FC2ブログ

Welcome to my blog

夢幻<完>

12【涙編】

0 0

すみません
 胸に詰まるシーンです。大丈夫と言う方のみご覧ください
 12時より愛情編を公開しますので、そちらをご覧ください







類「牧野!!!」

類は、ベッドから飛び起きる
おかしいくらい、体は汗ばみ、ドキドキと鼓動が早い

サッと目覚ましを見ると、まだ5時前だ
それでもジッとしていられず、すぐさま着替え病院へ急いだ

何事も無ければそれで良い
単に身体が辛いから、俺に癒しを求めに来ただけだ
きっとそうだ、、
と、自分に言い聞かせる

病院に到着すると、裏口の緊急出入り口から中に入る

薄暗い廊下、、
シーンとした外来フロアを通り抜け、エレベーターに乗り込む

そして牧野のいるフロアに到着した
すると、、看護師が、慌ただしく動いている
そして俺を見ると、無言でただお辞儀をする



―どくん、、
  どくん、どくん、、


なんで、、誰も何も言わない?
こんな時間、、
面会時間には程遠いだろ?



―どくん、、
  どくん、どくん、、


先程までは足早に動いていた身体が、鉛のように重く動かない
ただ、おかしい位、自分の鼓動だけが耳につく



―どくん、、
  どくん、どくん、、


ゆっくり、、
ゆっくり足を動かし、牧野の病室へ向かう

すると、、
その前に、項垂れた牧野の父親がソファーに座っていた



―どくん、、
  どくん、どくん、、


最近は、夜勤が多いと言っていた父親
何で今、、こんな時間にここにいる?


―どくん、、
  どくん、どくん、、



きっと、、夜勤開けで、そのままここに来たんだよな?
それに、、眠いからそこでうたた寝しているんだよな?
絶対に、、、そうだよな?


―どくん、、
  どくん、どくん、、


父親が顔をあげる、、
その顔は、悲愴に暮れている、、
そして、、俺の顔を見ると、ゆっくりと立ち上がった



―どくん、、
  どくん、どくん、、


晴「花沢さんには、ほんとにお世話になりました。
  どうぞ、娘に会ってやってください」

そう告げると、病室のドアを開ける

ちょっと待て!
普通怒らない?
こんな時間に、、ここに来る事事態、かなり失礼だろ?



―どくん、、
  どくん、どくん、、


何時もなら、白衣やキャップ、マスクを付けて、厳重に手を洗ってからでないと入れない場所、、
そこに、父親はスッと入ると、さらにその先のドアを開けた



―どくん、、
  どくん、どくん、、


待って?
俺、、まだ、消毒していない、、
ここに入るには、、少しの菌もだめで、、



―どくん、、
  どくん、どくん、、


震える足で、一歩また一歩と歩いていくと、、
大きなガラス窓に牧野の姿が見える
そこには、縋りつく様にむせび泣く母親と弟の姿

一定のリズムを刻んでいた機械も、点滴の管も外され、看護師が片付けている



―どくん、、
  どくん、どくん、、



晴「こちらから、入れますので、、」

更にその奥のドアを開け、その奥のドアも開ける
そして、先導するように、俺を牧野の元へ誘う

ちょっと待って、、
ここ、、無菌室だろ?

何で、、簡単に中に入れる訳?



―どくん、、
  どくん、どくん、、


晴「つくし? 花沢さんが来てくれたよ?」
その声は優しく、語りかけるような声色だ

その言葉に、母親と弟が場所を空けてくれる


ちょっと待って?
どう言う事?
何があった?



―どくん、、
  どくん、どくん、、


震える足で、牧野の枕元へ近付く
夢よりもかなりやつれた青白い顔
でも、いまにも笑い声が聞こえるような、、そんな穏やかな表情

その頬に、そっと触れる


温かい、、

類「牧野? もう、、治った?」


――おかしい位声が震える


類「ここ、、無菌室だろ? 俺、そのままで入ったんだけど大丈夫?」


――鼻の奥がツンとする


類「だっ、、大丈夫かな? 俺、あんたに触れたけど、菌とか大丈夫?
  おっ、、おかしい、、ぐらい、、手が震えるしさ、、」


――どんなに語りかけても、返事をするどころか目すら開けてくれない


類「ねぇ、、行きたい所、食べたい物が沢山あるって言っただろ?
  俺と一緒に、それらを叶えるって言っただろ」

カクンッと、両ひざが崩れ落ち跪く
そして、牧野の胸に顔を埋める

すると、ポロンと布団から牧野の手がこぼれ落ちた
その小さな手に、指を絡めて握る

類「分かってる、、あんたは頑張った。 よく頑張った。
  ほらっ、、分かる? 恋人つなぎ、、」

目に涙が溜まり、目尻からツッーとその涙が零れ落ち、牧野の頬にポタッと落ちる
それを、指で拭い、両手で頬を挟む

そして、、
小さく可愛い唇に、そっと口づけた

そこは少しかさついている物の、柔らかく、そして温かだった


類「っ、、、牧野、、あんた、ズルいよ。 
  不意打ちのキスで別れを告げるなんてさ、、
  ずるいよ、、、まきの、、、」

類の涙が、つくしの固く閉じた目頭に落ちる
それがツーと目尻に流れ、こめかみに流れ落ちる

それはまるで、、
つくしも泣いているように見える


一緒に行きたかった
  一緒に美味しい物を食べたかった
     恋を楽しみたかった

      ごめんね、、



プツンと、類の心根を崩壊させるには十分だった


類「ま、、きの、、まきの、、牧野、、」

類は、つくしを抱きしめるように覆い被さり泣き崩れる
その類の行動、言葉に、牧野家の三人も涙が止まらなかった



無菌室の外には、昨日つくしに向け書いた、励ましの言葉を綴ったスケッチブックが、ポツンと置かれていた

『頑張れ!!』

看護師が、機械を撤収する為、その横を通り過ぎる

風でページが捲られ、、
そこには、真っ白なページが現れた






関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply