないと判る

『あぁ、、そうみてぇだ。 じゃ、俺と総二郎は、類の家に行ってみるけど、お前はどうする?』

司は、つくしを窺い見る
そのつくしは、今も放心状態だ

これでは、今夜のお楽しみも、今後の事も話を詰めることが出来ない
だったら、家に居ると言う類の姿を見せ、安心させた方が手っ取り早いと判断する

「俺達も、類ん家に行くわ」
『了解。 じゃあな』

携帯の電源を切ると、それをそっと机の上に置き、つくしの両腕を取る

「おい! しっかりしろ! 事故っつっても、既に自宅に帰っているらしいぜ?」
「あたしの所為だ、、あたしが、、」

つくしは、目に涙を溜め、うわ言の様に呟いている
その言葉を、訝しがりながらも、つくしの身体を揺さぶりながら、言い聞かせる

「おい! しっかりしろ! 大丈夫だ! 命に別状はねぇよ! とにかく、俺達も今から類の家に行こうぜ!!」
「うん、、」

そう呟くものの、魂が抜けたようなおぼつかない足取りだ
司は、そんなつくしをしっかりと支え、レストランを後にし、すぐさま花沢邸へ向かった





にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-26 09:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-26 09:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-26 09:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ノエ様

りおりお  

2018-02-26 10:00

こんにちは

司君は、つくしちゃんを求めていますね
もちろん、4年も頑張って来たんですし、それさえ乗り越えれば楓さんも文句は言わないだろうと踏んでいます
確かに、司君には何も言わないかも知れない
でも、代わりにつくしちゃんにネチネチと嫌味を言うかもしれない
その状況に、つくしちゃんは初めて不安を感じています

そんな司君の怒涛の言葉の最中に、あきら君からの連絡が!!
類君が事故!!!

さて、ふたりはどうする?
つくしちゃん、流されないで~~

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: ゆきり~様

りおりお  

2018-02-26 10:07

こんにちは

花粉の時期ですねぇ
昨日クシャミを良くしたんですけど、それって花粉だったのかな?
と、今気付きました(笑)

さてお話、、
司君の言葉に、つくしちゃんは戸惑うばかり
しかも、身体の関係を迫られて、恐怖しかありません

それって、司君の事が好きとはとても思えないですよね?
それに早く気付いて~~~

そんな中、類君が事故に遭ったと報告が
どうなるんでしょう?

明日もお楽しみに

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: おち~様

りおりお  

2018-02-26 10:11

こんにちは

季節の変わり目は、体調を崩しやすい物ですよね
私も気を付けますね
特に今は、花粉が飛び交っていてクシャミがでやすいですし、、
まだ花粉症では無いのですが、突然花粉症になると言うし、、マスクは必須ですね

さてお話、、
司君は、つくしちゃん一筋で頑張って来た
それがもう限界のようで、、気持ちが焦っています
それは良く判るのですが、つくしちゃんはここにきて二の足を踏んでいます
そんな中、類君が事故に遭ったと報告が、、どうなる?

そしておち~様の発想には笑ってしまいました
おぉ、、そんな発想も出来るのか!と、新鮮でした

明日には、、ヒントが出るかな?
お楽しみに

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-02-26 11:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re: り~様

りおりお  

2018-02-26 11:44

こんにちは

つくしちゃん、、自分の戸惑いに気付きましたね
彼氏である司君が来てくれたのに、全然嬉しくない
不安ばかりが募っている
これでNYへ行っていいの?

今まで流されてきたけれど、ここできちんと気持ちを見直そう?

そして、S嬢は登場します
どう言う登場の仕方になるのか、そして彼女がどうするのか?
是非ご期待ください

EDIT  REPLY    

Leave a reply

7 疑惑
5 恋人