FC2ブログ

Welcome to my blog

また、明日ね<完>

12 思惑

12
「こんにちは、、」

「「「「 静!! 」」」」「静さん」

――しまった!!
     思わず声が出てしまった

なぜなら、、モデルとして活躍していた頃、静の大ファンだった
それが惜しまれつつも芸能界を引退した時には、かなりショックを受けた
その彼女が、、今目の前にいる
しかも、、雲の上のような人が、こうして話をする事まで出来る

「お前、、静の事は覚えていたんだな」
「あっ、、あぁ、、」

バレたか?
だが、この場を何とかしないと、、

「静の顔は覚えてる。 なんでだろ?」
「そりゃ、、お前の思いの深さ?かも知れねぇし、、」

なるほど、、
花沢類は、静の事が好きだった訳だ
だから、咄嗟に名前を口に出しても、誰もおかしいと思わないのか

――助かった

「佳代さんが、類が記憶喪失だって言ってらしたんだけど、本当なの? 
まあ、顔も腫れちゃって、、大丈夫?」

静は、サッと類の目の前にまで歩み出て、その頬に手を添える
「大丈夫? かなり痛そうだけど、、でも、脳波も異常がないと言っていたし、記憶もすぐに戻ると思うわ」

その行動に、良はドキドキが止まらない
憧れていた女性だ
その女性が目の前にいて、自分の頬に触れている
そして、吐息が顔にかかっている

「おい! 静! お前、なんでここに?」
「親友の結婚式で帰国していたのよ。 そうしたら、類が事故に遭ったって連絡を貰ってね」

つまりは、、花沢類と言う男と静は、かなり仲が良いという事か?

「結婚式も兼ねての親孝行って所かしら? 
ずっとあちらに行きっぱなしで、両親もかなり寂しがっていたし、私にもそろそろって煩いのよ」

静の言葉に、皆は納得した表情を見せる
って事は、静も結婚の相手がいるって事か?

「静は、結婚の予定はない訳?」

それは、ファン心理が素直に表に出た形だ

「ふふっ、、無いわ。 まだ駆け出しだし、凄く忙しくて、そんな暇はない物」

静の言葉に、類はあからさまにホッとした表情を見せる
だが、その静の瞳に妖しい光と言うか、誘っているような視線を感じる

「くすっ、、じゃあ今日は、時間の許す限り、類と一緒に過ごそうかしら?」

その言葉に、自然に表情が緩む
憧れの人と一緒に食事が出来る
しかも、、その女とやれるかもしれない




皆が帰り、二人っきりになると、、
早速静が誘い文句を告げた

「あの子達も、変に気を遣ってくれたのね。 
でも久しぶりの再会だし、記憶が無い中、一人で過ごすなんて不安ですものね。」

その言葉は、やんわりと誘っているように感じる
一人で過ごすのは不安だから、私が一緒に過ごすわ、、と

「という事は、今日はこのまま泊まってくれる?」

良は、あからさまな言葉で誘う
静は目を丸くするが、すぐに妖しい笑みで答える

「あらっ、何時からそう言う事を言うようになったの? それ、どういう意味か分かってる? 
昔ならいざ知らず、もう立派な男女なのよ?」

良としては、こういう男女の駆け引きはお手の物だ
それに、憧れの女性とやれるのなら、最大限にその武器を活かしたい

この時の良の頭の中には、現金やキャッシュカードの事など既にない
あるのは、、憧れの女性とのアバンチュールだ

「誘ったのは静の方だろ? さっき、時間の許す限り一緒に過ごすってさ。 
それって、この後の予定はないって事だろ?」
「でも、、類は怪我人だし、、」

「確かに頭は怪我をしているけど、他はいたって健康だけど? 
それに、、記憶にないけど、俺達初めてじゃないだろ?」

良は、静を見詰めニヤリとした笑みを漏らす

それは、良が感じた事だ
静は、確実にこの男と男女の関係があった事は確かだ
それは、牧野と言う女に見せた勝ち誇った顔がその証拠だ
女の嫉妬と言うか優越感と言う物は、自然に表情に現れるものだ

俺なら迷うことなく、、この静の方を選ぶけど、ほんと判らないものだ
なんで牧野と言う女に、あれほど尽くするのだろう

親友の恋人なら、放っとけば良い物を、暇があればバイト先まで迎えに行き送り届ける
しかも、手を繋ぐでもなく、肩を抱くでもなく、、親友と言う立場をきちんとわきまえての
接し方だ
妹と言う感じの気持ちだとしても、あまりにも過保護すぎる

こいつの気持ちがイマイチわからないが、、こんなチャンスは二度とない
やれるものならやってみたい
テレビやポスターだけの存在だった静と言う女が、どんな裸体でどんな嬌声をあげるのかを


「ふふっ、、それは、どうかしら?」

良の考えなど全く知らない静は、魅惑的な笑みで返す
そこには、再び類とのアバンチュールを楽しみたいと言う気持ちだ

あの頃、確かに愛し合ったはずなのに、なぜか突然日本に帰った類
その後を追うように、時間を見つけてカナダまで追いかけたのに、あっさりと別れ話をされた
その理由が、牧野さんだった
司の彼女の牧野さんに、何故かずっと固執し続ける類の気持ちが分からない

それに、記憶喪失にならなければ、こういうチャンスは無かったかもしれない
だったらそのチャンスを最大限に活かしたい

「なら、確かめてみたいな。 もしかしたら、それで俺の記憶が戻るかもしれないし」
「まあ、それも悪くないわね。 でもその前に、こちらに泊まる事を連絡するわね」
「じゃ俺も、家の者に言ってくる」

類の耳には、静が家の者に電話を掛ける声が聞こえる
その声に思わずニンマリと笑みを浮かべながら、ドアを開け使用人に静が泊まる旨を告げ


静の耳には、類が使用人に自分が泊まる事を告げている
その声に、自然に笑みが漏れた





にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 09:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 09:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 09:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 12:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ノエ様

りおりお  

2018-03-04 12:55

こんにちは

私の中の静像は、こんな感じです
自分の隣に連れだって歩く時、見栄えの良さ、バックグラウンドの良さ、そして自分に従順ある事!
もちろん…そっち方面では自分を喜ばせてくれる事!
それらの条件に合うのが類君でした
でも…類くんは気がついたからこそ、静さんの元を離れました

さて…上っ面でしか類くんを見ていない静かさん
その人は偽物なのに…やっちゃうの?
やっちゃうよねぇ(笑)

つくしちゃん!早く自分の気持ちに気がついて!

EDIT  REPLY    
Re: ゆきり〜様

りおりお  

2018-03-04 12:59

こんにちは

そのとおりです
今、類君の家にいるのは偽物です
でも…るいくんに瓜ふたつの人が、類くんになり切ってアレコレするのは…
(;>_<;)

静さんは、類君の上辺しか見ていなかったから、全然気が付かないし…
それ以上に自分を求めてくれる事に、気分上々のようですね

つくしちゃ〜ん…
流される事なく、類くんを見つけね

EDIT  REPLY    
Re: おち〜様

りおりお  

2018-03-04 13:03

こんにちは

ニセモノは、モデルをしていた頃の静さんの大ファン❤
そんな人が目の前にいて話しかけてくれる
しかも…やれそうな雰囲気…
これを逃す手は無いですよね?
もちろん…やりまくりませんか?
私の目の前に、旬くんが現れたら…そりゃぁ(๑✪∀✪ノノ゙✧

そんな事とは知らない静さんは、勝ち誇った感じですね
自分のほうがつくしちゃんより勝っている!と思っていることでしょう

いちご狩り🍓
美味しそう(๑❛ڡ❛๑)
今、いちごが高くて…それに、甘いのかどうか分からない
なので、まだ食べていません(笑)
食べた〜い

EDIT  REPLY    
Re: リ〜様

りおりお  

2018-03-04 13:06

こんにちは

静は、類君の上辺しか見ていないので、全然気が付きません
それよりも、記憶喪失の今、しっかりと自分のものにしたいのでは無いかな?

ニセモノも憧れの静とやれる!という雰囲気に、このチャンスを逃したくない気持ちのようです
予定が大幅に狂い始めました

偽物と感じているのはつくしちゃんだけ!
頑張れ!つくしちゃん!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 13:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: り〜様

りおりお  

2018-03-04 14:40

こんにちは

ヤフー作品も、順にFCに持ってきています
長編は、少し手直しもしたいのでなかなか
進みません
私も昔の作品を読み返しながら…こんな事もあったなぁと懐かしく感じています

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-04 18:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ロン〜様

りおりお  

2018-03-04 18:56

こんばんは〜

新たな推理ですね
プロローグは、あまりにも衝撃過ぎて、皆がいろいろな推理をされ、すごく面白いです
でも…やはり類君本人とやる事だけは許されない!ですよねぇ

つくしちゃん…あなただけが頼りです!
自分の気持ちに早く気づいて!
そして…類くんを助けて欲しいですね

EDIT  REPLY    

Leave a reply