Welcome to my blog

また、明日ね

17 逃走

8
類は、意識が覚醒してから、これからのことを色々と考えていた
手足は縛られているものの、それ以上の暴力は受けていない
ただ、目元と口元をガムテープのような物で塞がれているため、その辺が痛痒い

それに身に付けている服が居心地悪い
もっとゆったりとした服を着ていたはずだ
という事は、着替えさせられている?
なんでだ?

俺を捕えた時、キャッシュカードの暗証番号を聞かれた
だが、そもそも俺はキャッシュカードを持ち歩いていない
財布の中にはクレジットカードが数枚と、現金がほんの少しだ
それでは足りないと判断し、家に身代金でも要求するのが普通だ
着替えさせる必要など何もないはずだが?

金品目的のはずだから、身代金を要求しているとしよう
じゃあ、、その支払いが終わったら、無事解放されるのだろうか?
普通なら、、殺すよな、、

やくざ系なら、拳銃を持っているかもしれないが、それほどの恐怖感を感じないという事は、チンピラあたりだろうか?
じゃあ、ナイフあたりを所持していると考えるのが無難か?

ナイフなら、、逃げられるよな、、

しかし、、どうやって受け渡しをする?
銀行振り込みか?
警察に連絡するなと脅しをかけても、今はSNSなどなんとでも連絡方法はある
スイス銀行に口座を持っているような奴らには見えないし、その辺の銀行に振り込みをすれば、すぐに捕まるはず

じゃあ、直接手渡しか?
それこそ、今時だよな?

とにかく今分かる事は、、犯人は若い男性っぽい事だ
ぼそぼそと話す会話から、少なくともここに二人はいる
そしてどうやら、仲間からの連絡を待っているようだ
となると、犯行グループは更に人数が増える

俺の家に身代金の要求をしたと仮定し、、そろそろ犯人確保に動いているだろうか?
こいつらは下っ端として、主犯格さえ捕まえれば、こいつらが捕まるのも時間の問題だろうけど
まあ何かミスをし、こいつらが逆上し、俺を殺さなければ、、の話しだけど、、

金の受け渡しが無事行われたとして、、俺が助かる可能性は?
普通、、殺すよな?
俺を帰したら、それこそ自分たちの身に危険が及ぶだろうし

なら、、逃げた方がマシか?
こいつら二人なら、、逃げられそうだよな?

車内という事は、どこかの駐車場? 空き地? 
それすらも判らない、、ならば、ジッとしているのもそろそろ限界だし
それに、トイレにも行きたくなってきた


類は、もぞもぞと手足を動かし、まずは起きた事を伝える
口をガムテープで括られているため、そうする他に伝える術がない

閉ざされた口から言葉にならない声を上げる

「う~~~うう~~~」

その類の動きに、犯人の一人が告げる

「何だ? 起きたのか? 何か言いたいのか? 叫ぶなよ。 叫んだら殺すぞ!」

そう言った後、口元のガムテープをベリッと剥がした

「痛っ、、、」
「何だ?」

「トイレ、、トイレに行きたいんだけど」

すると、類の耳には、ボソボソとした声が聞こえる

「どうする?」
「確かに、あれから6時間以上だよな」
「足のロープを外すか?」

それらの話が終わった後、足首のロープは外された
それだけで、開放感があり、自然に足首をぐるぐると回す

「おとなしくしていれば、手荒な真似はしない。 良いな」
「あぁ、、」

そう言いながら、服を引っ張られた
どうやら目元を塞いでいるテープのような物と、後ろ手に縛られたロープは、外すつもりが無いらしい
その為、車内のシートなどに体をぶつける
形状からして、三列シートのワゴン車のようだ
なら、頭を低くしないと、降りるときに頭をぶつけるよな、、

「そこ、段差になっているぞ」

その言葉に、頭を低くする
こういう車は、ステップ部分が一段低くなっているのが主流だ
その点も慎重に転ばないよう足を動かし、ゆっくりと地面に着地する

ザクッ

降り立ったところは、砂利道のようだ
そして、、静まり返っている

どこだ?
何一つ音が聞こえない
という事は、山間部か?

それに、、寒い
車内とは比べ物にならないくらいの寒さが、肌を突き刺す

「こっちへこい」

尚も、服を引っ張られ、数歩歩かされる

さて、、どうしようか?
このまま捕まっていた方が安全だろうか?
危害は加えないと言っていたし、確かに今はそれを感じる

けど、、、このままのほほんと捕まっているのもなぁ、、
なぜなら、SPを排除したのは俺自身だ

もう良い年した大人だ
自分の身は自分で守れる
自分の行動を見張られるのはプライバシーの侵害だ

そう無理を言って、SPを断っていた

俺の一方的な思いだ
相手は司の彼女だ
そんな女と、無謀な時間を過ごしている
それを見られたくなかっただけだ

だから、社会人になるまでは、、と区切りをつけた
それがこの結果だ
きっと今頃、呆れ返っているだろう

ならば、、このまま悠長に捕まっている訳にはいかないよな?

ーーよしっ! 一か八か! 逃げる!


「ここでしろ」
「ここで? 誰も見ていない?」

「あぁ、、」
「あんたが見ているだろ? それに、手が後ろに縛られているから出来ないんだけど?
まさか、、あんたが俺の物を出してくれる訳? 俺、そんな趣味はないから」

「チッ」

あからさまな舌打ちが聞こえた
そして、、

「用が済むまでだぞ」

そう告げた後、後ろ手の拘束を解いていく
自由になった両手を、グーパーグーパーと数回握りしめた後、、、

「ありがと」

と一応の礼を言う
そして、目元のガムテープをベリッと剥がした

「おまっ、、何を!!」

犯人の声と共に、視界には暗闇が広がる
ここまでの行動をしたのなら、無事では済まされないだろう

「何って、、逃げるに決まってるだろ!!」

ずっと視界を閉ざされていた為、暗闇に目が慣れている
その事が功を奏した
両側には木々が見えるが、その中央に砂利道が見える
そこを、男たちに背を向けダッシュで走りはじめた

ただ、、街灯すらないこの山間部の、どこをどう逃げれば良いのか判断に迷う
すると、その行く手を照らすように車のライトが点いた
もう一人の犯人が、俺を追うためにライトを点灯させたようだ

ラッキーと言う感情と、やばいくらい何もない山であることが瞬時に判り、このままでは逃げ切れないと判断する
なぜなら、エンジンの音がすぐそこに迫っているのが分かるから

どうする
どうする
どうする

どうなるか分からないが、このままでは捕まってしまう
そうなると、無事では済まされないだろう
ならば、、

俺は迷わず、横に逸れる
木々の生い茂る山の中に、、

道が無ければ車は入ってこれない
ただ、、真っ暗闇でそこがどうなっているのかすらわからない、一か八かの判断だ

木々が生い茂り、枯れ草やツタのような物に足を取られ、しかも緩やかな下り坂でとにかく走りにく
だが、進むしかない

数十メートルまでは、なんとか進んだが、、
次の一歩を踏み出したとき、自分の判断が謝っていた事を知った

そこにはあるはずの地面が無い

やばっ
崖か?

と思う間にも、俺の身体はまっすぐ下に落ちる
崖はほんの数メートルだったが、そこからさらに転がり落ち、木の幹に体をぶつけて何とか止まった

シーンと静まり返った場所
明かりも何も見えない
起き上がろうにも、ぶつけた身体が痛く、足も思うように動かせない
捻挫でもしたのだろうか?

類は、動くことを諦め上を向く
すると、木々の隙間から星空が見える
それがまるで、、あの日見たクリスマスイルミネーションの様にキラキラと光り輝いて見える


『絶対に忘れない』と言っていたけど、俺も忘れていない

今頃、あんたは司と楽しいホワイトデーを送ってるんだろうな
あんたの笑顔が見れないのは残念だけど、、
きっと、笑っているんだろう、、

類は、ゆっくり眼を閉じる
すると、つくしの笑顔と共に、最後に電話で交わした声が聞こえてくる

『また、明日ね』


あんたに、、会いたいな、、




にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

There are no comments yet.
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-09 09:17

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-09 09:39

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ノエ様

りおりお  

2018-03-09 09:49

こんにちは

類くんの判断は、正しかったのか?
こう言う場合の想定としては、身代金要求が妥当ですよね?
たぶん、そのように教えられているはず
そして、身代金をを要求した時点で、花沢が動き始めている…と考えるはず
まさか、成りすまして偽物が言えにいるなんて思ってもいない

そんな中、犯人達はどうも素人丸出しのチャチっぽい人間
なら…逃げられる?と思っても不思議ではありません
それが仇となりました

類くんどうなる?

EDIT  REPLY    
Re: ゆきり〜様

りおりお  

2018-03-09 09:51

こんにちは

類くんの決死の脱走
ただ…場書がどこかの山奥で、光がまるでない!
助けを呼ぼうにも何も無い!
そんな中、崖からの転落

あぁ…どうなる?
夜は流石に寒いし…
つくしちゃん〜…早く見つけて〜
ですね

類君…もう少し頑張れ!
つくしちゃんは、自分の気持ちに気づいたよ!

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-09 10:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: おち〜様

りおりお  

2018-03-09 10:33

こんにちは

類君…いろいろ考えた末に逃げました
ここまでは良かったのですが、まさか街灯も何も無い山奥にいたなんて!
真っ暗闇の中での逃走は無理ですよね
崖からの落ちた類くんは、なにもかも諦めているみたいです

でも…つくしちゃんが、自分の気持ちに気付いたんだよ!
つくしちゃんだけが、類くんは偽物だ!と感じているんだよ!

だから、頑張って〜

ドキドキハラハラしながら、明日もお楽しみに〜

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2018-03-09 17:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
りおりお
Re:り~様

りおりお  

2018-03-09 18:45

こんばんは

今回は、特にそのような指摘が無かったので、やはり携帯の不具合かな?と思うのですが、、
私も、携帯の不具合が多くて(良く止まるし、エラーが出るんですよ)
買い替えたいな、、と思っているのですが、どれが良いのか全然分らないし、本体代が高い!!

さてお話
類君は、自ら脱出しました
ですが、山奥で明かりが無い
追手が迫ってくる中で、道を反れて山の中には行ったのですが、崖から落ちてしまいました
夜は寒いですよね
どうなるんでしょうか?

EDIT  REPLY    

Leave a reply

18 剣幕
16 推理